読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

丸善天神店でセーラーの顔料インク STORiAのクラウン(イエローグリーン)を購入しました。

もう使い切れないくらい万年筆のインクは持っているので、インクは増やさないぞと思っていたのですが、丸善天神店でセーラーの新しい顔料インク STORiA(ストーリア)を見つけ、セーラーのインク開発者の方に敬意を表して買ってしまいました。

万年筆で使う色は、ブルーかブルーブラック>レッド>ブラックくらいで、他の色はちょっと遊んでみても、あまり使わないので、最初はナイト(ブルー)を買おうと思ったのですが、色見本を見ているうちに、この色ならたくさん持っているし、セーラーの顔料で青系なら青墨を持っているので、あまり持っていない色にしようと考えが変わりました。

緑のインクは歌のせいで別れのインクと言われるので使い辛い面があるのですが、色見本を見て、確か昔のセーラージェントルのグリーンがこんな感じだったようなと感じた、クラウン(イエローグリーン)にしました。

瓶の中にはインクリザーバーが入っていました。一目見て、あ、顔料だなと感じられるインクです。

万年筆は、同じセーラーのプロフィット レアロ 長刀エンペラーに入れました。ごく初期のレアロで、軸の接着が甘かったようで、別の所が開いてしまうのですが、洗浄するにはその方が都合が良いので、修理に出さずそのまま使っています。先頃亡くなられた長原宣義先生に、ただ一度だけペンクリニックで見ていただいたことがあるペン先で、書き味はお墨付きです。
濃淡も出るし、好きな色です。手紙には使えなくても、自分のノートに使う分には問題ありません。インクがたっぷり出ることもあって、このペンで書いた場合、乾くのは少し遅めのように感じられました。

書いたら恒例の耐水性テストで、いつもより激しく、水の中に沈めてそのままにしちゃいましたが、滲まずびくともしませんでした。
STORiA(ストーリア)顔料ボトルインク | セーラー万年筆 |公式ウェブサイト