読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

万年筆用の古典ブルーブラックインクの情報で主なものを未来の日付で記録します。

自作インク 文具

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓
鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトルラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。
正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。
そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーのヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。
↓ この記事の続きを読む ↓

続きを読む

ポスト・イット ポップアップノート ディスペンサーは無意識に使っているので無くなってその不便さに気づく

文具

右側がもう何年も使っている75×25mm付箋のディスペンサーで、ぷらっとホーム株式会社で買い物した時に貰ったものです。少しヒビが入っていたり、裏面のゴム足が劣化してベタベタしたのを剥がしていたりしますが、ゴツイ作りでまだまだ長持ちしそうです。
f:id:pgary:20160822205610j:plain
左側は今回購入した75×75mmのタイプ、これを買ったのはiPad ProでPost-it Plusというアプリを使いはじめたから、ポストイットをぺたぺた貼っといて、何枚もある付箋をまとめてパシャりと撮れば、一枚ずつ認識して並べかえたりグループ化したり、お手軽に整理でるアプリです。

Post-it® Plus

Post-it® Plus

  • 3M Company
  • 仕事効率化
  • 無料
ただ、このアプリが認識できるのが正方形の付箋だけなので、アプリに合わせて買い足したというわけです。

普段意識せずに使っているもので、ディスペンサー用の付箋が無くなると急に不便を感じます。それこそ付箋を取りにいってスカッと空振る感じです。
ディスペンサー用の付箋は、上下交互に糊付けされてジャバラになった専用のもので意外と文房具店に置いていません。
f:id:pgary:20160822205620j:plain
何度か不便を味わった結果、対策として箱買いすることにしました。これで切れることを心配せずにガシガシ使えます。

片山の日奈久ちくわは子供の頃の思い出の味、うまい竹輪はふわふわしている。

食事

写真に撮って紹介しようと思ったら、もう子供達のお腹の中に消えてしまっていたのだ^^;
子供の頃、母の実家に行くときに寄り道しては片山の竹輪を買ってもらった。
運よく竹輪を焼いている時に出くわすと、焼き立てのふわふわして香ばしい匂いのするやつを紙に包んで渡してもらえるのだ。
車の中でそれをかじるのが至福の時だった。1本では止められず2本、3本と食べてしまう。
www.yokatoko-bai.com
お盆に墓参りに行って、久しぶりに片山のちくわを買って食べた。焼き立てはなくてビニールの袋が冷蔵ショーケースに入っていたけれども、冷たくてもうまい。冷えていてもふわふわしている。何本も立て続けに食べてしまえる。
子供の頃から竹輪が好きだという意識があるので、たまにスーパーで買って、コリコリ、ザクザクとした食感にこんなものだったかと思っていたのだが、うまい竹輪はふわふわしていたんだ。

10本買ったがあっという間に無くなってしまった。今度は焼き立てのある時に買いに行こう。

ダイソーのクリーム上質紙MEMOPADは百円で売って大丈夫なのか心配なレベル。

文具

百均をふらふらしているとついつい気になるものを買ってしまうので危険なのですが、またダイソーの文具コーナーで買ってしまいました。
f:id:pgary:20160819181141j:plain
パッと見目LIFEのノーブルメモっぽい表紙に手にとってみたのですが、裏を見るとまさかのMADE IN JAPANで「本文には、高級筆記用紙のクリーム上質紙を使用しています。」と書かれています。
文具・紙製品のライフ株式会社
f:id:pgary:20160819181424j:plain
3色あり、赤の表紙が5mm方眼、青の表紙が7mm横罫線、3色ともカゴに突っ込みたくなりましたが、ぐっとこらえて緑の無地のみ買いました。
f:id:pgary:20160819182437j:plain
パイロットのブルーブラックインクで試し書き、万年筆はキャップレスのMです。
f:id:pgary:20160819182647j:plain
ツルっとした紙質で厚手、にじみや髭も出ず、裏にもまったく抜けません。クリーム色の紙にブルーブラックがよく映えます。
検索してみたらやっぱり結構話題になっている商品だったようです。

同じような表紙デザインでB4サイズのNOTEBOOKというのも売っていたので、そちらも同じ紙質なのか気になります。使い切れないノートを増やしたくはないのですが、今度見かけたら買ってしまうでしょう。
ただ一消費者としては良いものが安く買えるのは嬉しいのですが、これでやっていけるのか文具業界のことを考えると心配でもあります。

ここからならLOFTが近いな、、そうだプラチナ プレスマンのカラー軸を買いに行こう!

