趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

ボールPentel 45周年限定モデルは型番はB100だけど、8mmボールのB50仕様じゃないですか、やったー!

ボール受けがデルリン樹脂で出来ている水性ボールペンのボールPentelは独特の書き味で、時々無性に使いたくなってしまうので、このブログでもこれまで何度か取り上げています。そんなボールPentelの45周年限定モデルが行き付けの文具店に並んでいたので、カラフルなパッケージに惹かれて7色セットを購入してきました。
www.pentel.co.jp
定番品の黒、赤、青の三色に加えて、緑、橙、茶、紫の4色があるという点にも惹かれて購入したのですが、早速書いてみると、いつも使っているボールPentelと何か違うような気がする??
f:id:pgary:20170717141955j:plain
型番がB100になっているのと、FRANCEの文字のインパクトですぐに気づかなかったのですが、軸をよくよく見ると「Φ0.8」と書いてあります。これは日本では販売中止になったボール径0.8mmのB50仕様ということです。ちなみに日本で今も販売されているボールPentelは、ボール径0.6mmで型番がB100になります。
f:id:pgary:20170717142922j:plain
上の画像は、左からB50、B100、45周年B100ですが、ボール径だけでなく、軸径もB50仕様の方が微妙に太いのです。この軸が太くて、文字も太く書けるというのが、がしがしとメモを取るのに良かったんですが、無くなってしまい残念に思っていたところ、海外向けにはまだ作っていたんですね。
f:id:pgary:20170717143215j:plain
軸色とインク色が異なるのはセットで見るとちょっと混乱してしまいますが、ペン1本ずつで見るとこの配色の方が面白く感じられます。定番のボールPentelも緑軸だけで、ペン軸のお尻とキャップのカラーパーツで見分けますので、そこを見る癖を付けるとよいでしょう。
ボールPentel 45周年限定モデルは、インクカラーが多いだけでなく、太軸・太字でヌルヌル書けるので、とってもお薦めです!!
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com
kobe-nagasawa.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^