趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更に、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクがWAGNER 2010, 2012, 2014, 2015, 2016インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

古典ブルーブラックに関するQ&A

1. 古典ブルーブラックや古典インクという言い方は間違っているの?

悩ましい問題です:所謂古典ブルーブラックを表す言葉として、パーマネントインク、混合型インク、没食子インク、iron gall ink等々色々な言い方があるのですが、どの言葉もちょっとずつ説明し足りないところがあって、ちゃんと言うなら「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」になり長くなってしまうので、この概念を一言で表すなら「古典ブルーブラック」とか「古典インク」と言うのが便利なのです。
詳しくは、古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲をご覧ください。

2. 古典ブルーブラックは怖いインクなの?

いいえ、何事も使い方次第です。基本を知ってちゃんと使えば大丈夫
一口に古典インクと言ってもメーカーによってずいぶん違います。鉄分の多さで比べると、プラチナ<ペリカン<<R&K<ダイアミン レジストラーズ という並びで、鉄分が少ない方がペンには優しいですが、鉄分が多い方が耐水性や耐光性は高い。
また、使われている酸の種類が、プラチナやペリカンは硫酸、R&Kやダイアミン レジストラーズは塩酸で、硫酸の方がペンには優しいが、紙には塩酸の方が優しいかな?くらいの違いがあります。*3
総じて万年筆メーカーの古典インクは万年筆への影響が少なくなるように作られているようです。

2.1 ペン先への影響は?
古典インクの酸に耐えるように金ペンになったという経緯はありますが、鉄ペンについてもステンレスの改良が進み、現在の鉄ペン先は古典インクに耐えられます。*4 念を入れるなら硫酸系のプラチナやペリカンの方が腐食性は弱いです。
ただペン先自体は大丈夫でも、ペン先に施された鍍金、ペン先に近い所にある飾りリングや金属部分は腐食されることがあるので、気をつけてください。

2.2 紙への影響は?
没食子インクで書かれた昔の文献で、インク焼けという虫食いの様になる現象が知られています。*5 その原因として、硫酸と鉄イオンが考えられていて、硫酸の代わりに塩酸にすることはできますが、鉄イオンに関しては古典インクを使う限り避けては通れません。ただ、保存性が高い最近の中性紙でも同様の現象が起こるかは分かりませんので、数十年後にどうなっているか検討課題でしょうか。*6

古典インクが怖いなら、顔料やラメ入りインクだって別の意味で怖いです。怖い怖いといたずらに恐れるのではなく、何に気をつければ良いのかを知り、最後は自己責任だと割り切ってインクは好みが9割だと好きなインクを楽しみましょう。

3. 古典ブルーブラックでできる沈殿物や黒い滓は酸化鉄なの?

いいえ、「タンニン酸あるいは没食子酸と鉄(III)イオンのキレート化合物」です。長いので、短く表記するなら「没食子酸鉄」とするのがよいでしょう。こちら(古典ブルーブラックインクの黒の色は鉄の錆の色? - 趣味と物欲)の実験結果もご参考にされてください。酸化鉄 (wikipedia:酸化鉄) とは別の物質です。

4. 古典ブルーブラックのアスコルビン酸洗浄法とは?

このブログで2010年に世界で初めて公開された、安価で安全で効果的な古典インクの洗浄法です。*7
古典インクがペン先等で固まった時に出来ているのは、鉄(II)イオンが酸化された鉄(III)イオンとタンニン酸あるいは没食子酸がキレート化合物を作り水に溶けなくなったものですから、還元してやることで水に溶けるようになります。酸性にするだけでも効果はありますが、還元性+酸性+キレート能があり安全性も高いアスコルビン酸 (ビタミンC) が現状ではベストだと思います。
薬局やドラッグストアで購入できる局方品もありますが、食品添加物グレードのもので十分です。大袋で購入して余った分は、料理に使ったり、飲物に混ぜて飲んだりするのがコストパフォーマンスは高いです。
どうしても洗浄に使う分だけ購入したいという時は、コンビニ等でDHCのビタミンCカプセルを購入し、カプセルを開けて中の粉末のみ溶かして使うという方法があります。
なおビタミンC入りの飲料など液体として売られているものは効果がほとんど無いようです。

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

5. ペリカンのブルーブラックは古典インクじゃなくなるの?

