趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

アスコルビン酸で古典ブルーブラックインクの筆記線は消えるか。

前回紹介した論文 (2012-08-24 - 趣味と物欲) には、インク消しの処方が書かれており、A液:シュウ酸水溶液、B液:次亜塩素酸ナトリウム水溶液 となっています。シュウ酸は、アスコルビン酸クエン酸と比較した記事 (2012-07-17 - 趣味と物欲) に書いたように、キレート能のある還元剤、次亜塩素酸ナトリウムはハイターなどでお馴染みの酸化漂白剤です。ガンヂーインキ消だと、赤液がシュウ酸水溶液、白液が次亜塩素酸ナトリウム水溶液で、赤液→白液→赤液と塗りますから、還元→酸化(漂白)→還元として消していることになります。

還元して古典ブルーブラックを消去するのは、古典ブルーブラックを使っていた万年筆をアスコルビン酸で洗浄する (2010-03-02 - 趣味と物欲) のと同じ原理です。今回はアスコルビン酸で古典ブルーブラックの筆記線が消せるか試してみました。


サンプルは、Wagner2012古典ブルーブラックインク(青緑系)と古典だったころのパイロット 旧ブルーブラックインキです。筆記から十日後に試験を行いました。


サンプルの右端の部分を拡大したもので、がWagner2012、パイロット旧BBです。撮影には、デジタル顕微鏡モードのあるデジカメ (PENTAX WG-2) を使用しました。


たっぷりの流水で洗い流したところです。水だけだと、しっかり筆記線が残っています。


10%のアスコルビン酸水溶液に1分程度浸漬した後です。筆記線がかなり薄くなりました。没食子酸鉄(タンニン酸鉄)の黒色が還元されて消え、残った色素の色で青く見えていると考えられます。


更に、ガンヂーインキ消の白液を塗ってみました。Wagner2012に使用した青の色素は、パイロットのものより漂白されにくいようです。ロディアの紫のラインも漂白されずに残っています。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART