趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

最初はハウツー本のつもりで読み始めた「本で床は抜けるのか」が急転直下怒濤の展開で恐しさに震えてしまった

我が家もそれなりに本とコミックがありますので、最初は純粋に木造家屋がどれくらいの本の重量に耐えられるものか、というハウツー本的興味から読み出した本書、ちまちま読み進めてやっと読み終わりました。 本で床問題が1/3くらいで、遺品の蔵書整理、自炊…

ダイソーのクッションケースで作るNiZ ATOM66キーボード用ケース

NiZ ATOM66キーボードは中国製のキーボードですが、東プレのRealforceやHappy Hacking Keyboard Proのような静電容量無接点方式を採用していることで、その筋で人気のあるキーボードです。 画像上段がATOM66、下段はMINILA Air、ATOM66はその名のとおり66キ…

筆箱定点観測 2020年4月2日

最近、つくしペンケースの中の万年筆が固定されてきて変化が無いので、このあたりで記録しておきます。ペンケースは相変わらずのつくしペンケース、もう10年くらいでしょうか長い付き合いになってきました。 万年筆は右から順に、NAMIKIファルコンにパイロッ…

TAGの葉緑をようやく開けました

神戸ペンショーの時にTAG STATIONERYさんから購入した文染の葉緑をようやく開けました。文染は、京都草木染研究所と共同開発された植物由来のインクのシリーズで、葉緑は桑の葉から抽出されているそうです。 文染 / 天然染料のインク 02葉緑 – TAG STATIONER…

電源ケーブル1本のRaspberry Pi 4

Raspberry Piに普通に普通の液晶モニタを繋ぐと、Raspberry Piの電源ケーブル以外に、Raspberry Piとモニタの接続ケーブルやモニタ自身の電源ケーブルが必要になってゴチャゴチャしちゃうので、Raspberry Pi専用の液晶を選んでみました。 電源ケーブル1本で…

Vinta inksのHarlequinをようやく開けました

神戸ペンショーの時にHokushinさんから購入したVinta inksのHarlequinをようやく開けました。筆記後色が変化するシーンインク (sheen ink) に分類されていて、一番色の変化が激しいとHokushinさんに聞いて購入しました。 ヴィンタ インクス シーンインク シ…

百均商品で作るメガドライブミニ&PCエンジンミニ用ゲーム台

PCエンジンミニが届いたので、当初の計画通りメガドライブミニとPCエンジンミニを収納できる百均商品で作るゲーム台が完成しました。 主にダイソーで調達しており、MDF板2枚、木製立方体ブロック8個入りを4つ、木製のボックスと状差しを使っています。状差し…

古典ブルーブラックと万年筆と私 8 乱離篇

聿竹さんからの依頼 2018年11月に聿竹さんからTwitterのDMで青色1号古典インクを分けて貰えないかと連絡がありました。聿竹さんと言えばヌルリフィルで有名です。ヌルリフィルの商標登録ができたので、その記念として泉筆五宝展に並べたいとの依頼でした。 …

古典ブルーブラックと万年筆と私 7 怒濤篇

プラチナ万年筆との話し合い 急いで日程を調整して、自作インクの試作品と資料を持って東京に飛びました。森さんと合流して、プラチナ本社を訪問し、中田社長をはじめとするプラチナ万年筆の方々と3~4時間くらい話をしたでしょうか。 終始和やかな雰囲気で…

古典ブルーブラックと万年筆と私 6 飛翔篇

再び古典インクの理想を掲げるために、日本よ、私は帰ってきた 2011年3月9日「ちょっと東京よってみる?」「いやもうお家に帰りたい」というような会話をして、成田から福岡に乗り換え、まっすぐ帰ってきたのですが、2日後jet lagの呆けた頭で「とんでもない…

古典ブルーブラックと万年筆と私 5 風雲篇

アスコルビン酸洗浄法の開発 古典ブルーブラックは二価鉄が酸化されて三価鉄になり、タンニン酸や没食子酸と水に溶けないキレート化合物を作り固まっている、それなら還元してやれば溶けるはず、と今考えてみれば当たり前のことですが、それまで使われていな…

古典ブルーブラックと万年筆と私 4 策謀篇

古典ブルーブラックか否か ブルーブラックインクが古典ブルーブラックなのか、そうでないのか、当時の万年筆愛好家の方は、筆記時の感覚や、書いたものを水に濡らした時の筆跡の残り方で、ほぼ正確に把握されていました。 色々な方の意見を総合してみると「…

古典ブルーブラックと万年筆と私 3 雌伏篇

WAGNERに初参加 WAGNERが福岡に来る!ということを、森さんのブログで知り、参加してみたい、でもちょっと怖い、と会場に着くまで悩みに悩んだあげく、興味が勝って参加しました。 2009年7月12日のことです。WAGNER九州大会に参加 - 趣味と物欲 参加してみる…

古典ブルーブラックと万年筆と私 2 野望篇

古典インクを作ること自体は簡単だった プロジェクトXばりの失敗と成功のドラマがあれば盛り上がるのでしょうが、「インキと科學」の処方のまま調製してみるのは簡単でした。本に書かれているのは処方だけで、書かれていないちょっとしたコツのようなものは…

古典ブルーブラックと万年筆と私 1 黎明篇

はじめに 古典インクの自作について、私なりのこだわりがあるのですが、そのこだわりの部分だけ話しても、何故そこにこだわるのか分かってもらえなかったり、誤解されたりしそうなので、自分の考えを整理する意味でも、古典インクと関わりだした最初の最初か…

各種古典ブルーブラックインクをモレスキンで滲みと裏抜けテスト

しゅんさんがP.W.Akkermanの没食子ブルーブラックが滲みやすくないか気にされていたので、モレスキン (moleskine) を使って滲みと裏抜けのテスト 上から順にペリカン4001BB、プラチナBB、ローラ&クライナー (Rohrer&Klingner) サリックス (Salix)、ダイアミ…

ラムネ瓶が楽しいP.W.Akkermanの没食子ブルーブラックインク

ラムネ瓶のような仕組みでインクを吸入しやすく工夫されているP.W.Akkermanのインクには、Ijzer-galnoten Blauw-Zwartインクがあります。オランダ語で、Ijzer-galnoten Blauw-Zwartは、英語だとIron-gall blue black、没食子のブルーブラックインクです。 英…

ペリカンブルーブラックが古典ブルーブラックのままか定期調査 (2020年3月)

またまたTwitterで「2019年11月購入のペリカン ブルーブラックが古典インクではなくなっていた」という投稿を見つけてしまったので調査しました。 日本でもっとも新しいロットを持っているであろう伊東屋の通販に注文しました。送料を無料にするために、PWア…

コロナウイルス対策で無水エタノールやスピリタスを薄める時は消毒対象の水分量を考える必要があるけど大体80%でよい

エタノールの消毒効果は70%が最強だが、局方の消毒用エタノールの濃度が76.9~81.4%と定められているのは、噴霧後、エタノールの方が揮発しやすいから濃い目に作られているのだ、といつか教わって、何かで読んだと記憶していたのだけれど、本当にそうなのか…

プラチナのノック式万年筆キュリダスを天神とうじで購入

プラチナ キュリダスをネットで注文していたのですが、2月28日発売予定だったのが、3月20日まで延期されたので、先行販売をしている天神のとうじで購入してきました。天神のとうじは、福ビルから、天神きらめき通りに移転しています。 PLATINUM PEN CO,LTD. …

MD770が届いたのでファーストインプレッションを、付属の交換用キーキャップのセレクトがとにかく謎

キットカットさんに注文していた分離型キーボードの新製品MD770が届きました。注文した時点で在庫が無かったので若干時間がかかりましたが、今は旧機種のMD600を使っていて急ぐものではなかったので、注文してのんびり待っていました。 日本ではまだBTでも接…

ノートパソコンのキーボード環境を向上させるべくRMS尊師スタイル用ボードを自作した

今こそ敢えて、昔のPC98ノートみたく、ぶ厚く、ゴツくていいので、Cherryのメカニカルキーボードや東プレの静電容量無接点式キーボードを搭載したノートパソコンが出ないかな~と夢想していたのですが、そんな特殊な嗜好を持つ人向けに、尊師スタイルと言わ…

プロフィット長刀エンペラーレアロには顔料インクstoria Fireを入れて

昨日の記事の裏書きできるキャップレス長刀研ぎをお願いする元になったのは、プロフィット レアロ 長刀エンペラーです。 神戸ペンショーの記事の時にも書きましたが、長原お父さん先生に調整していただいて裏書きでも滑らかに書けます。 pgary.hatenablog.co…

キャップレス長刀研ぎマットブラック剥しブラス軸

色々な部分をゴリゴリに弄ってしまったので、自分で使う以外ない状態のキャップレスマットブラックです。マットブラック塗装が剥れやすいので、いっその事全部剥してしまえと、リューターとヤスリで剥してコンパウンドで磨きました。握るとブラスの金属臭が…

復刻デザインのパイロット万年筆インキを購入しました。

復刻デザインのパイロット万年筆インキを丸善で購入しました。自分が持っている古いパッケージのものも一緒に並べてみました。どれが復刻デザインのパッケージでしょうか? 正解は右端が今回購入した復刻デザインのパッケージ (ブルー)、左端が原稿のパッケ…

なろう小説の「プニキとはじめるリーグ運営 ~野球ゲーム?作って運営します~」がすごい!

小説家になろうで公開されている小説をあれこれ読んでいる読み専ですが、時々その小説の面白さに夢中になって読み耽り、その才能に、ただただ感嘆する作品にぶちあたることがあります。 「プニキとはじめるリーグ運営 ~野球ゲーム?作って運営します~」は…

Linux Zaurusを親指タイプ端末として再評価してみる

Linux ZaurusはSL-C700 → SL-C1000と使い込みました。素のC700は、遅くて、バッテリーも持たなくて、と散々な評価をされていましたが、swapを使えるようにしたり、special kernelに入れ替えたり、裏蓋を交換して大容量バッテリーを使ったりと工夫することで…

バイノーラル録音された音源を聞くのに最適化されているという触れこみのfinal E500がAmazonでも取り扱い開始された

finalの廉価なイヤホンE500 (E500 | final) はバイノーラル録音された音源を聞くのに最適化されているという触れこみで、色々なレビューが見つかります。 声優・小岩井ことりさんが推す「VRイヤホン」ことfinal『E500』、ガチでヤバかった → 頭の中がホーム…

クラシックインク マイカラー ブルーと喜望峰の比較

サトウヒロシさんの実況動画を観て、クラシックインク マイカラー ブルーのシアン系の青が気になっていたのですが、やっと重い腰を上げてAmazonで購入しました。 pgary.hatenablog.com 喜望峰と比べてみました。 書き始めはもっと似ているのですが、しばらく…

これって古典インクのピンクでしょうか?

だいぶ前に古典インクのピンクは無いか聞かれて、その時は難しいかもと答えたのですが、つい最近も古典インクのピンクを探されているツイートを見かけたので、赤を薄めるか、ちょっと黄色を混ぜてみては、とプラチナのクラシックインク マイカラーをお勧めし…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little