趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

万年筆

プラチナのアマビエ様万年筆を購入しました

プラチナのアマビエ様ペン、九州だと、石丸文行堂本店、山形屋、紀伊国屋書店 久留米店の3店の取扱いで、どこも微妙に遠いので通販で入手しました。 通販の方も、PEN☆STARSか、Lichtope Online Store|リヒトープ オンラインストアしか取り扱いが無いので、…

万年筆のインナーキャップぜんぶ抜く (全部は抜けてない)

万年筆のインナーキャップを外して洗いたい。 不透明のキャップなら、見えないので、あまり気にならないけど、透明のキャップのインナーキャップ裏にインクが回ったりすると、とても気になる。 以前も紹介しましたが、パイロットの万年筆のインナーキャップ…

ペリカン DION万年筆のラバーコーティングのベタベタをセスキで落とす

デザインや書き味は気にいったけど、未だかつて無い程ラバーコーティングの劣化が激しく、ベタベタして握ってられないので、「ラバーコーティングするなよ〜〜〜」と怒り嘆き悲しみ放り出していたペリカンのDIONですが、重い腰を上げてラバーコーティングを…

万年筆談話室・開室2周年記念モデルには文染02葉緑を入れた

最近は基本、万年筆の軸とインクのメーカーを揃えるようにしていたのですが、万年筆談話室・開室2周年記念モデルは、軸色を見た瞬間、TAGの文染02 葉緑を入れたい!とそれしか考えられなくなったので、予定通り葉緑を入れました。 ペン先はBS-Fです。 万年筆…

万年筆メーカー以外の染料インク用に、永生パーカー風5本セット2千円

最近なんだか大人しくなったのか、原点回帰なのか、万年筆とインクのメーカーを極力合わせるようにしているので、万年筆を作っていないインク専業メーカーの染料インク用の万年筆として、Wing Sung (永生) のパーカー風万年筆を導入しました。 5本で2000円ポ…

WAGNER2020が届きました。M鉈研ぎは素晴しい!

WAGNER2020万年筆が届きました。今回は、たこ娘さんプロデュースとのことで、いつもとちょっと違った可愛らしさの入ったデザインになっています。 万年筆評価の部屋:萬年筆研究会 2020年の限定万年筆 〔WAGNER 2020〕 の ご案内 軸色から入れるインクの候補…

プラチナ CURIDAS ノック式万年筆のペン先3種比較

プラチナから新発売のノック式万年筆 キュリダスには、ペン先がEF (極細)、F (細)、M (中)の3種類用意されています。 PLATINUM PEN CO,LTD. JAPAN “curidas” 最初にFを買ったのですが、気になるのでEFとMも購入しました。 軸の色は上から、アーバングリーン…

何だか垢抜けたよねって感じのするKACOGREEN RETRO万年筆

TAGの葉緑インクを紹介した時にしれっと使っていたKACO RETRO万年筆ですが、万年筆単体では紹介していませんでした。と言ってもこの万年筆、既に色々なところで紹介されていて語り尽くされているかと思いますが、、、。 TAGの葉緑をようやく開けました - 趣…

ペリカンM600の取れてはいけない首軸のところが取れてしまったので記録しときます

先日話題にした「ラジオ英会話」のscriptを、ペリカンM600万年筆で、ほぼ日手帳に書き写していたのですが、調子良く書いていると、首軸からポリッ、コリッというような感じの音がして、あれっと思ったらポロッと首軸が外れてしまいました。インクが漏れて大…

筆箱定点観測 2020年4月2日

最近、つくしペンケースの中の万年筆が固定されてきて変化が無いので、このあたりで記録しておきます。ペンケースは相変わらずのつくしペンケース、もう10年くらいでしょうか長い付き合いになってきました。 万年筆は右から順に、NAMIKIファルコンにパイロッ…

古典ブルーブラックと万年筆と私 1 黎明篇

はじめに 古典インクの自作について、私なりのこだわりがあるのですが、そのこだわりの部分だけ話しても、何故そこにこだわるのか分かってもらえなかったり、誤解されたりしそうなので、自分の考えを整理する意味でも、古典インクと関わりだした最初の最初か…

プラチナのノック式万年筆キュリダスを天神とうじで購入

プラチナ キュリダスをネットで注文していたのですが、2月28日発売予定だったのが、3月20日まで延期されたので、先行販売をしている天神のとうじで購入してきました。天神のとうじは、福ビルから、天神きらめき通りに移転しています。 PLATINUM PEN CO,LTD. …

プロフィット長刀エンペラーレアロには顔料インクstoria Fireを入れて

昨日の記事の裏書きできるキャップレス長刀研ぎをお願いする元になったのは、プロフィット レアロ 長刀エンペラーです。 神戸ペンショーの記事の時にも書きましたが、長原お父さん先生に調整していただいて裏書きでも滑らかに書けます。 pgary.hatenablog.co…

キャップレス長刀研ぎマットブラック剥しブラス軸

色々な部分をゴリゴリに弄ってしまったので、自分で使う以外ない状態のキャップレスマットブラックです。マットブラック塗装が剥れやすいので、いっその事全部剥してしまえと、リューターとヤスリで剥してコンパウンドで磨きました。握るとブラスの金属臭が…

プラチナのキャップレス万年筆CURIDAS (キュリダス) が公式でも発表されました

先行して、楽天で予約を受け付けているショップやナガサワ文具センターの新製品紹介で情報が出てはいましたが、プラチナ公式でも発表されました。 kobe-nagasawa.co.jp プラチナのキャップレス万年筆CURIDAS (キュリダス) です。 ナガサワのページの情報でも…

