趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

ペリカン DION万年筆のラバーコーティングが加水分解してベタベタに。

手に持った時の感触を良くするためか、滑り止めのためか、ラバーコーティングされたものがいっぱいあります。
それらは多かれ少なかれ加水分解しているのですが、中には触れたくなくなるぐらいベタベタになってしまうものがあります。
これまで特に酷かったと記憶しているのは、ポメラ DM20の塗装と、HORIのXBOX360用フライトスティックでした。
pgary.hatenablog.com
万年筆を整理していたら、ラバーコーティングがベタベタしているのが出てきました。
f:id:pgary:20181021084100j:plain
ヨーロッパから逆輸入のぺんてる プラマンが2本とペリカンDIONです。
pgary.hatenablog.com
プラマンはベタベタするけど、まだ使えなくはない程度ですが、DIONの方はかなり酷く、周りの塵が張り付いてしまっています。
f:id:pgary:20181021084324j:plain
こんなになるくらいなら、ラバーコーティングしなければ良いのに。

手書き特集の雑誌penを買いました。とても良い特集でしたが、インクの説明には突っ込みを入れる。

「手書きの味わい」という特集の雑誌penをdマガジンでチェックしたら、かなりの分量が手書きとペンと紙で占められていて、取って置きたいと思ったので紙でも買ってきました。
f:id:pgary:20181018073225j:plain
色々な人の手書きの原稿がページいっぱいに大きく載っていて筆跡を楽しむことができる。ただ、手書きが主題なのでしょうがないのだけれど、せっかく直筆原稿が並んでいても、ペンやインクや紙についての情報が無いのは残念。
筆記具も紙も、いつも使っているものをそのまま使っている人もいれば、編集部から渡されたペンや紙を使っているように感じられる人もいるので、筆記具についてはあえて情報を載せていないのかもしれない。
安藤忠雄さんの万年筆も「大人の文房具 vol.02」では、パーカー21?をニコイチにしたものを愛用されていたけれど、penではパッと見、普通のニブの万年筆だった。
安達祐美さんのコクーンは、編集部が用意したんじゃないかと予想するのだけれど、他にもアクセント的に差し込まれる画像のペンはパイロットの845、キャップレス、カクノだし、パイロット100年史やパイロットの見開き広告が3頁もあるので、パイロット全面協力の特集のように思われる。
インクについて詳しく書いている記事は、ほとんど無かったのだけれど、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーさんのカリグラフィの記事において、「インクはタンニン酸と酸化鉄を含む「ランクル・フェリック」や市販のインクを使用。」という記述があった。
酸化鉄に関する見解は以前書いた下記の記事のとおり、 「インクはタンニン酸と鉄を含む~」ならまったく気にならなかったのに。
pgary.hatenablog.com

普通の消しゴム買ってきた。

子供の消しゴムがちびたのばっかりになったので5個くらい買ってきて欲しい、というミッションを請け買ってきました。
f:id:pgary:20181017022103j:plain
普通のサイズの普通の消しゴム、どれも定価は100円?、少し割引きがあってそれぞれ76円だった。
とりあえずメーカー違いで、あるのを買ってきたので4種類、MONO (TOMBOW) が小さくて、Arch (SAKURA)とFORM ERASER (PILOT)は同じ大きさ、Ain (Pentel) が一番大きい。色々買ってきたのは使い勝手を比較してみたかったからだが、買ってきてから検索したら、PILOTはSAKURAのOEMという話なので、実質3種類か。
有名どころだと他にも、Radar (SEED)、まとまるくん (ヒノデワシ)、AIR-IN (PLUS)、あたりもあるから試さないとなと思ったら、Wikipediaによると、MONO消しゴム - Wikipediaは製造はSEEDがやっているそうだ。
消しゴム - Wikipediaによると、パッケージに付いているクリーンマークの番号で、製造業者が分かるらしい。

01 株式会社シード
02 有限会社アミ
06 ヒノデワシ株式会社
07 株式会社ヤジマ (オリジナル文房具制作、高品質低ロットなら|株式会社ヤジマ)
10 株式会社ヤマヤス (株式会社日本プラス|ホームページ)
11 ラビット株式会社 (サクラクレパスグループ)
13 ぺんてる株式会社

日本字消工業会-会員企業ご紹介

Gemini PDAにアップデートが来ていました。カメラモジュールは来ないけど。

アップデートが来ていることがGemini PDAの画面上にアナウンスされたので、ダウンロードとインストールを選択したら、自動で始まり、
f:id:pgary:20181011215043j:plain
ほって置いたら、再起動を待つ画面になっていました。Enterキーを押すと再起動されアップデート完了。
f:id:pgary:20181011215056j:plain
OSについては、ほぼ素のまま使っているので、何も問題は起こりませんでした。
Gemini PDAと言えば、カメラモジュールも注文しているけれど2ヶ月程動きなし、T教授も半年かかったというので待つしかないのかな。
ascii.jp
クラウドファンディングなら待つのは当たり前なんだろうけれど、カメラモジュールについてはPlanet ComputersのWeb Storeで注文しているのに、これなのは会社が大丈夫なのか心配になります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^