趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

陶都物語 書籍版三巻で完結

小説家になろうの大好きな作品で、一度書籍化されるも1巻打ち切りで作者様のモチベーションが下り、更新が止まってしまった本当にもったいない「陶都物語」。
その後、書籍化が再スタートして三巻で完結となりました。三巻は2020年1月に出ていたのですが、しばらく発売に気づかず購入が遅くなり、やっと紹介できました。
ウェブ版ではもっと色々なエピソードがあって露西亜まで行って、磁器を対価に大砲をぶんどってきたり面白い展開がいっぱいあるのですが、バッサリ切られてそれでも三巻で書籍版オリジナルのエピソードも入って、うまく収められています。

短くなった分、ウェブ版の他のヒロイン候補は出てこなくなりましたが、その分、祥子お嬢様が活躍して、花嫁姿の挿絵を見れただけでも書籍版が出てよかったと思います。
気づけばこれまで6回「陶都物語」について紹介していました。
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

作者様は、神統記(テオゴニア)が好調でコミック化もされていますから、そちらに注力されているようです。
https://ncode.syosetu.com/n9077df/
陶都物語もテオゴニアに負けずおとらず面白いので、書籍版と小説家になろうのウェブ版を読んでみて欲しいです。