趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。
↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

iPad ProのSmart Keyboardは無償交換修理になったが、何が届くのかちょっとドキドキしている。

昨日記事にしたiPad ProのSmart Keyboardの故障、Appleのサポートに連絡したら、Appleでも把握している不具合ということで、無償交換修理ということになった。ありがたい。
pgary.hatenablog.com
ヤマトさんが新しいものを配達してくれるので、その場で故障したものと引き換えることになるそうです。
交換修理の内容について、まずメールで案内が来たのですが、
f:id:pgary:20180719195242j:plain
10.5inch用のSmart Keyboardになってる。私のはiPad Pro 12.9inch用である。
メールにあったリンク先で確認してみると、
f:id:pgary:20180719195407j:plain
こちらは12.9inch用と書いてあるので少し安心したのですが、ANSI-JPNと書いてあるのがちょっと気になる。私のはiPad Pro 12.9inch用のUS配列である。
ANSIは米国国家規格協会だから、US配列の日本販売バージョンのものという意味だと思うのだけれど、日本語配列のものが来たりしないよね。日本語配列の日本販売バージョンならJIS-JPNになるかな。
私のSmart Keyboardの症状は、おそらく下記の無償修理対象に該当したのだろう。
iphone-mania.jp

iPad ProにSmart Keyboardを繋ぐと充電していると勘違いする故障?

久し振りにsmart keyboardを使おうとiPad Proに繋いでみると、バッテリーの表示がペカペカと点滅する。良く見ると電源に繋いでいないのに、充電と未充電の表示を繰返しているようだ。
分かりやすいように動画で撮ってみた。

iPad Pro smart keyboard charging? failure
smart keyboardを繋ぐとペカペカし初めて、外すとペカペカは止まる。
smart keyboardが壊れているのだと思うのだけれど、軽く日本語で検索してみても、smart keyboardが認識しなくなるという不具合は多く報告されているけれど、この症状は見つけきれなかった。
同様の症状が起こった方の助けになるかもしれないので、ここに記録しておきます。

Apple 12.9インチ iPad Pro スマートキーボード/MJYR2AM/A

Apple 12.9インチ iPad Pro スマートキーボード/MJYR2AM/A

ついに氷点下三ツ矢サイダーを飲めました。

前から氷点下三ツ矢サイダーの自販機があることには気づいていたのですが、販売時間が限られているので飲めないでいました。
電気の節約のためだと思いますが、17時までしか販売していません。
f:id:pgary:20180714133353j:plain
過冷却されているので、キャップを開けて飲んでいると中に氷が出来てきます。
最近猛烈に暑いので、キンキンに冷えていると美味しいです。
f:id:pgary:20180714133404j:plain
アサヒのページを見ても設置箇所は少ししか公開されていないので、運良く見かけたらお試しください。
www.asahiinryo.co.jp

ほんとだ!Vペンからもスプリングが出てきた。

前回の記事に、KITAさんより下記のようなコメントをいただいたので、

同様の機構はパイロットの使い切り万年筆のVペン、水性ボールペンのVコーンにも、プレピー以前から使われています。
スリップ・シールとは異なるのか?特許申請しなかっただけなのか?

pgary.hatenablog.com
Vペンのキャップをカッターで切ってみたら、
f:id:pgary:20180712194248j:plain
本当にスプリングが出てきました。
Vペンのキャップは透明な部分が無いので今まで気づいていませんでした。
プラチナのページには、

回転ネジ式キャップで初めて耐久性を考慮した完全気密キャップ「スリップシール機構」を実用化する事により、プレピー万年筆 やプレジール万年筆のスナップ式に続き、実用化困難とされていた回転ネジ式キャップの高級万年筆でも完全気密を可能にしました。
(特許取得済 登録番号 第5637515号)

と書かれていますので、ネジ式で完全気密にしたのが特許ということなのでしょう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^