読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具と電子ガジェットを探して徘徊しています。

古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。
ちなみに古典ブルーブラックをこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサになります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。
古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

上海問屋のコンパクト3つ折りBluetoothキーボードケース付き

ちょうど購入したばかりのものと同系のものがケータイWatchで紹介されていたので、
三段折りたたみ! 軽量Bluetoothキーボード - ケータイ Watch

ちょっと前に気になって調べてみたら、色々なところから同系のキーボードが出ていて、単品では4000円弱くらいのが一番安いかと思ったのですが、Amazonのだとタブレットスタンドになるケースが別売で2000円くらいするので、

ケース付きだと上海問屋のが安いなと、

Bluetooth 折りたたみ キーボード

Bluetooth 折りたたみ キーボード
価格:4,499円(税込、送料込)

f:id:pgary:20150825135146j:plain
ケータイWatchで紹介されていたものの色違い、キーボードは黒で本体はガンメタ、LEDや蝶番の形も良く似ている。
f:id:pgary:20150825135332j:plain
折りたたんだキーボードをくるりと巻く様にするケースの折り方を変えるとスタンドになります。
Stowaway bluetooth keyboardと並べてみる。
f:id:pgary:20150825140734j:plain
f:id:pgary:20150825140742j:plain
Stowaway bluetooth keyboardはWindows CE時代の古い製品ですが、大きさ、厚さ、重さ、そしてキーボードの打ちやすさなど現在でも十分通用します。pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

内田文昌堂の龍馬万年筆

高知に行き、白亜堂は外から眺めただけでしたが、その近くにある内田文昌堂はお店の中ものぞいてきました。
高知の万年筆店 白亜堂の入口 - 趣味と物欲
内田文昌堂限定の龍馬万年筆があったので、購入してしまいました。
f:id:pgary:20150824202841j:plain
もとは創業150周年記念として、カスタム74をベースに150本限定で1万5750円(税込)で発売され、数日で完売したそうです。
そのため定番として再企画し、1本8000円(税込)で300本を制作したそうです。
画像を見ていただいたら分かるように、8000円のものはルシーナをベースにしており、特殊合金のペン先になります。
f:id:pgary:20150824202631j:plain
内田文昌堂は、文久元年(1861年)に土佐和紙などを取り扱うお店として始まったそうで、龍馬万年筆も土佐和紙に包まれて入っています。
f:id:pgary:20150824202243j:plain
ペン先に坂本龍馬のサインが入っていますが、パイロットから刻印では困難と断られたため、レーザー彫刻機で1本ずつサインを入れてあるそうです。
特殊合金の所謂鉄ペンですが、試し書きしたものがとても滑らかに書けたので、つい買いますと言ってしまいました。
実際に購入するペンは最初から包装してある別のものを出されたので、ちょっと心配だったのですが、そちらも同様の書き味で滑らかでした。
元々パイロットの検品はしっかりしていると思いますが、更に限定品ということでしっかりチェックされ、なおかつ他の人の手には触れていないので、書き味のぶれが無いのかもしれません。
f:id:pgary:20150824205141j:plain
軸色はルシーナの通常品には無い濃いブルーで、黒潮ブルーと紹介されているページもありましたが、カスタム74のダークブルーと同じ色です。

鉄ペンでも書きやすいものは書きやすいことを再認識させられました。通常品のルシーナにプラス2600円でこれだけ限定仕様になっていれば満足感は高いです。

アルキームの風 (仮想共和国アルキーム連邦 第二次大戦軍用機集)は仮想戦記ファンにお薦め

インドの南、オーストラリアの西にアルキーム連邦共和国という架空の国があって、その国の軍用機の発達史、仮想戦記をまとめたもの、元は自費出版されたものらしいです。

飛行機の話だけでなく、国の成り立ちや飛行機の開発者や撃墜王の話など綿密に設定されていて、架空機の館 (http://www.warbirds.jp/kakuki/) を読むのが好きだった者としては、どストライクな本です。
かつて売られていた自費出版のものでは、戦車史もあったようですので、この本が売れてIIも発刊されるのを楽しみにしています。

