読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

ピカピカとアクセスランプの点滅が止まらないUSBメモリの復旧。

Mac

BUFFALOのUSBスティックタイプのフラッシュメモリ、4G、TURBO USB機能付き。Windowsでデータ書き込み中に反応しなくなり、抜いたところ、その後、Mac (Snow leopard)、Windows (XP,7)に挿しても、アクセスランプが点滅しつづけ、Macだと認識されない、WindowsだとUSB大容量ディスクとして、タスクバー上には出てくるが、マイコンピュータは開けない状態に。Windowsの管理ツールからは、長時間かけると認識されるがフォーマットは失敗する。コマンドプロンプトからも操作不可能。
【解決方法】
USBメモリの書き込み禁止スイッチ (LOCK) をONにしたら、フラッシュの中身が表示されるようになった。表示設定をいじって、システムファイルや隠しファイルなども全て表示にし、USBメモリを挿したまま、書き込み禁止スイッチをOFFにして、隠しファイルの.trashや.tempを削除したら、MacでもWindowsでも使えるようになった。