読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

文具 自作インク

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。*1 これらの結果は、ブログで公表した他、趣味の文具箱Vol.16,23に記事を書かせていただきました。

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

古典ブルーブラックに関するQ&A

1. 古典ブルーブラックや古典インクという言い方は間違っているの?

悩ましい問題です:所謂古典ブルーブラックを表す言葉として、パーマネントインク、混合型インク、没食子インク、iron gall ink等々色々な言い方があるのですが、どの言葉もちょっとずつ説明し足りないところがあって、ちゃんと言うなら「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」になり長くなってしまうので、この概念を一言で表すなら「古典ブルーブラック」とか「古典インク」と言うのが便利なのです。
詳しくは、古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲をご覧ください。

2. 古典ブルーブラックは怖いインクなの?

いいえ、何事も使い方次第です。基本を知ってちゃんと使えば大丈夫
一口に古典インクと言ってもメーカーによってずいぶん違います。鉄分の多さで比べると、プラチナ<ペリカン<<R&K<ダイアミン レジストラーズ という並びで、鉄分が少ない方がペンには優しいですが、鉄分が多い方が耐水性や耐光性は高い。
また、使われている酸の種類が、プラチナやペリカンは硫酸、R&Kやダイアミン レジストラーズは塩酸で、硫酸の方がペンには優しいが、紙には塩酸の方が優しいかな?くらいの違いがあります。*2
総じて万年筆メーカーの古典インクは万年筆への影響が少なくなるように作られているようです。

2.1 ペン先への影響は?
古典インクの酸に耐えるように金ペンになったという経緯はありますが、鉄ペンについてもステンレスの改良が進み、現在の鉄ペン先は古典インクに耐えられます。*3 念を入れるなら硫酸系のプラチナやペリカンの方が腐食性は弱いです。
ただペン先自体は大丈夫でも、ペン先に施された鍍金、ペン先に近い所にある飾りリングや金属部分は腐食されることがあるので、気をつけてください。

2.2 紙への影響は?
没食子インクで書かれた昔の文献で、インク焼けという虫食いの様になる現象が知られています。*4 その原因として、硫酸と鉄イオンが考えられていて、硫酸の代わりに塩酸にすることはできますが、鉄イオンに関しては古典インクを使う限り避けては通れません。ただ、保存性が高い最近の中性紙でも同様の現象が起こるかは分かりませんので、数十年後にどうなっているか検討課題でしょうか。*5

古典インクが怖いなら、顔料やラメ入りインクだって別の意味で怖いです。怖い怖いといたずらに恐れるのではなく、何に気をつければ良いのかを知り、最後は自己責任だと割り切ってインクは好みが9割だと好きなインクを楽しみましょう。

3. 古典ブルーブラックでできる沈殿物や黒い滓は酸化鉄なの?

いいえ、「タンニン酸あるいは没食子酸と鉄(III)イオンのキレート化合物」です。長いので、短く表記するなら「没食子酸鉄」とするのがよいでしょう。こちら(古典ブルーブラックインクの黒の色は鉄の錆の色? - 趣味と物欲)の実験結果もご参考にされてください。酸化鉄 (wikipedia:酸化鉄) とは別の物質です。

4. 古典ブルーブラックのアスコルビン酸洗浄法とは?

このブログで2010年に世界で初めて公開された、安価で安全で効果的な古典インクの洗浄法です。*6
古典インクがペン先等で固まった時に出来ているのは、鉄(II)イオンが酸化された鉄(III)イオンとタンニン酸あるいは没食子酸がキレート化合物を作り水に溶けなくなったものですから、還元してやることで水に溶けるようになります。酸性にするだけでも効果はありますが、還元性+酸性+キレート能があり安全性も高いアスコルビン酸 (ビタミンC) が現状ではベストだと思います。
薬局やドラッグストアで購入できる局方品もありますが、食品添加物グレードのもので十分です。大袋で購入して余った分は、料理に使ったり、飲物に混ぜて飲んだりするのがコストパフォーマンスは高いです。
どうしても洗浄に使う分だけ購入したいという時は、コンビニ等でDHCのビタミンCカプセルを購入し、カプセルを開けて中の粉末のみ溶かして使うという方法があります。
なおビタミンC入りの飲料など液体として売られているものは効果がほとんど無いようです。

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

5. ペリカンのブルーブラックは古典インクじゃなくなるの?

現時点ではいいえ、ラミーやモンブランの例があるのでこれから先のことは分かりませんが、少なくとも現状、定期的に話題になる「ペリカンBBが古典じゃなくなった」という話は、一部販売店の誤解による誤報のようです。
一部販売店の言っていることに、ラミーやモンブランが事前アナウンス無しに古典インクを染料に変えたこと、ペリカンBBが米国で販売できなくなっていることが信憑性を増して、流布している噂にすぎません。
この噂が出るたびに、関東、関西方面の方にご協力いただき、二価鉄試験紙で確認していますが、販売店が染料と言って売っていたロットも古典ブルーブラックでした。
pgary.hatenablog.com
また、ペリカンBBが米国で販売できないことから、古典インクが米国で販売できない、ペリカンBBに危ない成分が入っているという誤解がありますが、「米国のTSCA (有害物質規制法) の既存品目リストに載っていない物質がペリカンBBに入っているため、使うには申請と審査が必要になるが、費用もかかるため販売しないことにした」ということではないかと考えています。
古典インクの主要成分については、TSCAのリストに載っていますので、それ以外の成分です。
pgary.hatenablog.com

