趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

学生服の詰襟のカラー

子供の学生服を見ていて、今更気づいたのですが、今は詰襟のカラーが一体化されているんですね。
f:id:pgary:20171224114015j:plain
私が中高生の頃に着ていたものでは、首回りにプラスチックのピンが出ていて、そこにプラスチック製のカラーをパチパチ嵌め込むようになっていました。
プラスチックが皮膚に直接当たるので、夏は汗でベタベタし、冬は冷たいという、あまりありがたいものではありませんでした。またカラーは良く割れて、割れ目が皮膚に当たると痛いので、交換の必要がありました。首を後ろから掴んでカラーを割るという悪戯みたいなことが流行ったこともありました。
今のはカラーが中に縫い込まれていて、素材も柔らかくなっていて痛くなさそうです。

WAGNER 2017万年筆 MUSICが届きました。

プラチナでこのペン先は持っていなかったので、WAGNER 2017はMUSICにしました。
f:id:pgary:20171224101759j:plain
Translucent blackにmatt finishされた軸 (黒スケルトサンドブラスト仕上げ) は落ち着いた感じで普段使いにすごく良いです。
f:id:pgary:20171224101819j:plain
ペン先の刻印はWAGNER 2017 14K MUSICだけと非常にシンプル。書き味はスルスルとまったく引っ掛かり無く書くことができます。ちょうど今発売されている趣味の文具箱 vol.44では、「ミュージックペン先 礼賛!」という記事で古山浩一さんがプラチナ センチュリーのMUSICペン先を大絶賛されています。
f:id:pgary:20171224103510j:plain
ピンクゴールド鍍金された特製のコンバーターと、プラチナの万年筆でヨーロッパタイプのカートリッジを使えるようになるアダプター100も付いていましたので、ボトルインクや他社のカートリッジなど色々なインクを楽しむことができます。しかし今回はあえて基本のプラチナ染料ブラックカートリッジを入れてみました。
プラチナと言えば、古典ブルーブラック、クラシックインク、カーボンブラックなど特殊なインクが多いイメージですが、染料ブラックも箱に「特殊樹脂配合により耐水性、耐光性、長期保存性を増しました。」とあります。ハッキリクッキリしたカーボンブラックに比べると、ふわっとした優しい感じのする黒です。
pgary.hatenablog.com

本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員Iと「ふぁんぶっく2」

特典小冊子のSSも読みたいし、同時発売のふぁんぶっく2も読みたいので、TOブックスのオンラインストアで注文して、発売日には届きました。
TOブックス
f:id:pgary:20171221205848j:plain
読んでいたら、奥さんから何度も「嬉しそうだね〜」と言われたので、よっぽどニヨニヨしながら読んでいたらしい。

今のところTOブックスのオンラインストア限定の「本好きの下剋上ふぁんぶっく2」 https://tobooks.shop-pro.jp/?pid=121703210には、単行本未収録SS集(初出から一年以上経過したSSのみ)と書き下ろしSSも載っているのでマストバイ。
ふぁんぶっく1はAmazonにもあるので、そのうち2も解禁されるのかな?
本好きの下剋上ふぁんぶっく

本好きの下剋上ふぁんぶっく

一部書店等限定の小冊子システムが最近のラノベでは増えてますが、手に入れられないとすごく残念だし、ピラピラの小冊子は無くしそうなので、時間が経ったものをまとめて本にしてくれる「ふぁんぶっく」という形態はとても良いと思います。
f:id:pgary:20171222082032j:plain
新聞に広告が載っていました。

趣味の文具箱 Vol.44を取り急ぎdマガジンでチェックしました。

勿論紙でも買いますが、休みを挟んで週明けになってしまうので、取り急ぎdマガジンで内容をチェック。今回は、「インク沼へ、ようこそ!」という特集で、いつにも増して危険な誌面になっています。
「古典インク32色の色変化チェック」や「ペーパークロマトグラフィーで万年筆インク144色の色素を知る」などの実験企画は本当にお疲れ様という他ないです。頼まれてもたぶん断わります^^;
特にペーパークロマトの結果は長く楽しめそうです。ちょっと見ただけでも、ウォーターマン ミステリアスブルー (旧ブルーブラック)とパーカー ブルーブラックは染料だけど、筆記後、青から緑に変化しますが、ペーパークロマトの結果を見ると、ほぼ同じ組成だなとか、パイロットの色彩雫の孔雀、松露、新緑あたりは同じ成分の組成が違うだけなのかなとか色々と推測できます。
また、自分でインクを調合するときも、このペーパークロマトの画像はすごく参考になるでしょう。
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
「古典インク32色の色変化チェック」の記事中の古典インクの説明は、

