趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

更に自作古典ブルーブラックインクの新処方は水にも弱いかもしれない。

自作古典ブルーブラックインクの新処方について、これまでに、「ペンに優しいが、裏抜けはしやすい」、「酸化による変色が遅い」という記事を書きましたが、耐水性も低いようです。

5月8日に筆記しているのは、酸化による変色が遅いという記事で使ったのと同じもので、本日で筆記後6日経っています。下段が今日書いたばかりのものです。

鉛筆で印を付けている右側の部分を流水にさらしました。旧処方のものは、6日経ったものも、書いた直後も没食子酸鉄による黒い筆記線が残っていますが、新処方では、まるで染料インクのように流れてしまっています。
この新処方、ようは塩酸の代わりにクエン酸を使ったものなのですが、酸化が遅くなったことと、クエン酸鉄が没食子酸鉄よりも水に溶けやすいので
、耐水性が無くなったものと思われます。
ペンへの安全性は非常に高くなったと思うのですが、古典インクの優れた性質も無くなってしまうので、この処方はお蔵入りかな。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^