趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

万年筆用自作インクにいただいた感想1

私の自作している古典ブルーブラックインクのモニターを募集してから、なかなか応募いただけなかったのですが、募集から1ヶ月くらい経って、初めてテストしてもよいという方が現れました。Museさん、感謝いたします。早速インクを送らせていただいたのですが、最初の感想が送られてきました。以下に引用させていただきます。

配布を受けた3色のうち、手始めにCape codを使ってみることにする。テスト用にはパイロット・デスクペン[DPN-200-B-F]を使う。スポイトの用意はないので、コンバータに直に注いだ。さらさらのインクである。インクフローは良い。パイロット・カートリッジインクより書き味がいい。書き始めて驚いた、濃い緑なのだ。ブルーブラックではなかったのか?? 万年筆のペン先から緑のインクが出るのをはじめて見る。緑の色は目には優しい。一時間程経つと濃紺に変化した。面白い。書いているときと定着したときの色が違うのである。

ということで、概ね好評のようなので安心しました。ちなみに今回配布させていただいたインクは、没食子酸鉄インクをベースとしたブルーブラック系のBlue bayouxと深緑系のCape codの2色と色素の入っていない没食子酸鉄インク原液です。この中からまず、Cape codを試していただいたようです。私自身はCape codをプラチナのBelAgeという昔の万年筆に入れて使っています。Cape codは、書いた直後は、かなり緑々した色をしているのですが、直ぐに黒っぽく深緑になり、何日か経つとほとんど黒と言ってもよい色になります。色素的にはブルーとイエローを混ぜた色になります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little