読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

8の字旋回でロットリング コア万年筆も生き返りました。

万年筆

8の字旋回を覚えてからというもの、これまで書き味が気にいらなくて放り出していた鉄ペン先の万年筆を引っぱり出し、調整して使っています。
趣味の文具箱vol.36のペン先屈伸運動と8の字旋回をやってみた。 - 趣味と物欲
ロットリング コアも8の字旋回で生き返りました。ゴツイキャップと軸、えぐれた持ち手部分、見るからに奇妙な万年筆です。持ち手部分はしばらく使ってくると慣れてきますが、いつもの自分の字とは違い、この万年筆に独特の筆跡になります。
ウォーターマンのカートリッジでフロリダブルーを入れてみましたが、フローはとても良い。それに先立ち、ペリカンコンバーターも挿してみたのですが、軸からコンバーターが抜けなくなって往生しました。
f:id:pgary:20160417233753j:plain
万年筆スタイルという10年前のムックに、この万年筆の愛用者が紹介されています。と言っても、ロットリングの代理店のサンフォートジャパンの方です。写真ではキャップをポストして書かれていますが、かなりリアヘビーになるので、私はキャップは付けない方が好みです。
f:id:pgary:20160417233802j:plain
このムックには各社の担当者が自分のお勧め万年筆と掲載されているのですが、セーラーの頁では、貴重なスーツ姿の石丸さんを見ることができます。