読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か? 鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなく…

2017年5月の筆箱定点観測

はてなブログには、「◯年前の記事はこんなのでした」と定期的にメールでお知らせしてくれる機能があります。 およそ一年前に、つくしペンケースの中身を紹介していましたが、最近の中身は随分変わっていたので改めて紹介します。 一年前は万年筆を少なめに、…

植草甚一コラージュ日記で使われているサインペンは?

植草甚一さんが肉筆で書かれている日記を本にまとめた「植草甚一コラージュ日記」はどこから開いて読んでも面白いので、ちょっとした隙間時間に活字を読みたくなったとき、よく手にとっています。日記と言っても生の日記ではなく、「植草甚一スクラップ・ブ…

久し振りにがっつり使ったけれど、トラディオ プラマンとはよく名付けたものだなあ

いつの間にか増殖しているぺんてる トラディオ プラマンを久し振りにがっつり使った。 トラディオ・プラマン/替芯|商品紹介|ぺんてる株式会社 書き味柔らかく、良く撓り、立てれば細く、寝かせれば太く書け、表と裏では調子が違うなど、プラスチック万年…

アクロボール スポットライターの蛍光インクをヌードラーズのインクで補充する。

パイロットのアクロボール3色ボールペンの頭に蛍光ペンが付いたアクロボール スポットライターを普段使いのボールペンにしています。 アクロボール スポットライター | 筆記具 | 多機能ペン | 製品情報 | PILOT 資料を読みながら、ちょっとマーキングしたい…

神戸ペンショーの時購入したマッチ棒型アロマスティック

神戸ペンショーの会場となった「北野工房のまち」を散策して、2階の「マッチ棒」というその名のとおりマッチ屋さんで購入しました。 マッチ棒|北野工房のまち 神戸マラソン 森の防潮堤をつくろう! 箱は2段になっていて、上段にマッチ棒型アロマスティック…

カスタム74シャープペンシルの内部機構入れ替え

以前いくつか書いたことのあるパイロット カスタム74 シャープペンシルの記事の中で、おそらく下記の記事をご覧になった方から、0.5の軸に0.7や0.9の内部機構が収まらないかという質問を受けましたので、実際に試してみました。 カラー軸には0.5mmしかありま…

スタイルフィットマイスター5色、ジェットストリーム4&1、ピュアモルト4&1軸とグリップで可能な組合せ色々

三菱鉛筆の多機能ペン3種、スタイルフィット マイスター 5色ホルダー(ノック式)、ジェットストリーム 多機能ペン 4&1、ピュアモルト 4&1 5機能ペンのグリップと軸を組合せてみました。 オリジナルの軸はこう。 スタイルフィットはジェットストリームイン…

サラサグランドは好みのデザインだけど、ただ一つクリップが痛い。

ZEBRAの新製品サラサグランドゲルボールペン、シンプルに真っ直ぐ伸び重量感のある金属軸、ゴムじゃなくて金属のままのグリップと非常に好みのデザインです。 軸の上部の方が一部プラ製で中の芯が見えるようになっており、私が購入したゴールド軸だと、この…

そろそろ10年になる「ほぼ日手帳」のカバーをもう少し使うつもり。

ほぼ日手帳を使いはじめた2007年に購入した緑のカバー、ペンを挿すバタフライストッパーがちぎれかけてきたので、さすがにもう寿命か〜と思ったのですが、縫ってみたらまだまだ使えそう。 正確には何て名前のカバーだったかな?と探してみたら、さすがは糸井…

「かわるビジネスリュック」のバッドノウハウ

前回の記事で「かわるビジネスリュック」に戻ってきたことを報告しました。 リュックの中に、使わないかもしれないけど持って歩きたいものを全て放り込んでみたら、手で持つとずっしりとしていますが、担ぐと驚く程軽く感じます。やっぱりリュックはいいなと…

涼しくなってきたので「かわるビジネスリュック」に戻ってきました。

「かわるビジネスリュック」を買って使い込もうと思ったら、「ひらくPCバッグmini」を買っていた件は以前記事にしました。 今年の福岡の8月は残暑厳しく、徒歩通勤なこともあって、「かわるビジネスリュック」の背中のパッドがいくら通気性があると言っても…

「使える!ブランド筆記具大図鑑」には、万年筆が無いメーカーもたくさん載っていて楽しく読めました。

本屋で見かけてパラパラめくったら面白そうだったので、玄光社の「使える!ブランド筆記具大図鑑」というムックを購入しました。玄光社と言えば、これまでにも「万年筆の教科書」や「万年筆ライフ」などを発行されていて、エイ出版の本とはまた違う切り口の…

