趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

自作インク

万年筆談話室・開室2周年記念モデルの軸色に合わせて古典インクを調色しました

万年筆談話室・開室2周年記念モデルには、TAGの文染02葉緑を入れて使っていました。軸色に合った良い色の淡い緑色なのですが、如何せん薄くて実用するには辛くなったので、軸色に合わせて古典インクを調色しました。 色を見ながら適当にインクを足していった…

古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか

見つけにくいとのことなので、まとめてみました。 私が古典インクに、はまっていく過程を詳細に記しています。 pgary.hatenablog.compgary.hatenablog.compgary.hatenablog.compgary.hatenablog.compgary.hatenablog.compgary.hatenablog.compgary.hatenablo…

古典ブルーブラックと万年筆と私 8 乱離篇

聿竹さんからの依頼 2018年11月に聿竹さんからTwitterのDMで青色1号古典インクを分けて貰えないかと連絡がありました。聿竹さんと言えばヌルリフィルで有名です。ヌルリフィルの商標登録ができたので、その記念として泉筆五宝展に並べたいとの依頼でした。 …

古典ブルーブラックと万年筆と私 7 怒濤篇

プラチナ万年筆との話し合い 急いで日程を調整して、自作インクの試作品と資料を持って東京に飛びました。森さんと合流して、プラチナ本社を訪問し、中田社長をはじめとするプラチナ万年筆の方々と3~4時間くらい話をしたでしょうか。 終始和やかな雰囲気で…

古典ブルーブラックと万年筆と私 5 風雲篇

アスコルビン酸洗浄法の開発 古典ブルーブラックは二価鉄が酸化されて三価鉄になり、タンニン酸や没食子酸と水に溶けないキレート化合物を作り固まっている、それなら還元してやれば溶けるはず、と今考えてみれば当たり前のことですが、それまで使われていな…

古典ブルーブラックと万年筆と私 4 策謀篇

古典ブルーブラックか否か ブルーブラックインクが古典ブルーブラックなのか、そうでないのか、当時の万年筆愛好家の方は、筆記時の感覚や、書いたものを水に濡らした時の筆跡の残り方で、ほぼ正確に把握されていました。 色々な方の意見を総合してみると「…

古典ブルーブラックと万年筆と私 3 雌伏篇

WAGNERに初参加 WAGNERが福岡に来る!ということを、森さんのブログで知り、参加してみたい、でもちょっと怖い、と会場に着くまで悩みに悩んだあげく、興味が勝って参加しました。 2009年7月12日のことです。WAGNER九州大会に参加 - 趣味と物欲 参加してみる…

クラシックインク マイカラー ブルーと喜望峰の比較

サトウヒロシさんの実況動画を観て、クラシックインク マイカラー ブルーのシアン系の青が気になっていたのですが、やっと重い腰を上げてAmazonで購入しました。 pgary.hatenablog.com 喜望峰と比べてみました。 書き始めはもっと似ているのですが、しばらく…

万年筆評価の部屋のブログに古典ブルーブラック試作品の話がチラッと出ていました

だいぶ長いこと見逃していたのですが、森師匠の万年筆評価の部屋の記事に、チラッと古典ブルーブラックインクの試作品の話が出てました。 万年筆評価の部屋:〔万年筆談義〕へのサイン用万年筆はスチール製ペン先! このプロシオンは調整部屋のペントレイに置…

古典インク喜望峰を入れてるステンレスペン先の万年筆

古典インクを無闇に怖がる必要はなく、金ペンが必須でもなく、現代のステンレスペンなら鉄ペンでも使えますよ。だってプレピーに付属のブルーブラックは古典ブルーブラックじゃないですか。 と事ある毎に言ってますが、じゃあ自分はどうなんだよ!ということ…

WAGNER 2019のチビ鉈研ぎはファーストタッチから書き味の良さが分かる凄さ。

WAGNER 2019万年筆は悩んでいるうちに締め切られてしまったので諦めていたのですが、WAGNER黄黒インクとは別の色素で調製した黄色系インクの色がWAGNER 2019の黄色軸に合いそうだなと思ったら、また欲しくなってしまいました。 上記画像の上側が別の色素で作…

色素無し古典インク原液のボトル中での経時的な色の変化

3月15日に調製した全く同じ古典インク (没食子インク, iron gall ink) の原液 (色素が入っていないもの) ですが、調製直後に瓶に詰めたもの(左)と3時間くらい経ってから詰めたもの(右)ではこれくらい色が違います。右側は黒いけれど、後ろに置いてる鉛筆が透…

プロシオン ターコイズブルーと喜望峰インク

プラチナ プロシオンがいいぞ!という話をよく聞くのと、プロシオンのターコイズブルーが喜望峰インクにピッタリだと思ったので入手してみました。 プラチナ万年筆ニュースリリース 初回ロット限定のカートリッジも付いています。ペン先はより滑らかだと言わ…

聿竹さん御依頼の万年筆用古典インク喜望峰を調製しました。

はい!どーんと5Lです。 万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloonの聿竹さんに御依頼を受けた万年筆用古典インクを調製しました。ヌルリフィルが登録商標になる記念のインクです。 この話をいただいた時、「ヌルリフィルと言えば遊色のイメージなので、ミク…

想定していたのと違う色になりましたが、これは確かに緑黒の古典インクです。

自作インクを提供する時は、少量取っておいて時々変になっていないかチェックしています。 ソウルペンショーと神戸ペンショーのワグナーブース向けに調製した緑黒インクを久し振りにチェックしたら、当初想定した色とずいぶん変わっていて、ちょっとギョッと…

