趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

古典インクの澱や顔料インクの沈殿画像

先日、白星さんの萬年筆の迷走でインクの黴画像が公開されていて、万年筆のインクと黴の話を書きました。手元にある万年筆のインクではカビが生えたものは無いのですが、澱や沈殿が出来ていたものは少しだけあるので、以前紹介した画像と記事をまとめてみます。

古典ブルーブラックの澱(おり)

この間、まとめの記事を書いたダイアミンのレジストラーズインクの澱が持っているインクの中では一番激しいです。

ダイアミン社レジストラーズインクの滓をろ過で集めてみる
また、染料になる前のパイロットの古典ブルーブラックは、変化が全く見えないものもあるのですが、劣化しているものは激しく滓が発生しています。

また、他の方のブログですが、モンブランの古典ブルーブラックの使い切った空瓶にべっとりと滓が付着している画像(怖い、怖い(;;) | 道化は踊る)がありました。

顔料インクの沈殿

ヌードラーズのBullet proofでUV light proofなインクは顔料なのですが、静置していたら顔料が沈殿していました。

何十本の万年筆のインクを持っていますが、はっきりと澱や沈殿があるのはこれくらいのもので、大半のインクでは問題は起こっていません。

広告を非表示にする
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^