「モリソン万年筆&カフェ」のクラウドファンディングが明日で終わり。

Makuakeで募集されていた「モリソン万年筆&カフェ」のクラウドファンディングが明日で終了です。 www.makuake.com 奈良県御所市のモリソン万年筆の本店あとの町家を、昼は町家カフェ、夜は和風バーとしてオープンするための資金集めだそうです。出資した方…

プラチナ プロユース MSD-1500は製図用なのにコロッとした太軸のシャープペンシルで手になじみます。

万年筆をメインで使っているためか、ボールペンやシャープペンシルも太軸の方が手になじみます。これまでにも、カスタム74やカヴェコスポーツのシャープペンシル、トンボ ZOOM505shやぺんてる ケリーなどの太軸のペンをよく使いブログでも紹介しています。 …

ポスト・イット ポップアップノート ディスペンサーは無意識に使っているので無くなってその不便さに気づく

右側がもう何年も使っている75×25mm付箋のディスペンサーで、ぷらっとホーム株式会社で買い物した時に貰ったものです。少しヒビが入っていたり、裏面のゴム足が劣化してベタベタしたのを剥がしていたりしますが、ゴツイ作りでまだまだ長持ちしそうです。 左…

ダイソーのクリーム上質紙MEMOPADは百円で売って大丈夫なのか心配なレベル。

百均をふらふらしているとついつい気になるものを買ってしまうので危険なのですが、またダイソーの文具コーナーで買ってしまいました。 パッと見目LIFEのノーブルメモっぽい表紙に手にとってみたのですが、裏を見るとまさかのMADE IN JAPANで「本文には、高…

ここからならLOFTが近いな、、そうだプラチナ プレスマンのカラー軸を買いに行こう!

街に出て〜、たまたま乗ったバスがLOFTに近い側に着くやつだったので、前々から気になっていたプラチナ プレスマンのカラー軸を買いに行くことにした。 プレスマン (PRESS MAN, http://www.platinum-pen.co.jp/sharp_06.html#MPS-200)はその名のとおり、記者…

ボールペンを3種類とっかえひっかえ試しながら黙々採点に耐えるのだ。

採点するときのペンの動きは字を書くときとはずいぶん違い、○をシュっと書くのと、/を右上あるいは左下からピュッと引く2つの動作をかなり素早く連続で行います。 以前は採点に万年筆を使い、ペン先のエージングが捗るワーなどと嘯いていたのですが、この2…

セブンイレブンのゴジラ対エヴァンゲリオンノートをとりあえず1冊

帰りにつまみでも買おうと寄ったらキャンペーン中だったので、次の日の朝食と昼食用にパンを急遽購入。 http://www.sej.co.jp/products/esgn1607.html どこにゴジラ要素が〜〜とよく見たら、なるほどぬいぐるみかあ。 どこ製のノートとかは書いてありません…

カヴェコスポーツ万年筆とシャープペンシルのサンコイチセット

ペリカンのM205トープを探しているときに、グレーの万年筆ということで買ってしまっていたKaweco Sport、後からケース付のセットがあることを知り、シャープペンシルとケースを買い足してサンコイチのセットにしてしまいました。 pgary.hatenablog.com 掌に…

伊勢志摩サミットのお土産で急に注目を集めた象嵌光助の万年筆

この間、熊本応援セットの万年筆として紹介したばかりの象嵌光助の万年筆が、伊勢志摩サミットのお土産になり注目を集めました。 pgary.hatenablog.com 通販では品切れのところも多いようですが、私は水前寺公園のお土産物屋の店頭で購入しましたので、直接…

万年筆にこだわるのを止めたら情報カード用ジョッターはASHFORD Lofferが良い感じです。

情報カード用のジョッターを何種類か併用していますが、一番使うのは、胸ポケットに入れてTo Doを管理している方眼カード用のジョッターです。これまでは万年筆で書くことにこだわっていたので、ジョッター + 胸ポケットに万年筆というセットで、ジョッター…

歴博のippiボックスメモをおヒョイさんのように使いたい。

歴博の万年筆展のippiボックスメモ、一枚一枚活版印刷されていて、ちょっとよいお値段なのですが、見た瞬間に、趣味の文具箱 Vol.13の藤村俊二さんのこの記事を連想させられました。 藤村さんのは、葉巻の中敷の紙で、この紙にその日心に残った一言を書き残…

「お気に入りの文房具」のお題にペンケースの中身晒し&筆箱定点観測

お題「お気に入りの文房具」 お気に入りの文房具は入れ替わりがそれなりに激しいですが、現在のお気に入りはペンケースの中身が表しているので、ペンケースの中身晒し&筆箱定点観測です。 万年筆以外も入れるペンケースとしては「つくしペンケース」が好き。…

