趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更に、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクがWAGNER 2010, 2012, 2014, 2015, 2016インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

古典ブルーブラックに関するQ&A

1. 古典ブルーブラックや古典インクという言い方は間違っているの?

悩ましい問題です:所謂古典ブルーブラックを表す言葉として、パーマネントインク、混合型インク、没食子インク、iron gall ink等々色々な言い方があるのですが、どの言葉もちょっとずつ説明し足りないところがあって、ちゃんと言うなら「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」になり長くなってしまうので、この概念を一言で表すなら「古典ブルーブラック」とか「古典インク」と言うのが便利なのです。
詳しくは、古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲をご覧ください。

2. 古典ブルーブラックは怖いインクなの?

いいえ、何事も使い方次第です。基本を知ってちゃんと使えば大丈夫
一口に古典インクと言ってもメーカーによってずいぶん違います。鉄分の多さで比べると、プラチナ<ペリカン<<R&K<ダイアミン レジストラーズ という並びで、鉄分が少ない方がペンには優しいですが、鉄分が多い方が耐水性や耐光性は高い。
また、使われている酸の種類が、プラチナやペリカンは硫酸、R&Kやダイアミン レジストラーズは塩酸で、硫酸の方がペンには優しいが、紙には塩酸の方が優しいかな?くらいの違いがあります。*3
総じて万年筆メーカーの古典インクは万年筆への影響が少なくなるように作られているようです。

2.1 ペン先への影響は?
古典インクの酸に耐えるように金ペンになったという経緯はありますが、鉄ペンについてもステンレスの改良が進み、現在の鉄ペン先は古典インクに耐えられます。*4 念を入れるなら硫酸系のプラチナやペリカンの方が腐食性は弱いです。
ただペン先自体は大丈夫でも、ペン先に施された鍍金、ペン先に近い所にある飾りリングや金属部分は腐食されることがあるので、気をつけてください。

2.2 紙への影響は?
没食子インクで書かれた昔の文献で、インク焼けという虫食いの様になる現象が知られています。*5 その原因として、硫酸と鉄イオンが考えられていて、硫酸の代わりに塩酸にすることはできますが、鉄イオンに関しては古典インクを使う限り避けては通れません。ただ、保存性が高い最近の中性紙でも同様の現象が起こるかは分かりませんので、数十年後にどうなっているか検討課題でしょうか。*6

古典インクが怖いなら、顔料やラメ入りインクだって別の意味で怖いです。怖い怖いといたずらに恐れるのではなく、何に気をつければ良いのかを知り、最後は自己責任だと割り切ってインクは好みが9割だと好きなインクを楽しみましょう。

3. 古典ブルーブラックでできる沈殿物や黒い滓は酸化鉄なの?

いいえ、「タンニン酸あるいは没食子酸と鉄(III)イオンのキレート化合物」です。長いので、短く表記するなら「没食子酸鉄」とするのがよいでしょう。こちら(古典ブルーブラックインクの黒の色は鉄の錆の色? - 趣味と物欲)の実験結果もご参考にされてください。酸化鉄 (wikipedia:酸化鉄) とは別の物質です。

4. 古典ブルーブラックのアスコルビン酸洗浄法とは?

このブログで2010年に世界で初めて公開された、安価で安全で効果的な古典インクの洗浄法です。*7
古典インクがペン先等で固まった時に出来ているのは、鉄(II)イオンが酸化された鉄(III)イオンとタンニン酸あるいは没食子酸がキレート化合物を作り水に溶けなくなったものですから、還元してやることで水に溶けるようになります。酸性にするだけでも効果はありますが、還元性+酸性+キレート能があり安全性も高いアスコルビン酸 (ビタミンC) が現状ではベストだと思います。
薬局やドラッグストアで購入できる局方品もありますが、食品添加物グレードのもので十分です。大袋で購入して余った分は、料理に使ったり、飲物に混ぜて飲んだりするのがコストパフォーマンスは高いです。
どうしても洗浄に使う分だけ購入したいという時は、コンビニ等でDHCのビタミンCカプセルを購入し、カプセルを開けて中の粉末のみ溶かして使うという方法があります。
なおビタミンC入りの飲料など液体として売られているものは効果がほとんど無いようです。

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

5. ペリカンのブルーブラックは古典インクじゃなくなるの?

