趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

趣味の文具箱の万年筆インク掲載数の変遷アップデート INK CATALOG 万年筆インクを楽しむ本

2020年5月8日の「INK 万年筆インクを楽しむ本」から2年、「INK CATALOG 万年筆インクを楽しむ本」が発売されたので購入しました。前回が2000色なので、それから500色増えて2500色収載されています。

これまでの趣味の文具箱掲載インク数の変遷をまとめたのが以下の表とグラフです。

号数 趣味文
発行日
インク
掲載数
備考
9 2008/1/30 208
14 2009/8/10 207 高橋良香 氏によるLab測定開始
21 2011/12/20 14号に追加
25 2013/3/20 21号に14色追加
28 2013/12/20 25号に58色追加
32 2014/12/20 431 28号に33色追加、6色削除
36 2015/12/10 470
40 2016/12/10 539 36号に56色追加
44 2017/12/20 602 40号に34色追加、デルタを削除
47 2018/9/20 747 44号に135色追加、2色削除
51 2019/9/5 1517 ペン&インクブランド804色、ショップオリジナル713色
INK 2020/5/8 2000 INK 万年筆インクを楽しむ本
55 2020/9/7 965 ペンブランド369色、インクブランド596色
59 2021/9/6 1017 ペンブランド374色、インクブランド643色
INK 2022/5/9 2500 INK CATALOG 万年筆インクを楽しむ本

前回より若干増え方が減ったようにも見えますが、新規インクメーカーの参入とショップオリジナルインクの増加により、まだどんどんと増加しています。

2年前の「INK 万年筆インクを楽しむ本」に関する記事の中でも書きましたが、趣味の文具箱では古典インクという用語が使用されています。
pgary.hatenablog.com

タンニンおよび鉄イオンを含む万年筆用インク」のことを何と呼んでいるかというアンケートを取っていますので、良かったらご回答をお願いします。
pgary.hatenablog.com

今回の「INK CATALOG 万年筆インクを楽しむ本」では、「シェーファーのインクボトルが2022年6月から、昔のようなリザーバー付きのものになる」というのが個人的に大ニュースでした。

シェーファーのリザーバー付き瓶は使い勝手が良く、他のインクを入れて再利用しています。

pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

hontoの期間限定価格で、本好きの原作やコミックが結構安くなっている。

コミックでは、一部のコミックセットが82%OFFで一番値引率が大きい。
honto.jp

次が四部の49%OFF
honto.jp
四部はローゼマインが出来ることが、どんどん加速していく原作でも面白いところで、更にベイビーステップ勝木光 先生の作画が素晴らしいのです。
ちなみに勝木(かつき) 先生が作画に採用されたのは、香月(かづき) つながりなんだろうか。

三部は40%OFF
honto.jp

二部は33%OFF
honto.jp


江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる をカートに入れたままにしていたら、急に安くなったのでセールが始まったのを知りました。
honto.jp

今となっては趣味の領域、ワープロ本を読む

今となっては本の内容を活かすことは、ほとんど出来ないのですが、歴史本のつもりで古いワープロの本を読んでいます。
それぞれの本の発行年は、

f:id:pgary:20220403181455j:plain

どの本も梅棹忠夫 先生の「知的生産の技術」の影響を色濃く受けていて、パソコンやワープロをどう知的生産の技術に活かしていくのか、という話題が多いです。
マイコンによる知的生産の技術」~「ワープロ書斎術」まではワープロと言えば専用機で、だいたい300万くらいする機種が主流です。
「知的ワープロ生活術」では、まだ専用機の話が主ですが、98で動く松85が話題になり、パソコン驚異の10年史では、大ヒットした日本語ワープロソフトとして一太郎が出てきます。
「知的生産の文化史」は副題で「ワープロがもたらす世界」と謳っていますが、粘土板に始まり筆記具の歴史に割いたページが多い異色の本です。ワープロでは、携帯性の高い機種としてOASYS Pocketが出てきます。

「知的生産の技術」が今でも色あせず、読み継がれているのは凄いです。現代のOASYS Pocketと言えば、pomeraですね。
デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART