読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具と電子ガジェットを探して徘徊しています。

古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。
ちなみに古典ブルーブラックをこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサになります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。
古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

万年筆用顔料インクのStoriaを常用するようになったので洗浄方法を確認しておこう。

Storiaがよかったので、Night (ブルー)とFire (レッド)も買ってしまいました。 - 趣味と物欲ということで、Clownも加えて3色のStoriaを常用するようになりました。ただ顔料インクなので、お手入れの方法など気になります。顔料インクについては、以前セーラーの極黒とプラチナのカーボンインクについて、下記の記事にて洗浄方法を検討し、水の激落ちくんのようなアルカリ性の溶液が効果的であることが分かりました。
顔料インクのセーラー 極黒とプラチナ カーボンインクを使って洗浄法を検証します。 - 趣味と物欲
パレットに1. 極黒、2. 青墨、3. プラチナカーボンインク、4. Storia Night (ブルー)、5. Storia Fire (レッド)、6. Storia Clown (ライトグリーン)を入れて、、、
f:id:pgary:20150801190752j:plain
5日間乾燥させました。
f:id:pgary:20150801190759j:plain
まず水道水を入れて、1分間放置、
f:id:pgary:20150801190805j:plain
更に何度か濯ぐと下の画像の状態になりました。極黒と青墨はかなり落ちましたが、Storiaやカーボンインクはほとんど落ちていません。
f:id:pgary:20150801190813j:plain
今度は、水の激落ちくんをスプレーして約1分間置いてみました。極黒は液に色が付かず、水道水だけで落ちてしまっていたようです。結構落ちたと思っていた青墨ですが、激落ちくんを入れるとまだ色が出てきます。Storiaは溶け出してきたようですが、カーボンインクはあまり変化がないようです。
f:id:pgary:20150801190826j:plain
何度か水道水で濯いでみました。セーラーのインクはStoriaも含めてほとんどきれいに落ちていますが、プラチナ カーボンインクは激落ちくんにも耐えるようです。
f:id:pgary:20150801190833j:plain
Storiaについても激落ちくんが効果的と分かりましたので、安心して使えそうです。

プロギアスリム長刀ふでDEまんねん趣味の文具箱限定ブルー購入とWAとの比較

趣味の文具箱のエイ出版の通販サイト、サイドリバーの楽天市場店が急に閉店するということで閉店セールをやっていて、この機会に欲しかったものを購入された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
趣味の雑誌・趣味の本を発行するエイ出版社のオンラインショップ:サイドリバー楽天市場店
万年筆では、セーラーの特殊ペン先の付いた趣味の文具箱オリジナルカラーの2本が気になりました。
サイドリバー/商品詳細 セーラー×趣味の文具箱 プロフェッショナルギア 限定ブルー 長刀コンコルド
サイドリバー/商品詳細 プロフェッショナルギアスリム「長刀ふでDEまんねん趣味の文具箱限定ブルー」
自分の使うシチュエーションを考えて、ふでDEまんねんを選びました。
f:id:pgary:20150730204317j:plain
ペンケースが付いていました。箱の中をひっぺがして全部見たのですが、インクカートリッジは入っていませんでした。
説明書は通常の万年筆のものの他に、ふでDEまんねん専用のものも入っていました。筆記角度と字幅について説明してあります。
f:id:pgary:20150730204325j:plain
ラメが入っていますが、ギラギラしたところが無い深みのあるブルーでとても好みの軸色です。またコンバーターも半透明のラメが入っている特製のもののようです。
f:id:pgary:20150730204331j:plain
画像上はパイロット823のウェーバリー(WA)、画像下がふでDEまんねんです。どちらもペン先が上に上がっていますが、角度やペンポイントの大きさなど多くの違いがあります。
f:id:pgary:20150730204336j:plain
実際に筆記してみると、ふでDEまんねんは筆記角度でこんなに筆記幅が変化しますが、WAは角度を変えてもほとんど変化がありません。このあたり元々の設計思想のとおりです。
f:id:pgary:20150730204340j:plain
www.ei-publishing.co.jp

これは角度によって筆記線幅を変化させるためではなく、あくまでも書き味にこだわったための形状です。
パイロット プランジャー式(P式)万年筆 カスタム823の通販

いつも読んでいるブログでは、長刀コンコルドの方を購入されていました。masanyama.blog.fc2.com
また、万年筆評価の部屋でもちょうど長刀コンコルドが話題になっていました。
万年筆評価の部屋:y.y. Day でお嫁に来た萬年筆