青い染料にタンニン酸あるいは没食子酸と鉄イオンが含まれており、筆記すると紙面でインクの酸化が進み、色が青から黒にゆっくり変化し紙面に定着する。

とばっちりなのですが、巻末の「万年筆インクのきほん」のコーナーになると、

染料インクに鉄分と酸性分を加えている。酸化作用で紙面の文字が黒くなり耐水、耐光性が増す。

とずいぶんざっくりしてるのが気になりました^^;

安価なスマホ用VRゴーグルを購入し、比較してみた結果、現在のお薦めはVirtoba

今週のお題今年買ってよかったもの
本当はoculus rift (Oculus Rift | Oculus)とか、VIVE (VIVE™ 日本 | 想像を超えたバーチャルリアリティの体験)とか、PSVR (PlayStation VR | プレイステーション)とか欲しいんですが、ゴーグル以外にVR readyのPCやPS4も必要になるので、まだ手を出しかねています。
そこでお手軽に試せるVRとして、せいぜい3千円程度迄のスマホ用ゴーグルを、これまでに5つも買ってしまったのですが、ピンキリですね。同じような構成と作りのものですが、使い勝手だけでなく、見え方もかなり異なります。
私が実際に試した製品のことしか分かりませんが、今のところお薦めできるのは今年購入したVirtoba X6とVirtoba X5です。

Virtoba X6とVirtoba X5

スマホiPhone 7 Plusです。以前は5sでしたが迫力がずいぶん違い、やはり大画面が正解です。
VRゴーグルは見え方が命、他の使い勝手が良くても見え方が悪ければ本末転倒です。Virtoba X6とVirtoba X5は、視野角が広く、レンズの縁の歪みが少なく、余計なフレームが視野にあまり入って来ません。5つの中ではぶっちぎりに見え方が良く、X6とX5には差を感じませんでした。
どちらもヘッドホン付きで、iPhone 7の場合、Appleの変換アダプタが必要です。
スマホの固定はどちらも挟むタイプですが、X6の方はスマホが露出するのに対し、X5はスマホを内部に収納する形です。X6の方が手軽ですが、X5の方が安心感はあります。装着できるスマホの大きさとしてはiPhone 7 Plusでギリギリの大きさです。
頭に固定するバンドの部分は、X5の方がゴムバンドで固定するのに対し、X6はハードなバンドの直径を調整するタイプなので、こちらはX5の方が手軽です。X6のバンドは一度調整してしまえば、それからはいじらなくて良いのですが、最初だけ若干調整がやり難いかもしれません。価格も加味すると、あえてどちらか一つ選ぶならX5かな。
Virtoba X6とVirtoba X5の良さは、他の製品と比べてみないと気づきません。

ETVR VRゴーグル

スマホの固定方法、バンドの形状、ヘッドホン付きなど、Virtoba X5と非常に良く似ています。このゴーグルの特徴は、ピント調整を左右それぞれ独立して出来ることです。Virtobaも含め、大抵のVRゴーグルのピント調整は左右が連動していますので、左右それぞれ調整できれば、よりクリアに見えるのではないかと期待しました。
しかし実際使ってみると、いやに画面が遠くて、視野の中でゴーグルのフレームが目立ちます。スマホの固定部とレンズとの距離の設計が悪いんじゃないかと思うのですが、同じようなレンズとフレームの組合せでも、こんなに見え方が違うことが分かる貴重な体験をしました。

VR BOXとSIDARDOE VR ゴーグル

まず、これらはヘッドホンが付いていません。別途イヤホンを付けてましたが面倒、ヘッドホンが付いていた方が圧倒的に良いです。
また、VR BOXはケースにスマホを付けてから、ゴーグル本体に横からスライドさせて入れるというスマホの固定方法でとても面倒でした。SIDARDOE VR ゴーグルは、磁石で押さえるタイプで、こちらのスマホ固定方法は好きでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^