Seoul Pen Showで配布されたWAGNERインク緑黒、茶黒

万年筆の深窓にSeoul Pen Showの記事が上がっていましたが、持ち込まれたWAGNERインクは無事完売されたとのことです。 万年筆の深窓:「第9回 Seoul Pen Show」報告 以前も配布されたことのある緑黒と茶黒ですが、青の色素を変更したのに、色素の混合比率を変…

自作古典インク Light Blue Blackのご感想をTwitterでいただいたので紹介します。

少し前の記事で紹介した、原点に戻って調製した明るい色の古典ブルーブラックインク (Light Blue Black) です。 pgary.hatenablog.com ご試用をお願いした、しゅんさんから、インクのご感想をいただいたので紹介します。遅くなったが、届いた凄いインクのレ…

この色が自作古典インクの原点 Light blueblack

この色が原点。 「古典的ブルーブラックを作ってみた。 - 趣味と物欲」と言って、一番最初に試作した自作の古典インクは、手元にあった色素の関係で、この水色?、ライトブルー?、ターコイズブルー?という感じの色でした。 その後、所謂普通のブルーブラッ…

夏休みの自由研究に古典的なインクの調製はいかが?

この時期になると全国の小中学生の親御さん達は、夏休みの宿題、中でも自由研究に頭を悩ませられていると思います。 子供の自主性を重視するなら、ハイラルの地図とかスプラトゥーンのギアの組合せとかでも良いんじゃないかと思ったりもしますが、なかなかそ…

久し振りのWAGNERインク青黒、赤黒がSeoul Pen Showで配布

プラチナ クラシックインクとの絡みで、しばらく調製するのを自主規制していたのですが、プラチナの中田社長にお伺いを立ててみたら、快くOKをいただけましたので、少しだけ再調製してました。 プラチナ クラシックインクもKWZ IG INKもあるので、どうかと思…

第7回 Seoul Pen ShowのWAGNERインク

aurora_88さんの万年筆の深窓の記事によると、Penhood & WAGNER 共催 第7回 Seoul Pen ShowでもWAGNERインクは完売したそうです。 万年筆の深窓:過ぎたるは 万年筆の深窓:「Penhood & WAGNER 共催 第7回 Seoul Pen Show」報告 中身は、第16回 ペントレ東京 W…

WAGNERインクは念のためにピンクゴールドメッキの万年筆では使用されないでください。

配布されたWAGNERインクに関しては自分でも使ってみて、配布後も継続的にチェックをしています。 今年配布された茶黒をWAGNER2015万年筆に入れて使っていたのですがメッキが剥がれているのに気づきました。 以前は他のインクを入れていたこともあるので、因…

第16回 ペントレ東京 WAGNERインク2016の話題

第16回 ペン・トレーディング in 東京 (万年筆評価の部屋:2016年4月23日(土)、24日(日)は、第16回 Pen Trading in 東京です! *** 将来日付でのご案内 ***)で配布されたWAGNERインク2016の話題を見つけたらこちらに保存します。 万年筆の深窓:お礼とお願…

赤黄緑茶

黄黒と赤黒は色の変化を楽しむ色 緑黒と茶黒はより実用的な色 (を目指して調製しています。) 緑黒も茶黒も (変化すると) かなり黒くなります。 万年筆の深窓:緑茶 赤黒、黄黒に比べると、色の変化の劇的さは少ないですが、緑黒も茶黒も落ち着いた色で使いや…

万年筆用染料・顔料・古典インクの耐水性・耐光性・耐インキ消性の比較結果

pgary.hatenablog.com上記の記事で、2014年5月に染料・顔料・古典インクがガンヂーインキ消しでどれくらい消えるか試した時の紙が下のもので、水には耐える染料や古典のインクもガンヂーインキ消しではきれいに消えてしまいます。 正式な書類にはブルーブラ…

万年筆ライフが届いたので早速ブルーブラックインクの記事をチェック、、ムムム。

「ブルーブラックインクを極める」という記事が載っているということで楽しみにしていた「万年筆ライフ」が届きました。 おお、いきなり@enu_teaさん登場、更にキングダムノートがインクを提供し、趣味の文具箱Vol.32に引き続き、プラチナのインク技術者の方…

古典ブルーブラックと相性の悪い色素について。

白星さんのブログで色遊びさんの研究結果として、古典ブルーブラックインクと染料インクを混ぜたときのトラブルについて書かれていたので、 トラブルのは染料と顔料の混合、顔料と古典BBの混合だ。 なんと古典BBと染料は・・・条件によってあり! ご参考まで…

WAGNER INK 2015 10th Anniversaryの話題

万年筆の深窓:WAGNER2015インク・頒布方法の告知とご協力のお願い 万年筆の深窓:WAGNER2015インク:瓶詰め作業 「第15回 ペン・トレーディング in 東京」の戦利品 | みちくさ通信 万年筆の深窓:【第15回ペン・トレーディング in 東京】:報告 ソウルペンショ…

1962年の暮しの手帖 ブルーブラックインクの記事

masahiro万年筆製作所のブログの『暮しの手帖』の万年筆記事というエントリで、昭和37年5月号の暮しの手帖にブルーブラックの記事が載っていると知り、探していたのですが、ようやく古本で手に入れることができました。 「インクは国産品で十分です」という…

ミックスフリーでドのインクっぽく変色するインクを作れるか試してみた。

第一回目のプラチナ ミックスフリーインクで変色するインクを調製してみた時は、よくある青→緑のインクが作れるか試してみましたが、今回はいただきものの貴重なインクっぽいのが作れるか試してみました。 精製水でペーパークロマトグラフィーをやってみると…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little