高知の万年筆店 白亜堂の入口

趣味の文具箱 Vol.16で紹介されていたお店です。古山浩一さんの万年筆の達人で取材されていて、この時が96歳ですから現在は100歳を超えられているはずです。
Google Mapsを見ながら行ったのですが、最初はどこにあるのか分からず、リッチモンドホテルの横にある細い筋を入ると急に景色が変わって、昔ながらの路地の中にありました。
家族旅行の途中でしたので、中には入らず外から見ただけでした。
帰ってきてから調べたら、2015年1月2日に満100歳で亡くなられていたそうです。
世界連邦運動協会高知支部: 山口末子さんをしのんで
f:id:pgary:20150819202543j:plain

ペリカンBBインクに関するペリカン社のページの説明について。

ペリカンBBが古典か否か、これまでの調査結果では、国内で入手できる一番新しいロットのものでも、古典のままであるということが分かりました。

更にattempto さんより、ペリカン社のページにはペリカンの4001ブルーブラックインクの成分についてどのように書かれているか教えていただきました。

4001 blue-black

The least complicated ink which is still relatively light resistant, is the ink "4001 blue-black", our item no. 310 607. This ink contains iron gall, which makes it much more resistant than for example the ink shades 4001 royal blue or 4001 brilliant black, but due to the addition of special ingredients, you can still use this ink without qualm in piston or cartridge fountain pens. Within time, the ink will change its tone from blue to gray, but it will remain visible. It is not quite as light resistant as the Fount India. Due to the small concentration of iron gall, this ink will not damage your paper (which sometimes happened with historic ink made of iron gall.)

It is difficult to say how long these inks will last because it depends on a variety of criteria, for example how much ink flowed while writing (was it a slim line or a broad line), which kind of paper you used (how much ink did it soak up), and how many hours it was exposed to light. That’s why we can’t give a general answer to this question.
Document proof Ink

ダイアミンのレジストラーズインクのようなhistoric inkに比べると低濃度の没食子酸鉄 (iron gall) が入っている所謂古典ブルーブラックインクで、特殊な成分 (special ingredients,複数入っている?) が入っているので、ピストン吸入式やカートリッジ式のペンでも使用できるとのことです。
おそらくこのspecial ingredientsというのが、米国のTSCA inventoryリストに載っておらず、米国では販売できないのではないかと予想します。

また、ペリカンとしては、ペンへのダメージを考えてiron gallの量を減らしているのだと思っていたのですが、紙へのダメージを重視しているということが分かりました。

英雄BB202の味、けっして真似しないでください。

味か!本気か!古典ブルーブラックについては色々試してきたけれど、味わってみたことは無かった。負けた〜。
【注意】↓危険も予想されるので追記から読んでください。



英雄の古典ブルーブラック202は香水みたいな匂いの香料が入っているようで、他の古典ブルーブラックとは違い良い匂いがします。良い匂いなだけに逆に舐めるのに勇気がいる感じ。
f:id:pgary:20150811205143j:plain
しかしちょうど、こんな本を読んだばかりなのでやるしかないよねという気持ちになる。

スポイトで舌の上にピュッと、ウンベ、ゲロゲロゲロ。
f:id:pgary:20150811205741j:plain
香水の香りが強すぎて駄目だ、血の味とか全然分からない。血ってこんなかなあ、よく考えたら血の味が分からなくなってきた、、、。
f:id:pgary:20150811210101j:plain
そしてなかなか舌から色素が落ちない。アスコルビン酸水溶液でうがいとかしてみたけど、そもそもこの色は色素の色のようなので落ちない。結局歯磨き粉を付けてゴシゴシこすって無理矢理落としました。
舌の上に垂らすように試して良かった。ワインのテイスティングみたいにクチュクチュしていたら恐しいことになっていた^^;




まだ味をみないといけないインクが色々あるんだけれど、味蕾がダメージを受けているので、とりあえず今日はここまで。

追記
つい勢いでやってしまいましたが、けっして真似しないでください。そういえば、古典だったころのパイロットのブルーブラックインキには、沈殿防止と鉄ペンの腐食防止のために、三酸化ヒ素 (As2O3) が添加されていたことを思い出しました。インクは飲むものではありませんので、その成分は完全には公開されていません。メーカーも誤って飲んだ時のことを考慮しているとは思いますが、やめた方が無難です。pgary.hatenablog.com