読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

万年筆用の古典ブルーブラックインクの情報で主なものを未来の日付で記録します。

自作インク 文具

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

「本好きの下剋上」をつい2冊買ってしまい没食子インクが出てきたことを思い出す。

万年筆インク

小説家になろうで好きな話は色々ありますが、どうしても一つだけ選ぶとしたら、「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~」が一番好きな作品です。
第二部 神殿の巫女見習いの2巻の電子版が出るというお知らせのメールを見て、新刊が出ると思い込み紙版を買ってきてしまいました。
読んでいて、見覚えあるな〜、しばらく更新がなかった間にウェブ版を読み返したせいかな〜と途中まで思っていたのですが、既に持っている2巻の2冊目を買ってしまったことにやっと気づきました^^;

今日から更新が再開されたことですし、日頃の感謝の気持ちをこめて、お布施したと思うことにします。
現代日本で司書をしていた女性が、本と言えば羊皮紙に書き写したものしか無いような魔法のある異世界に転生し、本を読みたさに、紙、インク、印刷技術を作り出していくという、本好きにはたまらない本です。
この巻ではインクを作り出す話が出てきますが、その過程でこの世界で一般的に使われているインクとして、「没食子インク」が出てきます。その説明は簡潔ですが正確で、さすがは本好きの下剋上だと思いました。
小説家になろうで公開されていてウェブ版でも読めますが、紙版や電子版用に書き下ろされたエピソードが含まれていますので、どちらも読むのがお薦めです。

プレピーのアイドロッパー化にはOリングはやっぱり必要だった。

文具 万年筆インク 万年筆

大量に採点するとき、以前はペン先調整を兼ねて太字の万年筆を使っていたのですが、最近はその余裕が無くなり、ぺんてるサインペンでがしがし○付けしてます。
まだたくさん残っているのにサインペンがカスカスになってきたので、プラチナ プレピーのサインペン (プレピーサイン マーキングペン) に直接パイロットの赤インキを入れて使ってみました。
f:id:pgary:20160201210252j:plain
インキがたっぷり出て気持ちよく採点できるので、こりゃええ〜とインク満タンだったのがほとんど無くなるくらいまで使ったのですが、横着してOリングを噛ませていなかったので気づいたら指が真っ赤に染まっていました。
f:id:pgary:20160201210259j:plain
漏れてるという感じはしなかったのですが、ジワジワと染み出してくるようで気づくと手が汚れてしまっていました。だいたい一本分インクを使い切ったところで、ぺんてるのサインペンの方にパイロットのインキを補充してみました。
f:id:pgary:20160201210304j:plain
後ろのキャップを外して流しこみ、中綿に染み込ませる形になるので、インクフローが改善するまでには少し時間がかかりますが、普通に使えるようになりました。
インクフローは最初の状態に戻るだけで良くなるわけではありません。また筆圧や○付けの勢いの影響でしょうが、ペン先のフェルトが少しずつ沈んでくるので、インキを補充したからと言って永久に使えるわけではなさそうです。
pgary.hatenablog.com
プラチナのプレピーには万年筆と同じボディで、ペン先がサインペンタイプと蛍光マーカータイプのものがあり、カートリッジ形状は万年筆用と同じですので、万年筆用のカートリッジを使ったり、コンバーターを使ったりもできます。

更にサインペンとマーカーペンのペン先の交換チップも売られています。

蛍光マーカー用のインクは同じカートリッジ形状ですが、水性顔料なのも気になります。

アイドロッパー化して大容量化することもできますが、その際は横着せずOリングをかませるか、ネジ山にシリコン等を塗り漏れ止めをする必要がありますね。

インクの消費方法に困っているインク沼民にもおすすめです。

人気の「ガルパンFebri」はジュンク堂天神では1人1冊限定

近くの本屋に無かったらAmazonで買おうと思っていたら、Amazonではあっというまに売り切れ。ちょうど天神に出るという人にお願いして買ってきてもらいました。ジュンク堂天神では「1人1冊限定」になっていたそうです。
f:id:pgary:20160131110306j:plain
とにかく情報が濃い1冊で読むのに時間がかかります。ガールズ&パンツァーエンサイクロペディアと同じところが出している本なので、この濃さも納得です。Febriには劇場版に関するエンサイクロペディアも収載されています。
急遽増刷されているみたいですが、Amazonでは2月15日に入荷予定になっています。

ガールズ&パンツァーエンサイクロペディアを読みながら、Amazonプライムガルパンを見直していますが、ガルパンは何気無いシーンにも情報がたくさん詰めこまれていて、噛めば噛むほど味が出ますね。
今頃になって、榴弾?→全速後退の流れでの駆け引きが分かって感動しました。