読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

英雄BB202の味、けっして真似しないでください。

味か!本気か!古典ブルーブラックについては色々試してきたけれど、味わってみたことは無かった。負けた〜。
【注意】↓危険も予想されるので追記から読んでください。



英雄の古典ブルーブラック202は香水みたいな匂いの香料が入っているようで、他の古典ブルーブラックとは違い良い匂いがします。良い匂いなだけに逆に舐めるのに勇気がいる感じ。
f:id:pgary:20150811205143j:plain
しかしちょうど、こんな本を読んだばかりなのでやるしかないよねという気持ちになる。

スポイトで舌の上にピュッと、ウンベ、ゲロゲロゲロ。
f:id:pgary:20150811205741j:plain
香水の香りが強すぎて駄目だ、血の味とか全然分からない。血ってこんなかなあ、よく考えたら血の味が分からなくなってきた、、、。
f:id:pgary:20150811210101j:plain
そしてなかなか舌から色素が落ちない。アスコルビン酸水溶液でうがいとかしてみたけど、そもそもこの色は色素の色のようなので落ちない。結局歯磨き粉を付けてゴシゴシこすって無理矢理落としました。
舌の上に垂らすように試して良かった。ワインのテイスティングみたいにクチュクチュしていたら恐しいことになっていた^^;




まだ味をみないといけないインクが色々あるんだけれど、味蕾がダメージを受けているので、とりあえず今日はここまで。

追記
つい勢いでやってしまいましたが、けっして真似しないでください。そういえば、古典だったころのパイロットのブルーブラックインキには、沈殿防止と鉄ペンの腐食防止のために、三酸化ヒ素 (As2O3) が添加されていたことを思い出しました。インクは飲むものではありませんので、その成分は完全には公開されていません。メーカーも誤って飲んだ時のことを考慮しているとは思いますが、やめた方が無難です。pgary.hatenablog.com