現時点ではいいえ、ラミーやモンブランの例があるのでこれから先のことは分かりませんが、少なくとも現状、定期的に話題になる「ペリカンBBが古典じゃなくなった」という話は、一部販売店の誤解による誤報のようです。
一部販売店の言っていることに、ラミーやモンブランが事前アナウンス無しに古典インクを染料に変えたこと、ペリカンBBが米国で販売できなくなっていることが信憑性を増して、流布している噂にすぎません。
この噂が出るたびに、関東、関西方面の方にご協力いただき、二価鉄試験紙で確認していますが、販売店が染料と言って売っていたロットも古典ブルーブラックでした。
pgary.hatenablog.com
また、ペリカンBBが米国で販売できないことから、古典インクが米国で販売できない、ペリカンBBに危ない成分が入っているという誤解がありますが、「米国のTSCA (有害物質規制法) の既存品目リストに載っていない物質がペリカンBBに入っているため、使うには申請と審査が必要になるが、費用もかかるため販売しないことにした」ということではないかと考えています。
古典インクの主要成分については、TSCAのリストに載っていますので、それ以外の成分です。
pgary.hatenablog.com

正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイユニボール VISION ELITE、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーなどを使ってきて、最近はユニボール シグノ 307です。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はここをクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

水性ボールペンのユニボール エアを使い切ったのでバラしてみた。

ユニボール エア (uniball AIR)を使っていたら急に書けなくなってきたので、何事かと思ったらインクを使い切っていました。
ユニボール エア | uni-ball AIR | 水性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
巨大なインクタンクを備えていますが、0.7mmの水性ボールペンでインクがヌルヌル出るので意外と早く使い切ることが出来ました。
f:id:pgary:20170721231143j:plain
何だか万年筆のカートリッジみたいだなと思ったので、ふんと引っ張ってみたら抜けました。
取り出してからカートリッジをよく見ると、「DO NOT REMOVE」と書いてありました。インク入っている状態で引き抜くと飛び散っちゃうからだろうと思います。
f:id:pgary:20170721231336j:plain
パイロットの万年筆用カートリッジと口の部分の直径が一緒だったので、そのまま挿して使えるんじゃないかと思いましたが、ペン先の方に見えるのはインク誘導用の芯だけなので、さすがにそのまま挿すだけでは無理ですね。
f:id:pgary:20170721231539j:plain
ユニボール エアは耐水性はありますが、インクは染料のようなので、インクタンクを洗浄して万年筆用のインクを詰めてみようと思います。
pgary.hatenablog.com

OHTOのノノックを買ったので、自動芯繰出シャープペンシルのオレンズネロとオートマックも書き比べてみた。

OHTOのノノック (no-noc)を行きつけの文具店で初めてみたので新製品?と思い購入したのですが、ネットで調べてみたら3月頃には発売されていたようです。OHTOのページによると2017年の新製品のカテゴリーに入っています。
f:id:pgary:20170720205133j:plain
http://www.ohto.co.jp/images/new_products/2017/pen/AP-505N.pdf
キュッと中央を絞った金属軸で定価が500円とは思えないくらい高級感があります。先端部分もペン先の直前まで艶消しの金属パーツでなかなかの高級感、ペンの先端だけはプラになっていて、そこだけは価格相応な感じがします。ただ先端がプラなのは紙と擦れる部分が柔らかいということでもあるので、書き味にはプラスに働いているかもしれません。
今まで意識していなかったのですが、OHTOは自動芯繰出のシャーペンを色々と出していて、安いのは100円からあるんですね。機構的にはどれも同じものを使っているのでしょうか。

他に持っている自動芯繰出のシャープペンシルと比較してみました。
f:id:pgary:20170720210017j:plain
パイロットのオートマック (Automac)は「セミオートマチック式」で、ペンテルのオレンズネロ (orenz nero)は「自動芯出し機構」と称しています。

先端が金属のオートマックとプラのノノック、オレンズネロは0.2mmなので細さが際立ちます。
f:id:pgary:20170720210557j:plain
どれも先端の保護機能を備えていますが、ノノックは先端がプラだし収納しなくてもあまり不安は感じません。収納方法はノノックとオレンズネロが似ていて、ノックして先端を押し付けながら、ノックの力を抜くというもの。オレンズネロはちょっとコツがいるというか、パイプが細いので力の入れ加減に気を使います。
オートマックは「ダブルノック」なので、深く押すとペン先が収納されます。慣れないと芯出しのノック時に、つい押し過ぎてペン先を収納してしまうことがあります。
f:id:pgary:20170720210725j:plain
同じ0.5mmのノノックとオートマックの書き味を比べてみようと、ノノックの芯をオートマックと同じ、neox GRAPHITEの2Bと交換しました。OHTOの最初から入っている芯は通常の替芯より長めです。
f:id:pgary:20170720211532j:plain
OHTOのシャープペンシル用替芯は店頭で見たことがないのですが、0.5mmで4種の硬さ(H,HB,B,2B)の芯を100本入り500円で売っているようです。OHTOの替芯は60mmで、neox、NanoDia、AinSTEIN等、他社の替芯も大体60mmの長さですが、ノノックに最初から入っていた芯は75mmでした。
http://www.ohto.tokyo/ohto/eItemList.asp?fg=off&mcd=825425&gcd=SL-505A&scd=SL-505A
シャープペンシルの替芯ではプラチナのプレスマン専用芯が例外的に100mmというロングサイズですが、それに次ぐ長さです。
pgary.hatenablog.com
定価はノノックのみ500円、オートマックとオレンズネロは3000円です。書き味はどれも良いです。ペン先が紙と擦れるところでもっと違いが出るかと思ったのですが、どのタイプも擦れることによる違和感、不快感は感じませんでした。
それよりも、シャープペンシルなのにノックしないで、ずっと書けるということの方が違和感を感じます。違和感と言っても良い違和感ということになるのでしょうが。これだけノック無しに続けて気持ち良く書けると、学生としてもう一度講義を受けてみたり、インタビューとか口述筆記とかやってみたくなります。

