読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

万年筆用の古典ブルーブラックインクの情報で主なものを未来の日付で記録します。

自作インク 文具

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

macOSの新しいのが出たらいつも人柱していたけれどSierraはちょっとやばそうだ。

パソコン

ScansnapとESETで検証してないじゃなくて実際に不具合が出てるのは支障をきたすので、さすがにアップグレードできないな。
applech2.com

Scansnap イメージスキャナ | ScanSnapのmacOS Sierraへの対応状況について | PFU

Apple社より9月21日リリース予定の「macOS Sierra」での動作検証において重要な問題が検出されております。
本件は、macOS Sierraに起因した事象であり、対応方法が明確になり次第別途お知らせいたします。
それまでの期間、macOS SierraでのScanSnapと添付ソフトウェアのご使用、および過去にScanSnapで作成したPDFファイルの編集はお控えください。

ESET macOS Sierra 10.12 への対応について | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ

※ 現在は、ベータ版 / パブリックベータ版を含め、非対応となります。macOS Sierra 10.12 環境で、現在ご提供中のMac向けプログラムをご利用になると、一部操作でOSがクラッシュするなどの不具合が発生することを確認しております。

Endnote

In preparation for Apple's release of macOS Sierra on September 20, we have been testing various versions of EndNote. Through our testing, we discovered some issues with the EndNote PDF viewer.
These issues have been reported to Apple, but in the meantime, we recommend that you DO NOT upgrade to macOS Sierra.

ScansnapとEndnoteはPDFがらみですね。PDFに関してはEl Capitanの頃かが何か変になって不便になりました。

本好きの下剋上書籍版が「領主の養女」編に突入して更に面白く&なろうでお薦め「カルマの塔」

「本好きの下剋上」はなろう系小説の中で一番好きとこれまでに何度も紹介しています。ちなみに作者様オフィシャルでは「本好き」シリーズだと思うのですが、私はなんとなく「本げこ」シリーズと呼んでます。蛙の鳴き声みたいなので流行らないとは思いますが。
そんな本げこの最新刊が発売されました。

本げこシリーズは配本が少ないのか、近所のフタバ書店の新刊コーナーに並んだことがありません。今回も期待してのぞいたのですが影も形もなく。既刊は置いてあるんでまったく取り扱わないわけじゃないようです。結局週末まで日にちがあったので、Amazonしてしまいました。kindleでもよいのですが、本げこはね〜、やっぱり物語との関係上、紙の本で読みたいのです。
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
Web版を何回も読み直していますが、それでも書籍版も面白い。下剋上していくに従って、ローゼマインのできることや影響力がどんどん増えていくのが面白いのですが、特にこの巻からの領主の養女になったあたりから、加速度的にできることが増えてきます。書籍版だけの番外編 (大抵他の登場人物目線の話) も物語を深めてくれます。
こんなに面白いのにシリーズ累計20万部、もっと売れていいのに!

本げこのWeb版本編は9/5まで1ヶ月ちょっとくらい休まれていました。その本げこロスの間に、なろう系小説を掘っていて最近まで一気読みしていたのが「カルマの塔」です。
2014年4月から連載されていて、450話以上発表されている作品なのですが、今まで何となく読んでいなかったのは、かなりダークで救いの無い話なのかと敬遠していたため。しかし読み始めたら止まらなくなって、隙間時間を使いながら最新話まで一気に読んでしまいました。
主人公は表面上は汚いことをしているのかもしれませんが、其の実、自分の大切なものは切り離して、失なって、目的のために断固として進んでいるんですよね。
久々に大物の未読小説を引き当てました。

WAGNERインクは念のためにピンクゴールドメッキの万年筆では使用されないでください。

自作インク 万年筆インク 万年筆

配布されたWAGNERインクに関しては自分でも使ってみて、配布後も継続的にチェックをしています。
今年配布された茶黒をWAGNER2015万年筆に入れて使っていたのですがメッキが剥がれているのに気づきました。
f:id:pgary:20160916215419j:plain
以前は他のインクを入れていたこともあるので、因果関係が確定されたわけではないですが、過去に配布されたものも含めて、WAGNERインクはWAGNER2015や他のペン先がピンクゴールドメッキされた万年筆ではご使用されないようお願い致します。

また、古典インクではないですが、ラミーのブルーでTWSBIのピンクゴールドメッキが剥がれた事例が紹介されていました。
funifuni234.hatenablog.com

シェーファー タルガにインスパイアされたっぽいセーラーの万年筆

万年筆

万年筆の整理をしていたら、すっかり忘れていたセーラーの万年筆が出てきた。訳も分からず闇雲に集めていたころの名残りだけれど、いま改めてみるとシェーファーのタルガを意識しているんだなと分かります。
f:id:pgary:20160916210858j:plain
特に天冠側から見るとそっくりです。
f:id:pgary:20160916211412j:plain
さすがにホワイトドットまではありませんが。
f:id:pgary:20160916210918j:plain