趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

鉛筆型のシャープペンシルは日本製のHIGHTIDE シャープペン クラウン

KAWECOスポーツ万年筆用コンバータを分度器.comから購入したとき、送料無料のために、ちょこちょこと買い足したもの第2弾。HIGHTIDEのシャープペン クラウンです。

ブラック,ホワイト,ワイン,イエロー,ネイビー,グリーンと色々な軸があるのですが、消しゴム付きの鉛筆といえば黄色でしょ、ということでイエローを購入しました。軸には王冠マークと「ペンは剣より強し (The pen is mightier than the sword.)」の文字があります。

HIGHTIDEのページによると、日本で生産されているそうです。芯を固定するチャック部分が全金属製なのが嬉しいです。OHTOにも木軸のシャープペンシルがありますが、OHTOのはもう少しペン先の角度が急です。HIGHTIDEの方が自然な角度のように感じられます。

芯を入れるチューブはプラ製で、木軸の中に通っています。

OHTOのAUTO復刻版ボールペンと比較、シャープペン クラウンの方は明るめの黄色、AUTOの方は山吹色をしています。どちらもバランスが鉛筆に似ていて書きやすいです。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART