趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

ヤマザキ ランチパック 筑紫もち風 如水庵 筑紫もち40周年

ヤマザキ ランチパックの九州シリーズの新作が出ていたので食べました。
福岡だとメジャーなお菓子、如水庵の筑紫もち風のランチパックです。
f:id:pgary:20180202084437j:plain
おもちの様な求肥と、きな粉・黒蜜クリームが入っていて、筑紫もちがパンの中に入っていると思えば、そのままの味です。
f:id:pgary:20180202084452j:plain
求肥、きな粉、黒蜜という組合せのお菓子は、福岡では筑紫もちがメジャーですが、関東に行くと、桔梗信玄餅信玄餅が有名だと思います。
販売開始時期だけ比較すると、桔梗信玄餅が1968年、信玄餅が1972年、筑紫もちが1977年だそうです。
筑紫もち - Wikipedia
桔梗信玄餅 - Wikipedia

PC-8001開封の儀 とりあえずN-BASICの画面をおがんでみた。

最近は子供の間でも、ブンブンハローユーチューブと言いながら箱を開けるというのが流行っているらしいですが、開封の儀、海外ではUnboxingと言うようです。
f:id:pgary:20180131082829j:plain
お店の倉庫にあったもので、新品という触れ込みの品です。中身は、1979年に販売開始されたものなので、40年くらい前のものになるでしょうか。
f:id:pgary:20180131082911j:plain
中身は本体とユーザーマニュアルのみ、このマニュアル、ホッチキス(ステープラー)で止められていてコピー誌の様な風情です。中身はBASICのプログラムが載っていたり、コネクタのピン配置が載っていたり、しっかりしたものなのですが、これがオリジナルなのか、当時をご存じの方に教えていただきたいです。
f:id:pgary:20180131083003j:plain
とりあえず、N-BASICの画面だけ確認しました。Ver. 1.1なので、バグが修正されている後期バージョンの様です。当時のN-BASICはROMに乗っているので、バグ修正するにもROMの差し替えが必要です。
液晶ディスプレイは、15kHz~31kHzくらいまで映すことができると、Amazonのレビューに書かれていた、cocoparの13.3インチIPSモニターです。

接続ケーブルは、クラシックPC救済委員会というところがAmazonに出品されていた「デジタルRGB8ピン用 アナログモニターケーブル」です。表示は昔のディスプレイよりもくっきりしている様に感じられます。
f:id:pgary:20180131082934j:plain
クラシックPC救済委員会 デジタルRGB8ピン用 アナログモニターケーブル
classicpc.org

赤のボールペン3本使い切ったが、特にVコーンはなかなか減らずに大変だった。

黙々採点の時期がやってきました。
pgary.hatenablog.com
今回は、パイロット レックスグリップ 1.6mmとVコーン、ぺんてる エナージェル 0.7mmを使い切りました。
レックスグリップ (REXGRIP) 1.6mmは線が太くてリフィルが細いので結構早くインクが無くなったのですが、Vコーン (VCORN)は大変でした。インクが後ちょっとしか無くなってからの粘りが長い。
f:id:pgary:20180130213124j:plain
使い切る時もレックスグリップはスパッと急に出なくなりましたが、Vコーンとエナージェルは、線が薄くなってからも結構書けてしまうので止め時が難しいです。

万年筆インクの宿題:アウロラ ブルーブラックは顔料インクって本当?

アウロラ ブルーブラックはKINGDOM NOTEのページによると顔料インクとされています。

アウロラ従来のブラック、ブルーのインクとは異なり、耐光性がある顔料インクの為、公文書用インクとしてお使いいただけます。
https://www.kingdomnote.com/item/4560115859031

また、storia di un minuto さんでは、「KINGDOM NOTEからメーカーに確認したところ顔料インクと返答があった」という話が紹介されていました。
storiadiunminuto.net
ただ、良く水に流れることから疑問視されている方は多いです。
アウロラ ブルーブラックを、KINGDOM NOTEから購入しました。
f:id:pgary:20180127163846j:plain
アウロラ ブルーブラックで書いたものを水に漬けてみると、滲んでいますが、、、
f:id:pgary:20180127163920j:plain
取り出してみると結構筆跡は残っています。青の色素が流れて、黒い筆跡が残るという古典インクっぽい消え方ではありますが、前回の二価鉄試験紙を使った試験で、古典インクでは無いことは確認しています。
万年筆インクの宿題:バーガンディレッドはモンブランの言う通り古典インクかもしれない。 - 趣味と物欲
また、ガンジーインキ消を使うと消えましたので、顔料インクでもなさそうです。
pgary.hatenablog.com
f:id:pgary:20180127163931j:plain
更に、モンブランのパーマネントインクが顔料かどうか調べる時に使った、チンダル現象を用いる方法を試してみます。
pgary.hatenablog.com
同じ様な色味の顔料インクであるセーラー青墨や
f:id:pgary:20180127163948j:plain
セーラー ストーリア ナイト (Storia Night) を極微量、精製水に分散させてレーザー光を当てると、チンダル現象でレーザーの通り道が見えますが、、、
f:id:pgary:20180127164004j:plain
アウロラ ブルーブラックでは見えませんでした。
f:id:pgary:20180127164020j:plain
これらの結果からアウロラのブルーブラックは、耐水性のある黒い染料が含まれている染料インクだと考えられます。

万年筆インクの宿題:KWZ IG Blue Blackってどうでしょう?

KWZ IG inkってどんなインクか興味はあったのですが、ようやく購入しました。
趣味の文具箱のVol. 41 p30~33に紹介されていますが、ポーランド ワルシャワ工科大学のKonrad Zurawski博士が開発した古典インクです。ポーランドから輸送しても漏れないようにか、ラップの様なものでぐるぐる巻にされています。
f:id:pgary:20180126201418j:plain
今回購入したのは、KWZ Inkの中でも一番高濃度の没食子鉄成分を含むKWZ IG Blue Blackのアーカイブインクです。

先日の記事中の二価鉄試験紙による結果を改めて見てみると、プラチナ ブルーブラックと良く似ている印象を受けました。
万年筆インクの宿題:バーガンディレッドはモンブランの言う通り古典インクかもしれない。 - 趣味と物欲
f:id:pgary:20180126201434j:plain
実際に筆記してみると、KWZ IG Blue Blackの方がプラチナ ブルーブラックより黒く定着するので、没食子鉄成分の量がプラチナBBより多く含まれているのだろうと思います。
f:id:pgary:20180126201449j:plain
普通のペーパークロマトグラフィもやってみました。前回と同じく移動相は70%エタノールです。左がプラチナBB、右がKWZ IG BBですが、ペーパークロマトグラフでもやはり、プラチナBBと非常に良く似ています。
f:id:pgary:20180126201510j:plain
それからKWZ inkのレビューでは良く言及されていることですが、結構強く甘い感じの匂いが付けられています。何か記憶をくすぐる匂いだと考えていたのですが、革の手入れに使うM.MOWBRAY デリケートクリームが、こんな匂いだった気がします。

趣味の文具箱 41 (エイムック 3631)

趣味の文具箱 41 (エイムック 3631)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^