正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイユニボール VISION ELITE、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーなどを使ってきて、最近はユニボール シグノ 307です。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はここをクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

プラチナ製 WAGNER11周年記念萬年筆が届きました。

万年筆

プラチナ製 WAGNER11周年記念萬年筆がうちにも届きました。
その特徴は企画された森師匠のブログに詳しいですが。
万年筆評価の部屋:萬年筆研究会【WAGNER】11周年記念萬年筆の全貌
キャップや首軸は濃い紫、同軸は薄い紫で、デザインだけでなく「インクの汚れが目立たたず、インク残量が見やすい」という機能的な面でも利点があります。
f:id:pgary:20170224192139j:plain
濃い紫はよ〜く見ると透けているんだけど、深い色で汚れはまったく目立たない。
また森師匠のブログに書かれていましたが、首軸の中の抜け防止の傷が無くなってきれいになっています。
万年筆評価の部屋:WAGNER 創立11周年記念萬年筆のペン先・・・SM
f:id:pgary:20170224192148j:plain
本栖の首軸の傷とキャップの中の汚れが目立つ点は常々残念に思っていましたので、嬉しい改良点です。
f:id:pgary:20170224193611j:plain
また同軸は中が透けてインクの色が分かります。見わけられるように、1本には付属のピンクゴールド鍍金コンバーター、もう1本にはシルバーのコンバーターを入れたのですが、そうしなくても見わけがつきましたね。
f:id:pgary:20170224192159j:plain
インクは軸色からSMにはクラシックインクのラベンダーブラック、Cには色の変化がはっきり分かるシトラスブラックにしました。
f:id:pgary:20170224192207j:plain
カシスブラックを入れた本栖のFと一緒に線の太さを比べてみます。
特にSMは本当に柔らかくて、力の入れと抜きで線の太さが変わって楽しいです。

神戸ペンショーの時購入したマッチ棒型アロマスティック

生活 文具

神戸ペンショーの会場となった「北野工房のまち」を散策して、2階の「マッチ棒」というその名のとおりマッチ屋さんで購入しました。
マッチ棒|北野工房のまち 神戸マラソン 森の防潮堤をつくろう!
f:id:pgary:20170221195828j:plain
箱は2段になっていて、上段にマッチ棒型アロマスティックが8本、下段は火を付けたアロマスティックを置くマットが入っています。
hibi | 10MINUTES AROMA, MADE IN JAPAN
使い方は普通のマッチの様に火を付けて、マットの上に置くだけ。
f:id:pgary:20170221195835j:plain
もったいなくて、ここぞという時に少しずつ使っています。
pgary.hatenablog.com

満を持してmacOS Sierraへアップグレード

Mac パソコン

パソコンに関しては人柱体質の私ですが、macOS Sierraは問題のあるソフトの影響が大きくてアップグレードを我慢していました。
使用しているアプリのmacOS Sierra対応状況 - 趣味と物欲
ESETとScanSnapは早々に対策されたのですが、EndNoteはこれを機会にX8にしろってことなのか、X7は対応してくれないようです。
Sierra発表後にタッチバー付きのMacBook Proを買った人によると、SierraとX7の組合せでも、文献の整理やWordへの挿入は特に問題無くできたらしく、結局問題があるのはPDF周りだけだったのかな?
そんな話も聞いていましたが、どうせ出遅れたので、X8へのアップグレードに合わせて、Sierraにアップグレードしました。
f:id:pgary:20170218161934j:plain
Sierraにしたら30G弱くらいSSDの空きが増えたのは嬉しい誤算というやつでした。ただFinderだと80G空いているんですが、「このMacについて」のストレージでは、80G利用可能だけど、空きは55Gでパージ可能領域が25Gとなっています。パージ可能について、ちょっと検索してみたけどあまり良く分からないなあ。
このストレージの空きを見ていると、次に買いかえるとしたら、もう256Gのストレージでは収まりそうにありません。クラウドサービスを使っても、シンクするタイプだと結局ローカルにも同じだけ容量が必要になりますしね。
ScanSnapは対策されているけど、SierraとEl Capitan以前はドライバが異なるため、Sierraへのアップグレード後インストールしました。

プラチナ クラシックインク (古典インク) が正式販売されて購入された方の感想などまとめ

万年筆インク

プラチナ万年筆ニュースリリース
プラチナの英語版のプレスリリースだと、各種ペン先(UEF~C)で書いた筆記見本もあります。
PLATINUM PEN CO,LTD. JAPAN

Twitterより 画像があるものから

色々な方の感想や筆記見本がどんどん上がってきてスゴイ!
やっぱりプラチナの様な老舗のメーカー品になると違うものだな~と実感してます。














https://twitter.com/tomomo_saito/status/830409524297101313



































[https://twitter.com/recstar0707/status/831844885888000000:embed#プラチナ万年筆さんの古典インク買いました…!!これは面白い!!・:\*+.\*1/.:+色が変化するのたのしい!!このお色はシトラスブラックです! #古典インク #プラチナ万年筆 #万年筆 https://t.co/w5oDsvUHeG]

*1: °ω°