趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

最近のMONO消しにはクリーンマークが付いてないみたい。

この前普通の消しゴムを色々と買ってきた時に調べたら、jikeshi 日本字消工業会という組織があって、クリーンマークが消しゴムの安全性と品質を示すマークとして定められている。クリーンマークは、日本字消工業会の会員が生産する製品に添付され、「その製品が本工業会が作成した有害物質及び性能の自主規制に適合している事を示すもの」ということです。
pgary.hatenablog.com
クリーンマークに書かれている数字は、製造企業を示しているそうで、例えば下の画像のKOKUYOの消しゴムは01なので、実際に作っているのは、Radarを作っているシードだということが分かります。
f:id:pgary:20181024113238j:plain
画像の右側に並んでいるのは、上からサクラ、パイロット、ぺんてるです。パイロットはサクラと番号が同じなので、サクラのOEMということが分かります。

01 株式会社シード
02 有限会社アミン
06 ヒノデワシ株式会社
07 株式会社ヤジマ (オリジナル文房具制作、高品質低ロットなら|株式会社ヤジマ)
10 株式会社ヤマヤス (株式会社日本プラス|ホームページ)
11 ラビット株式会社 (サクラクレパスグループ)
13 ぺんてる株式会社

画像左側に並んでいるのはTOMBOWのMONO消しですが、以前買ったものには、クリーンマーク01が付いていてMADE IN VIETNAMなのに対し、この間買ってきたものには、どこにもクリーンマークが付いておらず、MADE IN JAPANになっています。
f:id:pgary:20181024125102j:plain
多くのブログで、MONO消しはSEEDのOEMであると書かれていますし、MONO消しゴム - Wikipediaにもそう書かれています。それを参考に、前回の記事では私もそう書いたのですが、日本字消工業会会員ではない日本の企業で作るようになったのでしょうか。
oeste.jp
情報が無いか検索してみたのですが、クリーンマークが無くなった件に触れているブログがありました。
jq1ocr.exblog.jp
また、根拠は不明なのですが、はてな匿名ダイアリーに下記の一文が書かれていました。

いまはトンボ鉛筆も、モノ消しゴムを内製化してる

anond.hatelabo.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little