ペリカンのブルーブラックはまだ古典インクのようですが、定期的に染料に変わるという話がでてきます。そのわけは?

最近また、ペリカンのブルーブラックインクが古典ブルーブラック(タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク)から染料インクに変わるという話を耳にします。今回の発信元は白星さんがブログに書かれた記事で、新宿と銀座のお店からの情報とのことです*1。 ただ、2015年の7月頃に同様の情報をいただい…