Amazonのセールで買ったものその2 プラズマクラスターイオン発生機付きLED電球

7月15日のAmazonのプライムデーセールで購入したものをもう一つ紹介、SHARPプラズマクラスターイオン発生機付きLED電球です。
うちは男の子2人で狙いが逸れると周囲に被害を及ぼすためトイレの臭い対策を調べていて、この製品はとても気になって価格調査もしていたのです。安いところで、だいたい12000円くらいで売られていて、プライムデーセールでは9880円だったので購入しました。
f:id:pgary:20150729200244j:plain
設置はトイレの電球の代わりに取りつけるだけで、設定できるのはLED電球の消灯時間のみ、人感センサーでトイレに人が入ってくるとLED電球が点き、プラズマクラスターが弱運転になります。LED電球が消えると、プラズマクラスターが強運転になってファンが動きますが、トイレの扉の外では気にならない程度の音です。
これを付けてからトイレの臭いは若干薄まってきたかなという感じです。

Amazonのセールで買ったものその1 HPプリンター ENVY5530

7月15日のAmazonのプライムデーセールの目玉と言えば何と言っても3Dプリンターのダヴィンチ JRですよね。通常価格49,800円が4,980円とか自重という言葉をどこかに落としてきたような価格。1時間ごとに価格がオープンされるそれまでのセール品は、そんなに大特価という感じのものが無かったので、3Dプリンターも半額ならすごいかな、くらいの気持ちでちょっと遅れて見にいったら瞬殺されていました。

ブラウザの前で正座して待っていなかったことをめちゃくちゃ後悔しました。買った人がテンバイヤーじゃなくて、ちゃんと使う人ならよいけどなと思っていましたが、MobileHackerzの方が順当に手に入れられたようで、がっつり使われそうで良かったなと思います。
MobileHackerz再起動日記: 4980円の3Dプリンタがおうちにやってきた!!
プライムデーのセールでは、同じプリンターはプリンターでも普通のプリンターを手に入れていました。
f:id:pgary:20150725131156j:plain
HPのENVY 5530というインクジェット複合機です。普段スキャナーはScanSnapを使っていますが、たまにフラットベッドのスキャナが必要なときがあるので、どちらかというとスキャナとして買いました。

通常価格の半額くらいの2,980円になっていましたから、ダヴィンチみちゃうとあれですが、お得はお得でした。
f:id:pgary:20150725131659j:plain
スキャナ機能だけ見ていてあまり仕様とか見ていなかったのですが、カラーのタッチスクリーンが付いているし、無線機能もあるし、両面印刷もできるしと、元が6千円弱で売られているものにしては高機能でした。
f:id:pgary:20150725131907j:plain
紙のセットはトレイ式ではないのですが、ほとんど完全に紙が飲み込まれた状態でセットできるので、使い勝手はほぼトレイ式同様です。密閉式コクピットのイングラム (AV-98)に対する半開放式のエコノミーみたいな感じ?
イングラム (機動警察パトレイバー) - Wikipedia
まだスキャナとしてしか使っていませんが、無線の設定自体はMacBook Airにソフト入れて接続したら、Macの無線設定から移行してあっさり接続されました。WPSにも対応しているので無線の設定は楽だと思います。
f:id:pgary:20150725134104j:plain
インクは黒とカラー(3色)の2本で計4色印刷なので印刷品質はそこそこかなと、インクカートリッジ側にヘッドがついていて、インクが詰まってもカートリッジ交換で直るし、黒とカラーのどちらかが空になってもそのまま使用し続けられる仕様になっているので、印刷を重視していないものからしたらありがたい仕様になってます。

Storiaがよかったので、Night (ブルー)とFire (レッド)も買ってしまいました。

Storiaはあまり持っていない色でということでイエローグリーンのClownを購入したのですが、実際使ってみて、とても性質の良いインクだと感じたので、常用する色のブルーとレッドも買ってしまいました。pgary.hatenablog.com
f:id:pgary:20150723205454j:plain
ブルーはNight、レッドはFireという名前です。
f:id:pgary:20150723205458j:plain
結局持っているセーラーの顔料インクをすべて現役にしました。セーラーのレアロに極黒、ペリカンのM215に青墨、M600にNight、M400にFire、M100にClownです。全て吸入式の万年筆で揃えました。
f:id:pgary:20150723205511j:plain
コレクトの5x3情報カード (C-3532) に書いて、水にズボッと漬けます。極黒とClownが少し流れました。書いてから水に漬けるまで5分くらいだったでしょうか、ほとんど時間を置いていません。
f:id:pgary:20150723205526j:plain
ただ、水から出してみると、極黒とClownもしっかり筆記線は残っていました。

MacでPDFからコピペすると濁点が分かれちゃう問題

普段はPDFからWordなどにテキストを貼り付ける時に困っているのですが、Wordから更にPowerPointに貼り付けたら、分かれた濁点が前後逆になったので記念に画像を貼ります。
f:id:pgary:20150718124651j:plain
どうしてこうなるのかという詳しい解説と変換用のウェブツールを設置されているサイトがありました。d.hatena.ne.jp
他にもMacテキストエディタのmiを介すとよいという情報や、
MACでPDFからテキストをコピーして貼り付けると濁点・半濁点が分離する
Emacsを使って変換するツールが紹介されていました。
Emacs小ネタ: MacでPDFからコピーすると濁点が分離する問題を直す - 雲行きそらゆきココロイキ