読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

トラックボーラーとしてお安めのトラックボール3つを比較してみた。

パソコン ガジェット

1年弱くらいLOGICOOLのM570tという親指トラックボールを使っていました。ARCHISSの茶軸のキーボードを購入し、MacBook Airで使うようになってから、ポインティングデバイスも必要なので一緒に使っていました。単独で話題にはしていなかったようで、ELECOM ワイヤレスタッチパッド M-TP01DSWHを試したときに、ちらっとだけ話に出していました。
それまでトラックボールは、ボールが中央にあるLogicool マーブルマウスを使っていたので、親指トラックボールの操作感はどうかと思っていたのですが、M570tにはすぐに慣れました。M570tに不満は無かったのですが、ボールを取り出して掃除しようと、ひっくり返した時にうっかり落としてしまい、左ボタンが少し浮いてしまいました。

この状態でもクリックはできますし、使えないことは無いのですが、微妙に深く押さないといけなくて違和感があるので、買い直すことにしました。

M570tが一応まだ使える状態なので、同じものを買うのもと思い、若干安いELECOMのEX-G (M-XT1DRBK)を買ってみました。レビューを見ると、M570tに比べて、カーソルの動きが悪いという書き込みがあったのですが、ボールをM570tの青いものと取り替えると改善されるという書き込みもあったので、最悪交換すれば良いかと買ってみました。
心配していたカーソルの動きは、ボールの交換などせずとも問題ありませんでした。M570tよりボールが少しだけ側面に付いているため、私の持ち方だと手の筋が楽な感じで、なかなか良かったのですが、ホイールが今一でした。
ホイールの見た目はLOGICOOLっぽくて、良く回りそうなのですが、実際にはガクガクしていて、思ったところにスクロールできません。ストレスが溜ってだめでした。

そこでトラックボールの老舗、ケンジントンのOrbitTrackball with Scroll Ringを買ってみました。有線ということもあり、この3つの中では一番安いです。ケンジントンですし、ボールの動きはまったく問題ありません。ボタンはシンプルに二つ、スクロールはボールの回りの灰色の部分が回せるようになっていて、これでスクロールします。このスクロールリングが思ったところに止められて、速くも遅くも自由自在で非常に使いやすいです。
画像左側にあるのは、後ろに繋いで使うパームレストですが、私の持ち方では、パームレストが無い方が楽だったので付けずに使っています。