趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆インクの宿題:結局モンブランのバーガンディレッドは古典インクじゃありませんでした。

モンブランのバーガンディレッドが鉄とタンニン酸や没食子酸を含む古典インクではないかという問題は、モンブラン自ら、StarWalker Midnight Blackのルテニウムコーティングがバーガンディレッドに含まれる鉄ガリウムで、変色を起こす恐れがあるとアナウンスしたことにより始まりました。
pgary.hatenablog.com
これまでのモンブランの戦略や、かつてのバーガンディレッドにあたるボルドーインクの性質から、それは考え難いんじゃないかという記事を一旦書いたものの、その後の検討で、古典インクではないことを証明することができず、モンブランがiron-gall inkだと言っているのだから、もうそれで良いかと半分投げた状態でした。
pgary.hatenablog.com
色々面倒な方法を考えていたのですが、高校化学の教科書に載っている簡単な反応を忘れていました。鉄(II)イオンにヘキサシアニド鉄(III)酸カリウム (フェリシアン化カリウム) を加えることで、ターンブルブルーの濃青色沈殿ができる反応です。

ヘキサシアニド鉄(III)酸カリウムの0.1M水溶液を用意します。
f:id:pgary:20180526135637j:plain
この水溶液に、用意した万年筆インクを一滴ずつ垂らしていきます。左からバーガンディレッド、プラチナ クラシックインクのシトラスブラックとカシスブラック、プラチナ ブルーブラック、染料インクのパイロット ブルーブラックです。
f:id:pgary:20180526135756j:plain
左端のバーガンディレッドと右端のパイロット ブルーブラックは色素で水溶液上層に色が着いているだけですが、古典インクのシトラスブラック、カシスブラック、プラチナ ブルーブラックは濃青色の沈殿ができています。
f:id:pgary:20180526140028j:plain
ヘキサシアニド鉄(III)酸カリウム水溶液が黄色なので、シトラスブラックが沈殿の様子が見やすいでしょう。濃青色沈殿ができているのが良く分かります。
f:id:pgary:20180526140324j:plain
カシスブラックはちょっと見難くはなりますが、良く見ると濃青色沈殿ができているのが分かります。
f:id:pgary:20180526140426j:plain
プラチナ ブルーブラックは青の色素のため非常に見え難いですが、中層付近の色の薄いところで細かい沈殿が落ちていっているのが分かります。
f:id:pgary:20180526140606j:plain
それに対して、パイロットのブルーブラックは沈殿ができていません。
f:id:pgary:20180526140807j:plain
そして今回の試験の本命であるモンブラン バーガンディレッドも沈殿ができませんでした。この結果は、鉄(II)イオンを含んでいないということなので、古典インクではないと結論付けて良いでしょう。
f:id:pgary:20180526140921j:plain
結局、StarWalker Midnight Blackのルテニウムコーティングを変色させたのは何だったのかは分かりませんが、少なくともモンブラン公式言う、バーガンディレッド中のiron gallが原因では無いようです。

フェリシアン化カリウムはその色から赤血塩とも呼ばれますが、写真の現像に使われる試薬なので、カメラ店などで扱っています。

エヌエヌシー 赤血塩(500g)

エヌエヌシー 赤血塩(500g)

NNC 赤血塩(50g)

NNC 赤血塩(50g)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^