現時点ではいいえ、ラミーやモンブランの例があるのでこれから先のことは分かりませんが、少なくとも現状、定期的に話題になる「ペリカンBBが古典じゃなくなった」という話は、一部販売店の誤解による誤報のようです。
一部販売店の言っていることに、ラミーやモンブランが事前アナウンス無しに古典インクを染料に変えたこと、ペリカンBBが米国で販売できなくなっていることが信憑性を増して、流布している噂にすぎません。
この噂が出るたびに、関東、関西方面の方にご協力いただき、二価鉄試験紙で確認していますが、販売店が染料と言って売っていたロットも古典ブルーブラックでした。
pgary.hatenablog.com
また、ペリカンBBが米国で販売できないことから、古典インクが米国で販売できない、ペリカンBBに危ない成分が入っているという誤解がありますが、「米国のTSCA (有害物質規制法) の既存品目リストに載っていない物質がペリカンBBに入っているため、使うには申請と審査が必要になるが、費用もかかるため販売しないことにした」ということではないかと考えています。
古典インクの主要成分については、TSCAのリストに載っていますので、それ以外の成分です。
pgary.hatenablog.com

正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイユニボール VISION ELITE、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーなどを使ってきて、最近はユニボール シグノ 307です。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はここをクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

趣味の文具箱 Vol.44を取り急ぎdマガジンでチェックしました。

勿論紙でも買いますが、休みを挟んで週明けになってしまうので、取り急ぎdマガジンで内容をチェック。今回は、「インク沼へ、ようこそ!」という特集で、いつにも増して危険な誌面になっています。
「古典インク32色の色変化チェック」や「ペーパークロマトグラフィーで万年筆インク144色の色素を知る」などの実験企画は本当にお疲れ様という他ないです。頼まれてもたぶん断わります^^;
特にペーパークロマトの結果は長く楽しめそうです。ちょっと見ただけでも、ウォーターマン ミステリアスブルー (旧ブルーブラック)とパーカー ブルーブラックは染料だけど、筆記後、青から緑に変化しますが、ペーパークロマトの結果を見ると、ほぼ同じ組成だなとか、パイロットの色彩雫の孔雀、松露、新緑あたりは同じ成分の組成が違うだけなのかなとか色々と推測できます。
また、自分でインクを調合するときも、このペーパークロマトの画像はすごく参考になるでしょう。
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
「古典インク32色の色変化チェック」の記事中の古典インクの説明は、

青い染料にタンニン酸あるいは没食子酸と鉄イオンが含まれており、筆記すると紙面でインクの酸化が進み、色が青から黒にゆっくり変化し紙面に定着する。

とばっちりなのですが、巻末の「万年筆インクのきほん」のコーナーになると、

染料インクに鉄分と酸性分を加えている。酸化作用で紙面の文字が黒くなり耐水、耐光性が増す。

とずいぶんざっくりしてるのが気になりました^^;

安価なスマホ用VRゴーグルを購入し、比較してみた結果、現在のお薦めはVirtoba

今週のお題今年買ってよかったもの
本当はoculus rift (Oculus Rift | Oculus)とか、VIVE (VIVE™ 日本 | 想像を超えたバーチャルリアリティの体験)とか、PSVR (PlayStation VR | プレイステーション)とか欲しいんですが、ゴーグル以外にVR readyのPCやPS4も必要になるので、まだ手を出しかねています。
そこでお手軽に試せるVRとして、せいぜい3千円程度迄のスマホ用ゴーグルを、これまでに5つも買ってしまったのですが、ピンキリですね。同じような構成と作りのものですが、使い勝手だけでなく、見え方もかなり異なります。
私が実際に試した製品のことしか分かりませんが、今のところお薦めできるのは今年購入したVirtoba X6とVirtoba X5です。

Virtoba X6とVirtoba X5

スマホiPhone 7 Plusです。以前は5sでしたが迫力がずいぶん違い、やはり大画面が正解です。
VRゴーグルは見え方が命、他の使い勝手が良くても見え方が悪ければ本末転倒です。Virtoba X6とVirtoba X5は、視野角が広く、レンズの縁の歪みが少なく、余計なフレームが視野にあまり入って来ません。5つの中ではぶっちぎりに見え方が良く、X6とX5には差を感じませんでした。
どちらもヘッドホン付きで、iPhone 7の場合、Appleの変換アダプタが必要です。
スマホの固定はどちらも挟むタイプですが、X6の方はスマホが露出するのに対し、X5はスマホを内部に収納する形です。X6の方が手軽ですが、X5の方が安心感はあります。装着できるスマホの大きさとしてはiPhone 7 Plusでギリギリの大きさです。
頭に固定するバンドの部分は、X5の方がゴムバンドで固定するのに対し、X6はハードなバンドの直径を調整するタイプなので、こちらはX5の方が手軽です。X6のバンドは一度調整してしまえば、それからはいじらなくて良いのですが、最初だけ若干調整がやり難いかもしれません。価格も加味すると、あえてどちらか一つ選ぶならX5かな。
Virtoba X6とVirtoba X5の良さは、他の製品と比べてみないと気づきません。

ETVR VRゴーグル

スマホの固定方法、バンドの形状、ヘッドホン付きなど、Virtoba X5と非常に良く似ています。このゴーグルの特徴は、ピント調整を左右それぞれ独立して出来ることです。Virtobaも含め、大抵のVRゴーグルのピント調整は左右が連動していますので、左右それぞれ調整できれば、よりクリアに見えるのではないかと期待しました。
しかし実際使ってみると、いやに画面が遠くて、視野の中でゴーグルのフレームが目立ちます。スマホの固定部とレンズとの距離の設計が悪いんじゃないかと思うのですが、同じようなレンズとフレームの組合せでも、こんなに見え方が違うことが分かる貴重な体験をしました。

