趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。
↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

これがデーツか!ナツメヤシか

子供の給食の食材をチェックしていた妻がデーツって何だと言うので、調べてみたらナツメヤシだと言うことだ。ちなみに、うちの子はクルミとカシューナッツやピスタチオの類が駄目で、クルミパンの日は別途パンを持たせている。
f:id:pgary:20180426013652j:plain
どんな味がするのかと、Amazonでアラブ王室御用達のデーツというのを買ってみた。

ざっくり表現すると、甘さ控え目で小粒の干し柿という味と触感、何か素朴にうまい、目の前に置いているとついつい2つ3つと摘んでしまってヤバイ。でもお菓子で間食するくらいならデーツを齧っている方が良さそう。
細長い種が入っていて、発芽するらしいし、日本でも関東以南なら露地栽培も可能らしい。成木は30mになるというけれど、ちょっと種を植えてみようと思う。

フリクションボールノックの1.0mmを買ってきました。

フリクションボールノックの1.0mmが新製品として丸善に並んでいたので買ってきました。フリクションボールは以前赤入れ用に使っていたのですが、どうも筆記線が薄いのがストレスになって使わなくなってしまいました。
f:id:pgary:20180423202922j:plain
比較用にと新品の0.7mm替芯に交換して書いてみたのですが、0.7mmはインキの出が悪くて薄いです。替芯を保管している間に劣化したのかもしれませんが、それにしても薄い。
1.0mmは店頭でヌルヌル書けるのを確認して買ってきたのですが、筆記線がくっきり濃いのは良いです。ただフリクションの常として、筆記線の中央が薄くなってしまう中抜けは起こっています。
フリクションボールノック | 筆記具 | ボールペン | ゲルインキボールペン | 製品情報 | PILOT
パイロットのページにもまだ1.0mmは載っていないので(4月28日時点)、本当に出たばかりなのでしょうね。

蒼墨を買ってきました。

丸善に入荷していたので、セーラーの顔料インク「蒼墨」を買ってきました。
f:id:pgary:20180423195538j:plain
青墨とStoria Nightの瓶はまだ残っていますが、それぞれ2/3くらいは使っています。
早速使ってみたいところですが、今入っているナイトをちゃんと使ってしまってからにしましょう。蒼墨に合わせるために、青色のコンバーターも買いました。

日本橋のntさんの色見本が3色の比較が出来て分かりやすいです。

森永バニラエイトはシンプルなバニラで、こういうのでいいんだよこういうので

ショーケースの中になんか見覚えあるパッケージを見つけて買ってしまいました。
f:id:pgary:20180419234932j:plain
森永バニラエイト、昭和45年発売の復刻版です。
f:id:pgary:20180419235000j:plain
乳脂肪分8%なのでアイスクリームに分類されていますが、軽い感じのすごくシンプルなバニラです。
ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよこういうので。

森永 バニラエイト CM 1979年

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^