趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ Please Push here.
万年筆用古典インクの主要な記事まとめ
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか

空カートリッジに関するアンケートについて、空カートリッジ?何のために?という疑問にお答えします。

プラチナの空カートリッジが400円で販売されていたら欲しいですか?というアンケートを取っていますが、空カートリッジ?何のために?という疑問・質問をいただいたので解説します。
各万年筆メーカーから、それぞれ万年筆用インクカートリッジが販売されていますが、封をするのに機械が必要だったり、リフィルして再度封をするのは不可能な構造になっている中で、プラチナのカートリッジは、カートリッジ本体と口部分と金属のボールが3パーツ別になっていますので、手で再度封をすることが可能です。← ここが主張したい点です。ただカートリッジを再利用するという話ではなく、再度封をして自分の好きなインクをカートリッジ化できるということです。
それを利用して、自作のインクで自作のカートリッジを作るというのを試みているのですが、使用済カートリッジの再利用だと、漏れやすくなってしまうので、どうせなら新品のカートリッジが手に入らないかな、という話です。
pgary.hatenablog.com
インクが入っていないのに、インク入りのカートリッジと同じ400円というのは高いと思われるかもしれませんが、カートリッジ本体の価格や流通コストを考えると、400円が最低ラインかと考えました。*1
また先行して、呉竹が、からっぽペンカートリッジ式用に、からっぽカートリッジセットを売りだしていますが、スポイト付き5本で385円ですから、10本で400円なら妥当な線かと思いました。
からっぽカートリッジ セット (ECF160-699)
オリジナルのインクを自分で調色できたり、調色して貰えるサービスが増えているので、それを更にカートリッジにして使ったり、お裾分けしたりというニーズがあるのか知りたくて、アンケートを取っている次第です。

追記:コメント欄でbonejiveさんより情報提供いただきましたので、セーラーの空カートリッジについて追記します。
セーラーの空カートリッジはコンバーター替わりに使用できるのですが、再度封をすることは想定されていません。通常のカートリッジより、耐久性を高めた素材でできているそうですが、6本で350円ですので、もしプラチナの空カートリッジが10本 400円で、再度封をしてカートリッジのみ持ち運んだり、渡したりできるなら尚更割高ではないように思います。
追記2:呉竹の「からっぽカートリッジセット」がプラチナの万年筆に使用できることが分かりました。このセットであれば、好きなインクをカートリッジ化可能ですが、蓋の形状から再利用は難しいです。
pgary.hatenablog.com

www.platinum-pen.co.jp
sailor.co.jp
sailor.co.jp
www.kuretake.co.jp
www.kawasaki-bunguten.com
kakimori.com

*1:最近はボトルインクの価格向上が著しくて、価格のバランスが崩れてきていますが、本来はインクの容量的には、ボトルインクの方がカートリッジインクよりお得でした。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART