趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆

趣味の文具箱 Vol.44を取り急ぎdマガジンでチェックしました。

勿論紙でも買いますが、休みを挟んで週明けになってしまうので、取り急ぎdマガジンで内容をチェック。今回は、「インク沼へ、ようこそ!」という特集で、いつにも増して危険な誌面になっています。 「古典インク32色の色変化チェック」や「ペーパークロマト…

使用頻度の高い万年筆で11/11

11/11は4本の万年筆を並べたり、間の線も入れて5本並べたりして写真を撮る風習があるらしい。本日、11月11日は皆様ご存知そしてお待ちかね「万年筆を4本買っても良い日」でございます。気になっていたあの万年筆、この万年筆を4本キッチリ買い揃えまして、年…

SHEAFFER スター・ウォーズ POP コレクションのR2-D2万年筆

趣味の文具箱Vol.43を読んで気になっていたスター・ウォーズPOPコレクション、をろそろ通販で見かけるようになりました。 pgary.hatenablog.com ダースベイダー、ヨーダ、R2-D2の三種類があり、色的にはヨーダが好みなのですが、キャラ的にはR2-D2が好きなの…

ファンシーな品揃えの奥に異空間が広がる文具店「サプリもりつね」

「サプリもりつね」は、石丸さんのインク工房や川口さんのペンクリニックを定期的に開催しているので気になっていたのですが、小倉駅からちょっと離れた守恒というところにあるため、これまで行ったことはありませんでした。離れていると言っても小倉駅から…

金属軸のエイジング

筆記具のエイジング (aging) というと、木軸のイメージが強いかと思いますが、今回のネタは金属軸のエイジングです。 1本は以前紹介したカヴェコ ブラススポーツで、以前ブログで紹介した時よりだいぶエイジングが進みました。 pgary.hatenablog.com もう1本…

趣味の文具箱 vol.43をdマガジンで読みました。

九州ではいつも通り、発売が二日遅れるので、とりあえずdマガジンで趣味の文具箱 vol.43を読みました。勿論後程、紙版も購入します。 今回は紙の特集ということですが、紙を潤沢に揃えている文具店というのは、万年筆店よりまだ希少ではないかと思います。 …

カヴェコ ブラススポーツ万年筆のペン先を金ペンに交換

カヴェコの交換用14Kの金ペン先に公式に対応しているのは、スポーツ系だとブラスやアルミなど金属軸の物のみとのことなので、ブラススポーツを手に入れました。 pgary.hatenablog.com 箱を持った瞬間、「重っ」と思わず声に出てしまいました。小さい万年筆で…

カヴェコの金ペンへの交換はちょっと待ち

大阪で仕入れてきたカヴェコの金ペン先をカヴェコスポーツに換装してみようとしました。 pgary.hatenablog.com 渋い色の軸に嵌っていたときに購入したカヴェコスポーツのグレー軸です。カヴェコのミニコンバーター2を付けて使っています。 金ペン先はユニッ…

あえて紙で記録が残せないような紙とインクの組合せで使うThinking powerリーガルパッドホルダー

以前、「かわるビジネスリュック」や「ひらくPCバッグmini」に入れているものの中でちらっと紹介したことがある、Thinking Power Projectの「ツバメ・リーガルパッド・ホルダー」は万年筆でのメモ取り用に使っています。 Thinking Power Notebook:「ツバメ…

思いがけず手に入った逸品 プラチナ グラマー 14Kペン先

梅田晴夫氏が開発に携わり、The万年筆とも呼ばれたプラチナ3776のギャザード軸を、そのままずんぐりむっくりとさせた様なユニークな万年筆がプラチナ グラマーです。これまでに軸色違いを2本とボールペンを持っていましたが、万年筆はいずれもスチールペン先…

平和のガラスペン、カクノ透明軸、カヴェコの金ペン先

大阪で仕入れてきたもの。 ナガサワ茶屋町店では、平和萬年筆という名前のガラスペンとカクノの透明軸。 平和萬年筆はガラスのペン先を木軸に装着してあります。線幅の違う太中細の3本がセットで1500円というガラスペンとしては格安です。昔ガラスペンが実務…

ダイソーの歯ブラシ立て+万年筆

赤入れ用の万年筆を立てるのに使っています。カートリッジ運用ですが最後まで使い切れて良い感じです。

シャアペンという名の万年筆が届きました。あれはいいものだ。

予約が開始されてから4ヶ月程待ちましたので、その間、若くもないけど「若さゆえの過ち」になるのかと心配していましたが、「あれはいいものだ」と言うことができて満足です。 万年筆本体に黒カートリッジと説明書、万年筆の絵が書かれたカードはブロッター…

2017年5月の筆箱定点観測

はてなブログには、「◯年前の記事はこんなのでした」と定期的にメールでお知らせしてくれる機能があります。 およそ一年前に、つくしペンケースの中身を紹介していましたが、最近の中身は随分変わっていたので改めて紹介します。 一年前は万年筆を少なめに、…

CON-40は嫌いじゃないよ、むしろ好き。

パイロットの新しいコンバーター CON-40は吸入できるインキ量が少ないためか、あまり評判が芳しくないような感じを受けるのですが、個人的には嫌いじゃないです、むしろ最近は好きになってきました。 NAMIKI FALCON (海外版のエラボー) にセットして色彩雫の…

プラチナ クラシックインクに入れ替えるために万年筆をしっかり洗浄しました。

これまで妻の使う万年筆のインクは、私がご当地インクを買ってきたものの、あまり減らないので、せっせと使ってくれていたセーラー系の染料インクでした。 しかし、せっかくなのでプラチナ クラシックインクを使ってみたいというので、入れ替えることにしま…

