趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

シュミット easy FLOW 9000とパーカー QuinkFlowリフィル

こちらの記事 (手帳とノートのブログ  【PARKER/パーカー】QuinkFlow(クインクフロー)ボールペンリフィル)を読んで気になっていたPARKERの低粘度リフィルがOffice Depotにあったのだが、ブラックのF (0.5mm)とブルーのM (0.7mm)で、ブラックのMはまだ旧タイプだったので購入せず。1本$5くらいだった。Amazonで安く売っているかと思ったのだが見つけきれず。
最近よく使っているボールペンはパーカーのジョッターにeasy FLOW 9000リフィルを入れたもの、ブロムフィール堂さんでブログ開設一周年記念品として配布されたのと同じ構成です (Penペン草子 万年筆初心者の断想:緊急告知 ブログ一周年記念限定品 完成!! - livedoor Blog(ブログ))。
このeasy FLOW 9000リフィルは上記ブロムフィール堂さんとぺん★ぱれーどっ!さんの記事 (ぺん★ぱれーどっ!:S.T. Dupont Ballpen Refill "easyFLOW" - livedoor Blog(ブログ))を読んで購入したのですが、確かに書き味が素晴しい、低筆圧でスラスラと書けます。6月の終わりから使いはじめたのですが、使用頻度が高く1ヶ月ちょっとで1本使い切りました。こちらはAmazonにて購入、6本で$24くらいなので1本$4くらいです。ブラックのMとブルーのMを購入したのですが、ブラックはシュミット純正、ブルーはレトロ51のものが送られて来ました。
以前書いたように (強烈にアメリカを感じるペンが欲しくなりRETRO51のローラーボールを購入 - 趣味と物欲)、RETRO51のボールペンリフィルにはeasy FLOW 9000が採用されています。
今は一時的に元々ジョッターに付いていたパーカーの純正リフィル (QuinkFlowではないもの)に戻しているのですが、一度easy FLOW 9000を味わってしまうと元のリフィルには戻れませんね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little