趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

Core2Duo時代のMacBook Air再設定のためにMacOS Yosemiteインストール用USBメモリを作製する。

Core2Duo時代のMacBook Air 11inch (Late 2010)を再設定することになった。以前の持主のデータを消去するために、Disk Utilityでdiskは消去済み、電源を入れると起動用ディスクが無いのでフォルダに?マークが出る。元持主は購入当時のMac OS X 10.6 Snow Leopardで使用されていて、購入時付属の起動ディスク等は無い。
Snow Leopardのアップグレード用パッケージがあったので、USB外付けDVDから、その起動ディスクでインストールを試みるも起動途中でエラーになり、駐車禁止の様なマークが出る。Late 2010はSnow Leopard発売後の機種なので対応できていないということだろう。
幸い、以前ダウンロードしたMacOSのインストール用ファイルがあったので、そちらからインストールメディアを作製することにした。Office 2016 for Macが対応しているのが、10.10 Yosemite以降なので、YosemiteのインストールメディアをUSBメモリに作製する。
下記のページの説明が分かりやすかったので、こちらを参考にさせていただいた。
y2blog » OS X Yosemite のUSBインストールディスクの作成方法について(初心者向け)
Yosemiteのインストール用ファイルは外付けHDD (USBHDD)中にあり、元の名称は「OS X Yosemite インストール.app」なのだが、スペースが入っていると面倒なので、「OSXYosemiteinstall.app」に名称を変更した。
USBメモリはフォーマットした16Gのメモリ (UNTITLED) を用意した。
Spotlight検索からTerminalを起動し、sudo mountとしてパスワードを入力すると、USBHDDとUNTITLEDという名称のUSBメモリがどこにマウントされているか分かる。

$ sudo mount
/dev/disk2s1 on /Volumes/USBHDD (exfat, local, nodev, nosuid, noowners)
/dev/disk4s2 on /Volumes/UNTITLED (hfs, local, nodev, nosuid, journaled, noowners)

上記したマウントされた場所に合わせて下記の様にTerminalに入力する。適当なところまで入力してtabキーを押すと補完される。

$ sudo /Volumes/USBHDD/OSXYosemiteinstall.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/UNTITLED/ --applicationpath /Volumes/USBHDD/OSXYosemiteinstall.app/

上記見た目は改行されていますが、実際は一行です。

Ready to start.
To continue we need to erase the disk at /Volumes/UNTITLED/.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y

Yを入力

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...

ここまでは比較的早いのだが、ここでTerminalのカーソルが点滅してしばらく待たされた。

Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

Yosemiteのインストールメディアが完成した。
Yosemiteのインストールメディアから起動したら無事Yosemiteがインストールできた。
MacBook Air Late2010は、まだHigh Sierraも対応しているので、今後上げるかどうかは様子を見ながら決めます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^