読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

唯一?の油性顔料ボールペン Rollyのリフィルをちょっと良い軸で使ってみる。

文具

顔料のボールペンは水性顔料やゲルの顔料のものが多いですが、おそらく唯一の油性顔料だけのボールペンがぺんてるのローリーです。

色々な筆記具の耐水性や耐光性をテストされている、こちらのページ (lightfastness) の結果でも、耐光性、耐水性、耐薬品性 (エタノールやアセトン) に対して抜群の強さを誇っています。またRollyには、黒赤青の3色があるのですが、上記ページ(lightfastness)によると、Rollyの赤と青も耐光性など強いそうです。
最近では、保存性を必要とする書類やノートには専らRollyを使っているのですが、Rollyには高級軸が無く、またRollyのインクを使ったパーカー互換芯等も無いのが、ちょっと残念です。

そこで、野原工芸さんの木のボールペン細軸タイプにRollyリフィルを入れてみました。ちなみに、野原工芸の細軸は、元々BTRF芯が入っていて、書き味に不満はありません。ただ油性顔料リフィルを使ってみたかっただけなのです。


リフィルの長さが違うので、RollyのリフィルをBTRFに合わせて切断し、バネを止める出っ張り部分の位置が違うため、元のバネでも使えますがテンションがかかるので、Rollyに付いているバネと交換しました。
ちょっと良いお気に入りの軸で油性顔料リフィルを使えるようになりました^^。