ところで、オレンズネロはすっかり紹介した気になっていたのですが、検索してみても記事を書いていませんでした。オートマックは以前紹介していたのですが、オレンズネロはツイッターでつぶやいただけだったのかな。
私は運よく、オレンズネロの0.2mmを1本購入できましたが、最近はオレンズネロの什器だけあっても大抵欠品しています。組立が手作業なので大量生産が出来ないそうです。
pgary.hatenablog.com
www.buntobi.com

ボールPentel 45周年限定モデルは型番はB100だけど、8mmボールのB50仕様じゃないですか、やったー!

ボール受けがデルリン樹脂で出来ている水性ボールペンのボールPentelは独特の書き味で、時々無性に使いたくなってしまうので、このブログでもこれまで何度か取り上げています。そんなボールPentelの45周年限定モデルが行き付けの文具店に並んでいたので、カラフルなパッケージに惹かれて7色セットを購入してきました。
www.pentel.co.jp
定番品の黒、赤、青の三色に加えて、緑、橙、茶、紫の4色があるという点にも惹かれて購入したのですが、早速書いてみると、いつも使っているボールPentelと何か違うような気がする??
f:id:pgary:20170717141955j:plain
型番がB100になっているのと、FRANCEの文字のインパクトですぐに気づかなかったのですが、軸をよくよく見ると「Φ0.8」と書いてあります。これは日本では販売中止になったボール径0.8mmのB50仕様ということです。ちなみに日本で今も販売されているボールPentelは、ボール径0.6mmで型番がB100になります。
f:id:pgary:20170717142922j:plain
上の画像は、左からB50、B100、45周年B100ですが、ボール径だけでなく、軸径もB50仕様の方が微妙に太いのです。この軸が太くて、文字も太く書けるというのが、がしがしとメモを取るのに良かったんですが、無くなってしまい残念に思っていたところ、海外向けにはまだ作っていたんですね。
f:id:pgary:20170717143215j:plain
軸色とインク色が異なるのはセットで見るとちょっと混乱してしまいますが、ペン1本ずつで見るとこの配色の方が面白く感じられます。定番のボールPentelも緑軸だけで、ペン軸のお尻とキャップのカラーパーツで見分けますので、そこを見る癖を付けるとよいでしょう。
ボールPentel 45周年限定モデルは、インクカラーが多いだけでなく、太軸・太字でヌルヌル書けるので、とってもお薦めです!!
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com
kobe-nagasawa.co.jp

「まりんこゆみ」完結巻発売

表紙にもありますが、一言で言ってしまうと、日本のJKがアメリカ海兵隊に就職する話「まりんこゆみ」が完結しました。実際に女性海兵隊員のアナステーシア モレノさんが原案、JK+戦車という分野の開拓者、野上武志さんが漫画を描かれています。
話はマリンコ(海兵隊)の新兵訓練所から始まり、沖縄に赴任し、化学科や通訳として仕事をしていきます。本職のモレノさんの体験を元にしていますのでリアルです。ただ連載半ばで残念ながらモレノさんは亡くなられてしまいました。
f:id:pgary:20170716133116j:plain
元々はウェブで連載されていたものです。興味のある方はまずウェブから読んでいただいて、気に入られたら描き下ろしが入っている単行本をお薦めします。
sai-zen-sen.jp
日米の合同演習で、アメリカ側は偉い人も12時間できっちり交代するので、いつも元気なのに、日本側の偉い人は演習の3日間ほとんど寝れずに、3日目にはふらふらになっているという話が身につまされました。日本はどこもこれじゃ駄目なんでしょうけれどね。
sai-zen-sen.jp
それから日本人としては、沖縄の話や
sai-zen-sen.jp
硫黄島の話ははずせませんね。
sai-zen-sen.jp
近くの本屋では売っていなかったので、Amazonで買いました。

まりんこゆみ(7) (星海社COMICS)

まりんこゆみ(7) (星海社COMICS)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^