趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

ペリカンのth.INKが気に入ったので、DIONも試してみたら更に気に入りました。

今年の初万年筆はペリカンのth.INK(シンク)でした。鉄ペンでも良いものは書きやすいことを再認識させられた1本で、デスクサイドで何かと出番の多いペンになっています。ペリカンで、シンク(thINK)の1つ上のグレードにあたるペンがDIONで、こちらも気になっていたのですが、スタンプラー(スタンプ+ホッチキスでニコ?顔のアイデア文具スタンプラー)を購入する際の送料無料調整用に買ってしまいました。

どちらもペン先のサイズはFで、実際書いてみてもほぼ同じ太さに見えますが、感覚的には極わずかにDIONの方が細いです。デスクペンの尻尾部分を切り落した様な形の軸は、黒い部分はゴムの質感なのですが、銀色の部分は金属なので、ゴムグリップが苦手な私は金属部分を持って使っています。全体的な印象はウォーターマンのオーダスに似ているように思いますが、オーダスが完全に女性向けだったのに比べると、男女どちらが使ってもおかしくないデザインです。
WATERMAN 「オーダス」 のレビュー: 細字万年筆にこだわる

軸違いでペン先は同じものかと思ったら、DIONの方にはハート穴があるし、ペリカンのマークも刻印されているし、全く違うものでした。DIONの方が、筆記時にわずかに弾力があるように感じられます。

クリップがトルクスねじで留めてあるので、ZEAKさんも言われていますが、まるでモンブランのマークの様(ペリカンから美しいデザインの万年筆出ました。DION: 私的電脳小物遊戯)、いっその事、ホワイトマーカーで白くしてみました。
最近、デスクペンの書きやすさを見直しているのですが(金ペン化っ! デスクペンの軸は伊達じゃない LAMY編)、DIONの書きやすさもデスクペン風の軸にあるのではないかと思います。ディオン(DION)も良く使うペンの1本になりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little