読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

小説家になろう系の本で最近買ったもの (本好き、クロの、最パラ、人狼副官)

以前紹介した「小説家になろう」のお薦め小説*1*2が、相次いで出版されたのでまとめ買いしました。
f:id:pgary:20160403223838j:plain
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~は、ウェブ版でも本当に完成度が高くて面白いのに、出版されたものは更にブラッシュアップされていて、毎回書下しの短編もついていて、そしてイラストが物語のイメージの通りで素晴しい1冊になっています。
成り上がるにつれてマインにできることが増えていくのが面白く、今巻でも一部の最初に比べればできることは格段に増えているのですが、次巻で二部が終わって、貴族院の学校に行ってからがまた面白いんですよね。累計12万部突破と帯にありますが、もっともっと売れてもらって、ずっとこの物語が出版されることを祈っています。ウェブ版で読んでも書籍版で読む価値が絶対にあります。

クロの戦記は、待望の1巻、物語の序盤の戦闘シーンが多く、熱い展開で面白いのですが、書籍版だと、クロノが「ヘタレなんだけどなんだかんだで部下や領民のためには死にそうになりながらも頑張る男」なのに対し、ウェブ版のクロノは「ヘタレなんだけどなんだかんだで部下や領民のためには死にそうになりながらも頑張る男だけど、ベッドの中ではちょっとゲスいところもある変態」で、ゲスいところの魅力が出ていないのが残念。書籍版にするにあたってマイルドにしたのでしょうが、これは書籍版を読んだ後、ウェブ版でゲス要素を補完したくなります。
リオについても明言を避けている感じですし、15禁くらいで完全版を出して欲しいくらいです。

最果てのパラディンは、元のウェブ版でも完成されていると感じましたが、書籍版も素晴しいです。挿絵も雰囲気にあっていてとても良くて、特にマリーをどう描くかに注目していたのですが、アンデッドだけど魅力的に描かれていて安心しました。

人狼への転生、魔王の副官は、前回お薦めした「小説家になろう」系小説には含まれていなかったのですが、更新を楽しみにしている作品です。週5で更新されていますし、テンポよく話が進み飽きさせません。
もう書籍になっているし、あえて紹介するまでもないかと思ったのですが、書籍版で読んでもやっぱり面白いし、書下しの短編もついていますので、改めて紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^