VR BOXとSIDARDOE VR ゴーグル

まず、これらはヘッドホンが付いていません。別途イヤホンを付けてましたが面倒、ヘッドホンが付いていた方が圧倒的に良いです。
また、VR BOXはケースにスマホを付けてから、ゴーグル本体に横からスライドさせて入れるというスマホの固定方法でとても面倒でした。SIDARDOE VR ゴーグルは、磁石で押さえるタイプで、こちらのスマホ固定方法は好きでした。

2017年Yahoo!ショッピングの注文履歴から買ってよかったものをご紹介

今週のお題今年買ってよかったもの
Amazon楽天で扱っているものが多いので、どうしてもYahoo!ショッピングで買わないといけないことは無いのですが、ソフトバンクユーザーで毎月貰える期間限定Tポイントを活用するために利用しています。

櫂型素振り木刀3.8尺

楽天にもYahoo!にも出店されている東山堂さんから素振り用の木刀です。楽天から購入した一本歯下駄を履いて素振りするときに使う木刀です。1.1kgある上、櫂型で先の方に重心があるので、かなりの負荷をかけることができます。

NFJ FX-AUDIO- TUBE-01J (真空管ラインアンプ) + ミルスペック選別グレード品真空管 + FX202J (TA2020搭載 D級小型デジタルアンプ)

音の善し悪しはあまり分からないし、あまりこだわりがある方ではありません。ただ、大人の科学真空管アンプを使っていたとき、音がキラキラしているように感じられ気に入っていたのですが、片方の真空管が壊れてステレオで聴けなくなっていました。
キラキラした真空管の音が忘れられず、激安だけど評判の良い真空管アンプとそれと同形のデジタルアンプを購入、スピーカーはStereo誌の自作スピーカーキットを繋ぎました。うむ、キラキラしているかも、更に選別グレード品の真空管に交換してみた、うん良く分からないけど、更にキラキラしたかも。

pgary.hatenablog.com

TWSBI ECO万年筆 ホワイト スタブ

台湾の万年筆メーカー TWSBI (ツイスビー) の万年筆は何本か持っていますが、良く出来ているし、分解キットやシリコンオイルなどメンテナンスキットも付属するという姿勢が素晴しい。また話に聞いたところによると検品をすごく厳しく、しっかりされているそうです。
ECOはTWSBIの中では低価格帯の万年筆ですが、吸入式でたっぷりインクが入り、鉄ニブですが書きやすく調整されています。今回はスタブのペン先をチョイス、カリグラフィーペン等と同じ、イリジウムはついていないタイプのスタブですが、スタブらしい縦太横細の線が引けます。

pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

2017年楽天の注文履歴から買ってよかったものをご紹介

今週のお題今年買ってよかったもの
Amazon編に続きまして、楽天編です。
送料無料や配送スピードの関係で、ついAmazonで買ってしまうことが多いのですが、そもそもAmazonでは扱っていないとか、価格を比較して楽天で購入したものもあります。

厚歯の高下駄【一本歯下駄】Mサイズ

何でこんなものをと言われそうですが、武道家甲野善紀先生が薦められていたので前々から欲しかったのです。平らで硬い地面に立つことはすぐに出来ます。地面が凸凹していたり柔らかかったりするとバランスを崩しやすいです。この下駄を履いて木刀で素振りをして体幹を鍛えています。続けていると徐々に少しだけですが、立ち方が分かってきた感じがしています。

一本歯の下駄は色々なところで売っており、もっと安いところもありますが、「はきものおしゃれ工房さいと」は、サイズを選ぶだけでなく、足の型を測って送ると花緒を調整して送ってくれるので、こちらで購入しました。
item.rakuten.co.jp

Google Home mini

奥さんから「またそんなもの買って」と文句を言われましたが、だんだん意外と好評を博してきました。OK google、○○ってなに?、とか、OK google、タイマーを〇分でセットして、とか、OK google、クロスFMかけて、とか子供達も結構使ってます。しかし、楽天スーパーSALEでいきなり半額になっていて悔しい。Echoが出たから対抗したのでしょうか。

pgary.hatenablog.com

コレクト 情報カード セクション C3532

情報カードはコレクトの方眼の5x3を一番良く使っていて、ちょうど在庫が切れたので10セット注文しました。買ってよかったものと言うより、ずっと買っているものですね。

pgary.hatenablog.com

カヴェコ ブラススポーツ 万年筆

結構金属臭がするし、重いし、と色々思うところはあるのですが、意味もなく手の中で転がしたくなる重量感、キャップをポストすると、ちょうど良い重量バランスになる万年筆です。常用はしないけど手元に持っておきたくなる不思議な魅力があります。金ペンでBBにしちゃったけど、もっと細いペン先が良かったかと悩み中。

pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^