趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

logicoolのBluetooth対応トラックボール ERGO M575を購入してM570と取り替えたら

logicoolの親指トラックボールM570のヘビーユーザーです。Black FridayやPrime dayで良くセールになるので、予備機のつもりで購入していたら、使いきれないくらい増殖してしまったので、最近はセールがあっても購入していません。
M570はM570tとかSW-M570とか、微妙に型番が変わったりしますが、物はほとんど変わっていなくて、今回のM575は10年振りの刷新になるそうです。
f:id:pgary:20201127124140j:plain
右がERGO M575、左はM570です。
M575はホワイト、グラファイト、ブラックの3色あるのですが、Amazonでブラックだけ安い(4,990円)ので、今回購入したのはブラックです。
M575のボールのラメ感が強くなっているのと、本体の傾きやカーブ、模様が微妙に違うのが、見た目から分かる差異です。

大きな違いは、M575からUnifyingUSBだけじゃなくて、Bluetoothにも対応したことで、裏に電源スイッチ以外に、Bluetoothの接続ボタンがあります。
下の画像でM570の方が大きく見えるのは、写真の撮り方による錯覚で、実際はほぼ同じ大きさです。
f:id:pgary:20201127124159j:plain
もう一つ地味に改良されていると感じたのが、ボールの取り外しやすさです。裏に開いた穴から、ボールを押して外すのですが、私の場合、M570は、指でボールを押し出せず、棒(大抵何かのペン)を使って押し出していました。
トラックボールの軸受けには、ゴミが溜まりやすいので、結構頻繁にボールを取り外して清掃することになるのですが、そのたびに適当な棒を探すのは面倒ですし、棒で突くと、つい突き過ぎて、ボールが宙を舞ったことも一度や二度ではすみません。
f:id:pgary:20201127124213j:plain
その点、M575は小指でボールを取り外すことができます。穴の大きさはほとんど変わらないのですが、裏から突いたらボールが外れやすくなっているみたいです。
そのくせ、上から摘まんでボールを外そうとしても、簡単には外れませんから、うまく改良してあると思います。
下の画像は、ついさっきまで使っていたM570のボールを外したところですが、こんな感じで軸受けの周囲にゴミが付きます。
f:id:pgary:20201127182939j:plain
MacBook Pro mid2014にBluetooth接続して、M575を使いはじめましたが、手元を見ないと、M570とどちらを使っているのか分からないくらい、まったく違和感がありません。
元々使いやすい名機であるM570を、順当に改良して正常進化させたM575も、また名機であると自信を持って断言できます。
www.logicool.co.jp
AmazonBlack FridayでM570がセールになっているのですが、この価格差ならM575を購入した方が良いと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little