趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更に、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクがWAGNER 2010, 2012, 2014, 2015, 2016インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。
↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

三田三昭堂の墨インク 限定色の予約開始とブラスキャップキャンペーン

三田三昭堂が呉竹と組んで販売している墨インク「龍脳」意外の色の発売が遅れていましたが、「麝香(ジャコウ)」「伽羅(キャラ)」「檜(ヒノキ)」の3色は3月26日販売予定とアナウンスされ、予約を開始しています。

麝香が紫黒、伽羅が緑黒、檜が黄黒とのことです。更に、墨インクまたはオリジナルインク瓶を合わせて合計6000円以上買うと、墨インクの瓶用のブラスキャップをプレゼントするキャンペーンも開始されています。ブラスキャップは通常価格1080円、インクを2本買えば、ブラスキャップが1つ貰えます。
楽天の販売ページは、「あなたブランド」という名前ですが、会社概要によると、三田三昭堂のネットショップです。1000本限定なので、そうそう無くならないとは思いますが、麝香と伽羅を予約しました。

ポメラ DM100がカラカラいうのでバラしてみた。

表題どおり、ポメラ DM100を振るとカラカラいうので、しばらく角度を変えながら激しくシェイクしてみたけれど、カラカラの原因が出てくる気配はありません。
「DM100 カラカラ」でGoogle先生に聞いてみると、事例が出てくる出てくる、DM100で良く起こる持病のようです。
f:id:pgary:20180216194353j:plain
ネジが三菱のマークみたいなY字ネジというものですが、以前購入したドライバーセットの中に入っていました。ドライバーセットと言ってもこじるための道具など色々入っている、ガジェット分解セットみたいなものです。

参考にしたブログでは7本取れば開くと書いてあったのですが、どの7本か分からなかったので、とりあえず目につく下記の画像の8本を外しました。うち2本は電池ケースの中、3本はゴム足の下に隠れています。2本だけ長いネジで後は短いです。
f:id:pgary:20180216194405j:plain
本体上下の外周が爪で止まっているので、筐体の間にこじるための道具 (プラスチックのカードやギターのピックのようなもの) を挿しこんで、こじってパチパチ外していきます。一周ぐるりと爪を外すと裏蓋が外れます。
下記の画像の電池ケースとヒンジの間にネジが落ちていました。
f:id:pgary:20180216194420j:plain
これは普通の十字ネジでした。
f:id:pgary:20180216194430j:plain
ネジを受けるプラスチックの部分が割れていました。この現象が良く起こるということは、応力がかかるところで、強度が不足していたということなのでしょう。ネジで止まってなくても問題無さそうでしたので、ネジを除いただけで、閉めてしまいました。
f:id:pgary:20180216194440j:plain
ポメラは、後継機のDM200も出ていますが、電池で長時間駆動できるのでDM100を使い続けています。
キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

Nintendo Labo予約開始

おう、予約開始しとるやないかい。
マイニンテンドーストアからのお知らせメールで知ったけど、Amazonも同時に開始していた。
こういう時悩むのがAmazon.co.jp限定アイテム付きにするかどうかなんですよね。現時点では限定アイテムの内容は未定になっています。限定無しだとかなり価格が変わることもあるんですが、任天堂製品ならあまり値引きしなさそうだから、同じ価格なら限定付きの方がお得かな。

テープのりは、圧倒的にニチバン tenori (てのり) 派です。

テープのりの中で話題にのぼることが少ないように思いますが、私は圧倒的に「ニチバン tenori」をお薦めします。
www.nichiban.co.jp
ニチバンってどんな会社だっけ?という人でも、セロテープの会社だと言えばピンと来るでしょう。元々テープや粘着剤が専門で、皮脂や発汗性のため接着の難しい皮膚向けの製品も作っている会社のテープのりですから、良くないわけがありません。
f:id:pgary:20180214205324j:plain
青い「強粘着」タイプと赤い「スーパー強粘着」タイプがあります。ノーマルが強粘着タイプなのは、弱粘着など無いという自信の表れでしょうか。「正確テープのりTM」という商標も自信の表れでしょう。
良さはピッと糊を引いてみれば分かります。
f:id:pgary:20180214205347j:plain
紙面に乗った接着剤の層を見てください。赤がスーパー強粘着のパワードット、青が強粘着のマイクロドットの跡です。
途切れず、ダマにならず、粘着層が薄いため、接着したところが盛り上ったりしません。粘着層の切れだけで比較すると、赤はスーパーなためか、若干伸びることがあるため、青のtenoriの方が切れが良く、通常使用なら青の粘着力で十分だと思います。
この切れ味の気持良さを多くの方に知っていただきたいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^