読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

万年筆用の古典ブルーブラックインクの情報で主なものを未来の日付で記録します。

自作インク 文具

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

ザバス ソイプロテイン100 ココア味はミロよりもっとココアっぽくて美味しい。

生活

プロテインを探していて、Amazonの定期おトク便が始まったころにセールをしていた、「ザバス ソイプロテイン100 ココア味」を試しに買ってみたら、美味しかったのでそのまま続けてリピート購入しています。
添付の計量スプーン3杯を水か牛乳200〜300 mLに溶かすように書かれていますが、150 mLくらいの少し濃い目に作ると水で溶かしても濃くて美味しいです。冷水でもシェーカーで激しく振ってやればすぐ分散され、調製の手間もかかりません。
妙に減るのが早いと思っていたら、子供達も勝手に作って飲んでいました。私は牛乳に弱いので、水で飲んでいますが、子供達は牛乳で作り、うまいから飲んでると言っています。
味はまんまココアです。ミロよりもココアに近い感じがします。

Amazonの定期おトク便にすると通常より少し値引きされ、配送のキャンセルや配達時期の変更もAmazonのページから簡単にできます。
また、配送おまとめで3個以上まとめて発送されるようにすると、15%オフになるので配送のタイミングを調整しできるだけまとめています。

最近のなろう系小説では、「陶都物語~赤き炎の中に~」がお薦めです。

面白いなろう小説を探していて、簡単には読み切れないようなボリュームのある、今まで読んでいなかった作品が見つかると嬉しいものです。最近の一押しは、「陶都物語~赤き炎の中に~」です。
製陶会社の社長(32)が幕末に転生、現代知識を活かして磁器を作り出したり現代知識と交渉スキルを使って成り上がり中、まだ6歳。
幕末で黒船来航後ですが、よくドラマや映画になっている時代のちょっと前、有名人とも知己になりますが、超々メジャーな人達はまだ世に出てくる前で、これから絡んでいくことになるのかなと期待させられる。
元々ご自身のサイトに掲載されていたものを、改稿しながらどんどんアップされていますので、結構な分量の話を一日に2回、3回とアップされることもあって、夢中になって読んでいます。
ご自身のサイト(まふまふのホームページ)ではもう少し先まで掲載されているようなのですが、あえて我慢して、なろうにアップされたものだけ読んでいます。
陶都物語~赤き炎の中に~
なろうにアップされている、同作者の他の作品はどうだろうと、下記の作品を読んでみたのですが、これがまた面白い。
主人公は宇宙人幼女に改造され、ジミメンモブ中学生改め、超絶美少女改め、最強のリアル魔法少女になったそうです
一言で言ってしまうと、TS美少女で魔法少女ものなのですが、魔法の原理とか、世界設定とかよく練りこまれていて、バレそうでバレない眼鏡ギャップ萌えなどの要素も押さえてあって、非常に面白いです。
現在は、「陶都物語」に注力されるため更新が止まっているのですが、絶対に面白いので、ぜひ読んで良い評価をつけて、作者様に更新のためのモチベーションを保っていただきたいです。

pomeraは文章書くには最高ですが、この塗装は最低だ。

ガジェット

ポメラは、自分の考えやプロットを書き出してみる用途には、他のことが出来ないぶん集中できて最高です。
ただ本格的に文章を書こうとする場合、自分はネット等で調べものをしながら書くのでポメラだけでは完結できません。情報カードに万年筆で思いついたことを書き出していくような、アナログなことをデジタルに出来るのがポメラなのかもしれません。
ポメラはDM10、DM20、DM100と持っていますが、DM10とDM20を久しぶりに出してみると、ラバー状の塗装が劣化してしまってベタベタしています。
触るとうんざりするくらいベタベタしていて、「ポメラ 塗装」などで検索すると事例がたくさん出てきます。
f:id:pgary:20160521081434j:plain
塗装を剥がしてきれいにできないか、電池蓋の部分で試してみました。エタノールをかけて、ニトムズのテープはがしカッターで削ると面白いくらい剥がれてきます。
ただこのような平面部分は比較的剥がしやすいのですが、ポメラには曲面も多くて、まだすべて剥がしきれていません。
f:id:pgary:20160521081413j:plain
キングジムさんも問題は把握しているのか、ポメラもDM5、DM25、DM100はこの塗装は採用していないそうです。
ガジェット類を企画される方には、手触りやグリップ感が向上するにせよ、この手の塗装は採用しないようにしていただきたいです。

超チーーープなアームレストだけど肩こりに効果あり。

パソコン

肩こり対策の続きでアームレストを導入してみました。
効果があるかどうか分からないので、とりあえずAmazonで一番安いノーブランド品を購入。私が買った時は520円だった。
f:id:pgary:20160518211345j:plain
ネジまでプラスチックだし、ちょっと擦り傷付いているし、腕を置くところはスポンジに合皮貼りなんだが、接着剤がはみ出しているし、超チープな外観です。
f:id:pgary:20160518211550j:plain
正直大丈夫か〜?と思ったんだけれど、強度は十分あるし、アームレストの役にはたっています。明らかに手から肩にかけて楽!
写真に写っているのは、スイッチが浮いたけど一応使えるM570だけど、AmazonでM570tのタイムセールをやっていたのでこちらも注文しました。

2013年にM570を購入したときは、2,881円だったのに円安もありだいぶ高くなっていますね。
pgary.hatenablog.com