中屋万年筆の碧溜に合わせてオーダーしたdrkrさんのペンジャケットが届きました

神戸ペンショーでdrkrさんにオーダーしていたペンジャケットが届きました。これでdrkrさんのペンジャケットは3つになりました。 一番上の緑のものが、今回、中屋万年筆のシガー十角碧溜ツイストに合わせてオーダーしたペンジャケットになります。 シガー十角…

新年筆はPILOTのPlumixでした

交通手段が失われ陸の孤島に閉じ込められて、期せずして丸善ジュンク堂に寄ることになったので、つい新年筆としてPILOTのPlumixを購入してしまいました。 カートリッジ1本と、本体にはCON-40がセットされた状態でパッケージになっています。Plumixと言えば、…

ストーリオ (STORIO) 曲げ木の1本差し万年筆ケースに中屋を入れています

先日、中屋万年筆に合わせてdrkrさんのペンジャケットをオーダーした話を書きましたが、出来るのを待つ間は、中屋が収まり、保護性能も高い万年筆ケースとして、手持ちの中から、ストーリオ(STORIO)という曲げ木の1本差しケースを使っています。 国内産のカ…

プラチナ万年筆 100th ANNIVERSARY BOOKを購入しました

しばらく買いに行けそうにないので、例によってAmazonに注文していた「プラチナ万年筆 100th ANNIVERSARY BOOK」が届きました。プラチナ万年筆 100th ANNIVERSARY BOOK (ブランドブック)作者:出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2019/12/18メディア: 大型本実質…

神戸ペンショー 二日目 後半戦 キャップレスの調整をお願いし、広島半さんに軸を褒められるなど

もう一本昨日と同じ様に調整してもらおうと思ったものの、持ってきている万年筆の中で調整してもらえそうなのがキャップレスしかありませんでした。 元は調整してもらうつもりではなくて、軸のかもし具合をWAGNERの森師匠に見ていただこうと持ってきていたも…

神戸ペンショー2019 二日目 前半戦 ericさんのワークショップに参加するなど

さて、神戸ペンショー二日目、10時少し前についてしまい、まだ門が開いていなかったので、10時ちょうどになるように、辺りをぐるっと廻って時間調整してました。 入口で500円払い、ナガサワの袋は前日いただいたのでお断りして、The nib shaperさんの順番を…

神戸ペンショー2019 一日目 後半戦 インクを買ったり、万年筆を調整して貰ったり

The nib shapeさんの順番待ちの間に会場をぐるぐる廻っていました。見たいものはたくさんあるけれど、とにかく人が多いので、他の参加者の方やお店の方の邪魔にならぬ様に、あまり足を止め過ぎないよう回遊します。 廻っている間にインクを2本購入、1本は天…

神戸ペンショー2019 一日目 前半戦 drkrさんのペンジャケットをオーダーするなど

行って良いよ〜とお許しが出たので、いそいそと電車と宿の予約をして行ってきました神戸ペンショー2019 11時ちょうどに着くくらいに、新神戸から三宮に移動しているくらいのところで、ツイッターの #kobepenshow タグをチェックしていたら、もう1階まで並ん…

いつの間にか増殖していたCON-70

CON-40か50を探して、コンバーターの保管箱を探したら、CON-70ばかりやたら出てきた。 黒いのは845に付属のものと、dunhillブランドのものです。 大容量に惹かれて一頃70ばかり使っていたけど、そのうちインクを色々取り換えながら試すことが多くなり、40や5…

スリップシール機構の特許に関する誤解を解く

紙様のところで紹介されていた60年代透明軸のモンブランのキャップに装着されていたスプリングを元に、スリップシール機構がパクリだと言われるのは、あんまりだと思ったので誤解を解いてみたいと思います。 ameblo.jp blog.livedoor.jp プラチナのスリップ…

万年筆をインクで洗ってなじませる方法に関する趣味文の記事

「調子の良い万年筆を洗浄するもんじゃない」という記事を書いた時、頭の中に浮かんでいたイメージとして、万年筆の製造工程で、ペン芯を大量に籠の中に入れて、液体に漬けられているというのがありました。 pgary.hatenablog.com 何の本で見たのか気になっ…

白星さんの「やはりたまには洗浄しましょう」の記事はアンサーソングなのかな?と思って返歌してみる

白星さんの「やはりたまには洗浄しましょう」の記事は、「調子の良い万年筆を洗浄するもんじゃない - 趣味と物欲」の記事へのアンサーソングなのかな?と感じたので返歌を書いてみます。 blog.livedoor.jp 私の記事は、あくまで「調子の良い万年筆を洗浄する…

調子の良い万年筆を洗浄するもんじゃない

この間の長崎のWAGNERで「どれくらいの頻度で万年筆を洗浄したら良いか?」ということを聞かれたので、「調子が悪くなったとか、インクを変えるとかするんじゃなければ、調子良く書けている万年筆を洗浄するもんじゃない」ということを力説して来ました。そん…

マツヤ萬年筆病院で入手した旧プレスマン

マツヤ萬年筆病院では、うっかり万年筆を増やさないように気をつけながら、でも何か見つけたら、うっかり落ちても良いかなと思いつつ、じっくり見て回っていたのですが、結局プラチナのプレスマンを買ってしまいました。 ロゴが違う金属チャックの旧プレスマ…

R&Kのライニガー万年筆洗浄液のpHを調べてみた。

大丸藤井セントラルのセールで購入した万年筆洗浄液 ローラー&クライナー (R&K)のライニガー (reiniger)です。説明書など入っていなくて、使い方の手掛かりはラベルに書かれた文字だけ、「fill 5min - rinse」と説明不足にも程があります(^^; 瓶の中には洗浄…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little