文具

街に出て〜、たまたま乗ったバスがLOFTに近い側に着くやつだったので、前々から気になっていたプラチナ プレスマンのカラー軸を買いに行くことにした。
プレスマン (PRESS MAN, http://www.platinum-pen.co.jp/sharp_06.html#MPS-200)はその名のとおり、記者用、速記者用のシャープペンシルで、0.9mm 2Bの専用ロング芯と過度な筆圧がかかると芯を引っ込めるセーフティスライド機構で芯を守り、確実に記録を取れる速記用シャープペンシルです。

鉛筆やシャープペンシルは消しゴムでは消えますが、耐水性、耐光性は抜群、雨に濡れても水の中でも書けるし、芯が出ていれば確実に書けますので、ハードな環境での筆記には向いています。一時期モレスキンで裏抜けしない万年筆インクはどれだ?という話がありましたが、元々モレスキンは鉛筆やシャープペンシル向きの紙質なのだと思います。

プレスマンについて、詳しくは下記のスミ利の説明を読まれるのがよいです。私も最初はこのページを読んでプレスマンを購入しました。
プラチナ プレスマン 0.9ミリ速記用シャープペンシル スミ利文具店(通販、地方発送、滋賀県)
折れないシャープペンシルと言えば、最近ではゼブラのデルガードが話題です。デルガードは縦の力にはプレスマンと同様のスライドで、斜めからの力には金属部品のガードで芯を守りますが、プレスマンは斜めの力には0.9mmの芯の強さでガードします。

デルガードは2014年の製品ですが、プレスマンは1978年に発売されたロングセラー商品です。プラチナには他にもオ・レーヌやオ・レーヌ シールドなどの折れにくいシャープペンシルがあり、派手な宣伝はしていませんが、芯が折れにくいシャープペンシルでは定評があります。
そんなプレスマンが37年目にして機能向上して新発売となりました。創味シャンタンのようです。
プラチナ万年筆ニュースリリース

※先端セーフティースライド機構のクッション圧を高めにして意図しない芯スライドを防止しました。筆圧の低い方から高い方までサポートします。
※芯を出す時のノック音を大幅に低減。さらにノック圧を軽くする事によりスピーディで軽快な芯出しを実現しました。力の弱いユーザーにもスムーズにノック出来ます。

それに合わせて、これまで黒軸だけだったのが、白、赤、緑、青、黄を加えて6色展開になったのですが、丸善などでは未だに黒軸しか見かけません。
いずパパさんのページにLOFTで先行販売していると書かれていたのを思い出して、買いに行ったしだいです。
プラチナ プレスマンにカラーバリエーション5色が新登場![文具]

1本200円ですから、全色買ってしまおうかとも思ったのですが、特にVividだと感じた黄色と赤の2本を購入しました。画像の黒軸は以前から持っていた旧タイプのものです。
f:id:pgary:20160811220027j:plain
外見から見わけるポイントはロゴマーク、現在発売されている黒軸は黄色や赤と同じ横にラインが入ったものに変更されています。
f:id:pgary:20160811220215j:plain
内部構造は、芯を噛んで固定するチャックが金属から樹脂に変更されています。
f:id:pgary:20160811220519j:plain
そのためか、ノックしたときの音や感触が旧タイプの金属チャックはジャキジャキと音がしてノック感がしっかりあるのに対し、樹脂チャックだとチャキチャキという感じの軽い音でノックも軽くなっています。
キーボードで例えると、旧タイプがCherryの青軸で新型は茶軸のような感じです。旧タイプのノック感が好きな人もいるだろうけれど、実用上は新型の軽いノックの方が楽でしょう。

こんな良い製品なのに、「分かる人には分かる」ということなのか、「分かる人はもう分かってる」ということなのか、お店の什器には特にポップもなく、その他大勢と一緒に並んでいます。
専用の什器を置いてもらうのは難しいかもしれませんが、細長い差し込み式のポップを作って、元からお店にある什器に挿してもらい、「記者御用達」とか「セーフティスライド機構」とか「37年目の新発売」とか目を引くだけでもずいぶん違うと思うのですが。

プレスマン専用芯

プレスマン専用芯