趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

神戸ペンショー2019 一日目 後半戦 インクを買ったり、万年筆を調整して貰ったり

The nib shapeさんの順番待ちの間に会場をぐるぐる廻っていました。見たいものはたくさんあるけれど、とにかく人が多いので、他の参加者の方やお店の方の邪魔にならぬ様に、あまり足を止め過ぎないよう回遊します。
廻っている間にインクを2本購入、1本は天然染料を使用したTAGさんの文染から「葉緑」です。TAGのインクは以前、濡羽色を購入したことがあり2本目です。最近少し草木染めの本を読んでいるのですが、色々な材料が研究されていて奥が深いので、その一端を見てみたいと購入しました。http://fumisome.jp/
もう1本はHokushinさんがフィリピンから輸入されたVintaのシーンインク「HARLEQUIN」です。とにかく、最近話題のシーンインクが欲しかったので、質問して試し書きをさせていただいて、一番ヤバイ発色とHokushinさんもお勧めの1本を購入しました。https://www.praebitor.net/
f:id:pgary:20191125215511j:plain
そうこうしているうちに、The nib shaperさんの調整の順番が来ました。調整依頼は、プロフィット レアロと同じような書き味に、WAGNER限定 SENATOR PRESIDENTを仕上げていただくこと。
f:id:pgary:20191126191026j:plain
レアロは長刀エンペラーで、ナガサワ本店のペンクリニックにお二人で来られていた時「細い字を書きたい」とお願いしたら、「ほうほう良いペン先じゃあ」と言いながら、裏書きも出来るようにサッと研いでいただいた思い出の1本です。StoriaのFireを入れて、マークに採点、細かい字の書込みと表も裏も大活躍ですので、もう1本同じように書ける万年筆が欲しいと、太字のペンを選んで持ってきたのです。お話をしながら研いでいただいて、当然のことながら、大満足の書き味になりました。
その後は、隣の液晶さんのところで「蛇腹式御朱インク帳」、ericさんのところで「ヌルリフィル」と「生しらすのそえぶみ箋」を購入し、さすがにお腹も空いたので撤収しました。
ナガサワに向かう途中でラーメンを食べていたら、関西筆記道楽のオフ会があるとツイッターに流れていたのを思い出し、急遽、兵庫県民会館へ、、学生さんの集まりと聞いていたので、おそるおそる覗いてみたら既に撤収準備をされていて、ペンショー会場に戻られるとのことだったので、最後に残ったお土産を渡し、一緒にペンショー会場までの道を途中まで戻りましたが、元々ナガサワに行くつもりでしたので、やはりナガサワに行くという方とご一緒して連れていって貰いました。
見て廻るのに気兼ねされるといけないと思い、ナガサワに着いたら、ご挨拶をして単独行動に移り、いくつか万年筆以外の文具を購入してホテルに移動しました。
ホテルで、調整していただいたSENATORで文字を書いていたら、もう1本同じ調整をしていただきたくなったので、明日もお願いできると良いなあと思いながら眠りにつきました。1日目はこんな感じです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little