趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

プラチナ プロユース MSD-1500は、製図用なのにコロッとした太軸のシャープペンシルで手になじみます。

万年筆をメインで使っているためか、ボールペンやシャープペンシルも太軸の方が手になじみます。これまでにも、カスタム74やカヴェコスポーツのシャープペンシル、トンボ ZOOM505shや、ぺんてる ケリーなどの太軸のシャープペンシルをよく使い、ブログでも紹介しています。

先日、プラチナ プレスマンの新色を紹介しました。プレスマン自体は鉛筆と同サイズの細軸シャーペンなのですが、プラチナの商品一覧 (シャープペンシル アーカイブ | プラチナ万年筆) を見ていたら製図用にしては太くてコロッとしたシャープペンシルがあることに気が付きました。
pgary.hatenablog.com

プラチナの製図用ペンは、300,500,1000,1500円の4種類あるのですが、一番高い1500円のプロユース MSD-1500です。
こんな特徴的なペンなのに、これまで文具店で見た記憶がありません。天神の丸善にも300円のプロユース MSD-300しかなかったと思います。

f:id:pgary:20160826201622j:plain
アルミボディで21.2g、グリップに特徴的なゆるやかな凹凸が付けられています。これが絶妙な凹凸具合で、すべらないし手も痛くなりません
製図用のシャープペンシルといえば、ギザギザした金属のローレットグリップのものが多いです。すべりにくい反面、やすりみたいなものですから、ペンダコが削れたり、筆箱にまとめて入れると、他のペンを傷つけてしまうことがあります。

f:id:pgary:20160826201630j:plain
バラせるだけバラしてみました。シャープペンシルの命、チャックは金属製で、パチパチという明るいノック音がして、しっかり芯を送り固定してくれます。
クリップは軸に沿った邪魔になりにくい形状ですが、外すこともでき、外した跡に隙間はできません。
芯の硬さ表示がペン先にある珍しい形状で、この表示は字が小さく、色も付いていないためちょっと見辛いです。
私は、一般筆記用として使用し、同じ形状のペンで、硬さの違う芯を使い分けることはないのですが、いずれ文字に墨入れをして、視認性を改善してみようと思います。

見れば見るほど凝った作りで、特徴的なグリップから軸の微妙な曲線具合、消しゴムキャップ先端の形状まで、アルミの絞り加工なんでしょうか?
ずいぶん手間と費用がかかっているように感じられます。これで1500円で大丈夫なんでしょうか。