ぺんてる トラディオ四兄弟 (万年筆、プラマン、ローラーボール、シャープペンシル)

文房具カフェで、ぺんてる トラディオの万年筆を取扱い開始と話題になっていたので、うちにある四兄弟を出してきました。 Euro Pentel トラディオ 万年筆 アース|文房具カフェ 公式オンラインストア bc official online store 万年筆とプラマンとローラーボ…

デルガード タイプLxは普通のデルガードとはまったくの別物ですなあ。

頻用するシャープペンシルは頻繁に変えています。過去にはカスタム74のシャープペンシルや通常のデルガードも紹介しましたが、最近よく使っているのはDelGuard Type-Lxです。 通常のデルガードとは驚く程似ていません。グリップもキャップもクリップも別物、…

名前に騙された〜SARASA dryは染料か!

あのサラサが速乾性になったのか〜、試筆してみたらスラスラと軽く書け、くっきりとした描線だし、すぐにこすってみても本当に擦れないので、KINGJIMのペンサムに黒赤青と入れて、保存性が必要なノートの筆記にも使っていたのですが、、、 ペンサム | ブラン…

プレピーのアイドロッパー化にはOリングはやっぱり必要だった。

大量に採点するとき、以前はペン先調整を兼ねて太字の万年筆を使っていたのですが、最近はその余裕が無くなり、ぺんてるサインペンでがしがし○付けしてます。 まだたくさん残っているのにサインペンがカスカスになってきたので、プラチナ プレピーのサインペ…

趣味の文具箱がkindleで108円かと思ったら更に21pt付きで実質87円なんですけど。

インク特集号だけでも買おうかと検索したら、趣味の文具箱のVol.26〜32まで、kindleで108円なんですけど、安〜ぅうとまとめて買おうとして、よくよく見たら、1冊に付き21pt付くので実質87円になるみたいなんですけど。 何があったんだ!? 最初は、とりあえ…

遅ればせながら趣味の文具箱 Vol.36の感想です。その1

趣味の文具箱 Vol.36は「万年筆インクに夢中!」というインク特集でした。趣味文のインク特集はVol.32以来なので、約1年振りのインク特集となります。 1年くらいでは、そんなに目新しい話も無いんじゃないかと思っていたのですが、この1年の間に新発売された…

インクの説明書の訳はモンブランでも間違うという話

インクに関する訳では、ローラ&クライナーが顔料か染料かという話のときに、英語やドイツ語のパンフレットと、日本の代理店が言っている意味が違うのが気になりました。 pgary.hatenablog.com この件は結局、げんきざっくざくの鈴木さんがローラークライナー…

もう折れないシャーペン、デルガードの芯径3種を揃えました。

芯が折れ難いシャープペンシルのデルガードはデザインも好みで、最近はこれか、クルトガばかり使っています。www.zebra.co.jp これまで、0.5mmに赤芯を入れてみたり想定外の使い方をしていましたが、0.3mmと0.7mmが出たので揃えてしまいました。pgary.hatena…

モンブランのパーマネントブラックが顔料か染料のどちらかと言えば、、、。

白星さんのところで話題になっていた、モンブランのパーマネントブラックは顔料なのか問題。blog.livedoor.jp モンブランのパーマネントブラックとペリカンのブルーブラック (古典ブルーブラック) を混ぜても、プラチナカーボンブラックのように沈殿しなかっ…

ユニボール エアとボールpentel、樹脂ペン先のボールペンを書き比べてみた。

ガルパン劇場版の上映待ちで8Fの丸善をのぞいたら、ユニボール エア (uni-ball AIR) という新製品が置かれていました。 ユニボール エア | uni-ball AIR | 水性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社 ボールペンのペン先の金属部分を樹脂で…

ワンコインで買えるOHTOの1本挿しレザーペンケース

丸善をうろうろしていたら、オート (OHTO) のペンケースを見つけました。値札を見ると驚きの500円! Amazonの商品紹介によると、W35mm×D25mm×H150mmの大きさで、表はリサイクルレザー、裏の赤いところは合成皮革だそうです。 万年筆を入れるには、ちょっと小…

3Dプリンタで、テキストサーファードライ蛍光色鉛筆用2本組キャップを作ってみた。

蛍光マーカー代わりに使える蛍光色鉛筆の記事を読んで気になっていて、丸善で探したら「テキストサーファードライ 蛍光色鉛筆」(新製品紹介(New Products) | STAEDTLER Japan website!) があったので買ってきました。塗り過ぎず裏抜けもしない感じが、なか…

ユニナノダイヤカラー芯が売ってないので、Ainシュタインカラー芯をデルガードに入れてみたけど、、、

シャーペンのカラー芯は通常の黒芯に比べると折れやすいので、これまで色々な種類のものを試しては挫折してきました。しかし最近、クルトガ 0.7mmとナノダイヤ カラー芯の組合せが結構良い感じに書けるので、よく使っています。クルトガ カラー 1に対してフ…

日経アソシエの万年筆、軸や書き味は悪くないけど、ペン先はやはりそれなりの仕上げ。

日経ビジネスアソシエの付録の万年筆、軸はあまり見ない色できれいですし、嵌合式キャップの開け閉めも硬すぎず、感触も悪くない。紙の本が750円で、kindle版が650円ですから、100均より安いペンだと思えば上等だと思います。 書き味もペン先の太さとフロー…

パイロットのフレフレスプリンター シャープペンシルってエヴァコラボ商品じゃないの?

駅にエヴァ新幹線の模型が飾ってあるのを見た後で文房具店に行ったもので、、、www.500type-eva.jp パイロットのシャープペンシル フレフレスプリンター (FUREFURE SPRINTER) のバイオレット&グリーン軸がエヴァ初号機にしか見えず買ってしまった。www.pilo…

万年筆ライフが届いたので早速ブルーブラックインクの記事をチェック、、ムムム。

「ブルーブラックインクを極める」という記事が載っているということで楽しみにしていた「万年筆ライフ」が届きました。 おお、いきなり@enu_teaさん登場、更にキングダムノートがインクを提供し、趣味の文具箱Vol.32に引き続き、プラチナのインク技術者の方…

別府の明石文昭堂で10月9、10日にパイロットのペンクリニック

別府の明石文昭堂からペンクリのお知らせハガキが届いていました。10月9、10日にパイロットのペンドクター 滝沢さんのペンクリニックを開催するそうです。一人1本限り無料調整。9日は10時〜17時、10日は10時〜15時で、うち13時〜14時は休憩時間です。 併せて…

万年筆ライフというムックが玄光社から出るらしい。

趣味の文具箱のVol.35をAmazonからお薦めされたので、クリックしたら、更に「万年筆ライフ」というムックをお薦めされました。9月16日と趣味文の前日に発売だそうです。目次を見たら、「インクの王道 ブルーブラックを極める」という記事があるみたいなので…

アメリカで何かと便利に使われる銀色のテープを買った。

米国では応急修理などで何かと使われたり、映画では悪者をしばったり、逆に猿轡に使われてピンチになったりと大活躍するダクトテープ - Wikipediaを買ってみた。 アメリカ的には3Mのダクトテープかと思うのですが、Amazonのレビューによるとダクトテープより…

パーカー5thテクノロジー (インジェニュイティ) を支える日本の技術!?

万年筆のインクフローと毛細管現象について探しものをしていてテイボー株式会社のページに辿りついたのですが、会社の沿革を見ると「帝国製帽株式会社」として創業され、フェルトの帽子の製造から、マジックインキのフェルトペン先などを製造して来られた会…

OHTOマジェスティック万年筆は高級感ある軸とSchmidtペン先で書きやすくても2000円。

万年筆の図鑑という本を読んでいたら、OHTOのページにMajestic(マジェスティック)という見慣れない万年筆が載っていて、なかなかかっこよく見えて気になりました。OHTOの万年筆と言えばTascheやRookなど、どちらかというと細軸だったり、小さいイメージだ…

唯一?の油性顔料ボールペン Rollyのリフィルをちょっと良い軸で使ってみる。

顔料のボールペンは水性顔料やゲルの顔料のものが多いですが、おそらく唯一の油性顔料だけのボールペンがぺんてるのローリーです。 ローリー 油性顔料ボールペン|商品紹介|ぺんてる株式会社 色々な筆記具の耐水性や耐光性をテストされている、こちらのペー…

万年筆インクが使えるモンテベルデのメガインクボールは直接インクが吸えるんです。

以前紹介したモンテベルデのメガインクボール(ローラーボール)はコンバーターを付けて、直接ペン先からインクを吸入できるので、そういう物だと思っていたら、カキモリなどのローラーボールは吸えないと教えていただきました。 モンテベルデ メガインクボー…

さっきAmazonさんにお薦めされた「万年筆の図鑑」という本が出るらしい。

5月23日発売だそうです。 万年筆愛好家のインタビュー記事が好きなので、中尾彬さん、谷村新司さん、涼風花さんのインタビューが楽しみ。

丸善天神店でセーラーの顔料インク STORiAのクラウン(イエローグリーン)を購入しました。

もう使い切れないくらい万年筆のインクは持っているので、インクは増やさないぞと思っていたのですが、丸善天神店でセーラーの新しい顔料インク STORiA(ストーリア)を見つけ、セーラーのインク開発者の方に敬意を表して買ってしまいました。 万年筆で使う…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^