BUNGBOXオリジナル 輪島蒔絵コンバーター 錦鯉をプラチナ 本栖 万年筆に合わせました。

この間、表参道の方のBUNGBOXにお邪魔したときに購入したBUNGBOXオリジナル 輪島蒔絵コンバーターを本栖 万年筆に入れました。 金魚と悩みましたが、より縁起が良い感じがする錦鯉にしました。 この蒔絵を描いた職人さんの略歴も、小さい賞状みたいな紙が付…

神戸ペンショーで購入したシュナイダーの万年筆が調子良くて、ペンケースに定着しました。

神戸ペンショーから1月以上経っていますが、ペンケースの定番となり、使い込んで来たのでシュナイダー (Schneider) の万年筆をご紹介。 神戸ペンショー2日目のみ参加してきました。 - 趣味と物欲 シュナイダーの万年筆はBASEというモデルで、輸入販売元のジ…

プラチナ製 WAGNER11周年記念萬年筆が届きました。

プラチナ製 WAGNER11周年記念萬年筆がうちにも届きました。 その特徴は企画された森師匠のブログに詳しいですが。 万年筆評価の部屋:萬年筆研究会【WAGNER】11周年記念萬年筆の全貌 キャップや首軸は濃い紫、同軸は薄い紫で、デザインだけでなく「インクの汚…

ノバオレンジのプレジールにプレピーから極細ペン先を移植したら調子良い。

神戸ペンショーで、ドミニク・フォンデさんに彫刻 (ドリルエングレーヴィング) してもらったプラチナ プレジールのノバオレンジ、中字を選びましたが、使うシーンを考えたら細字の方が良かったかな? pgary.hatenablog.com ペン先はプレピーと同じなので、プ…

サンスターと国内万年筆メーカーコラボのガンダム万年筆はプラチナが一番ガチでした。

第1弾のセーラーとのコラボは、シャアのシャーペンとセイラの万年筆って駄洒落かいっ!と、赤ばかりの2+1多機能ペンと鉄ペンのセイラ万年筆で6,912円。駄洒落だな〜と言いつつ持っています^^; シャアペン&セイラ万年筆セットを商品化した心意気に乾杯 - 趣…

神戸ペンショー2日目のみ参加してきました。

神戸ペンショーのアナウンスが色々なブログで始まった頃、奥さんに駄目元で聞いてみたら、「行ってくればいいやん」とすんなりOKが出たので、いそいそと新幹線の切符を予約しました。博多〜新神戸は「スーパー早特きっぷ」で片道10,290円ですが、2週間前まで…

九州ローカルの番組で、ルビーのペン先を使った屋久杉万年筆が紹介されていました。

日曜朝の九州ローカルの15分番組「世界一の九州が始まる」で「屋久島 千年の森の万年筆」が放送されていました。 たまたま妻が気づいて録画してくれたので見ることができました。 世界一の九州が始まる :: 2017年1月8日放送分 秋田研磨工業という会社が、ル…

2017年、新しく6本の万年筆にインクを入れました。

違うメーカーの万年筆でテストをしようと、洗って保管していた万年筆から6本選んできました。 左から順に、 ペリカン M400 F セーラー×趣味の文具箱 プロフェッショナルギアスリム 長刀ふでDEまんねん 趣味の文具箱限定ブルー プラチナ×WAGNER 2015年限定 10…

ダイソーのパンチとタックシールで万年筆に入れているインクが一目で分かるように工夫する。

ダイソーでピンと来て、クラフトパンチと剥がせるタイプのタックシールを買ってきました。 万年筆やボールペンでタックシールをチャカチャカ塗って、クラフトパンチで打ち抜いてペンに貼ります。 最初は打ち抜いてから、塗ってみたのですが、手がベタベタに…

FRISKが120%ブーストしたら万年筆インクカートリッジケースとして更に有能になった。

FRISKが120%ブーストってことで (FRISK Japanese Official Website) でかくなりました。 中のタブレットが大きくなっただけかと思っていたらケースも大きくなっていました。 以前フリスクのケースを万年筆インクカートリッジのケースとして再生する記事を書…

3千円台で買える金ペンの14kスタンダートとセレモは従兄弟ぐらいには似ている。

最近はメインで使うことはなくなってしまいましたが、プラチナの14kスタンダードは私が自分で購入した2本目の金ペンです。 鹿児島に本社のある「文具のしんぷく」から、デッドストックのプラチナポケット万年筆を通販で購入したときに、一緒に購入したんだっ…

パイロット カスタム845 FA 10号ニブ、742の首軸を845と交換

下手な字なりに、フォルカン (FA)の力の入れ方、抜き方が分かってきた感じがしています。 今は743より柔らかいという742のFAを使っていますが、どうせなら一番良いFAが欲しい。そうなるとアサヒヤ紙文具店の朱漆845かとページを見てみたら、現在品切れで価格…

ダイソーのルーターでキャップレス マットブラックを金ピカに

ダイソーでルーターを買ってきました。ルーター本体は800円とダイソーの中では高級商品です。交換ヘッドも色々買ってきました。 交換ヘッドなどの小さな部品が散逸しないように、トレー付きケースも買いました。 ルーターを何で買ってきたかと言うと、キャッ…

山根一眞 氏の万年筆

「かわるビジネスリュック」に戻ってきたとき、電子ガジェットの類をカバンに詰め込みたくなるのは、「山根一眞 氏のスーパー書斎の仕事術への憧れの残滓なのでしょう」ということを書きました。 それからスーパー書斎シリーズを久し振りに読みたくなって、…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^