趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、プラチナとペリカンのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトル*1ローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。

また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *2

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • ヌルリフィルでお馴染Pen_Saloonさんの喜望峰インクとして採用されました。万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloon
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*3

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、本やネット上の文章として残っているものとしては、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典インクは、ある程度の耐水性・耐光性があり、比較的裏抜けや滲み難く、書いた後の色の変化が楽しめ、昔ながらのインキ消しで消すこともできる上、ペン先が汚れたらアスコルビン酸できれいに落とすことができ、そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる方もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラック (古典インク) に初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

今週のお題「わたしの自由研究」

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は「続きを読む 」をクリック

続きを読む

ThinkPad X220キーボード不調の原因は英語版キーボードユニットでした

お騒がせしていたThinkPad X220キーボード不調ですが、元々付いていた日本語版キーボードに交換したらピロピロならなくなりました。
f:id:pgary:20190918210417j:plain
結局英語キーボードの故障だったようです。ヤフオクで購入したものだったのですが、新品との触れ込みで購入したのに、最初からスペースキーの動きが悪くて、キー裏のゴミを掃除をして使っていた物だったので、実は中古品で元から壊れやすかったのかもしれません。
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

ThinkPad X220のキーボード不調の原因を切り分けようとしてやらかしました^^;

前回の記事へのコメントで下記のアドバイスをいただきましたので、成程~と早速試そうとしてやらかしました^^;

キーボードを外し放置してみて、それでピロピロが収まるようであればキーボードが原因と思われるのでキーボードを新しいものと取り替えればよいのではないかと思います。
外してもピロピロするようであれはX220本体が駄目な可能性が高いのではと……

pgary.hatenablog.com
外したキーボードの方に電源ボタンも付いているので、コネクタを外す前に、電源繋いで電源ボタンを入れて、、、とやってる時にキーボードが滑り、机からフレキで垂れ下がって、、、
f:id:pgary:20190918003546j:plain
フレキ切れた~~~^^;
ということで、新しい英語キーボードヤフオクAmazonで探していますが、何となく純正っぽくない品物で、発送も中国からの物ばかりな感じです。
とりあえず換装前の日本語キーボードに戻すか。
pgary.hatenablog.com

ThinkPad X220のキーボードが調子悪く、TABが押され続けているような動作をするのを何とかしたい

キーボードが大好きなThinkPad X220ですが、そのキーボードの調子が最近悪くなって、しばらく放置しているとTABキーが押され続けているような動作を見せます。
下記の動画の様にフォーカスがピロピロと切り替わるのです。

The Keyboard on ThinkPadX220 is not working properly.
この状態でTABキーやカーソルキーを押すとピロピロ切り替わるのが止まりますし、正常にキー入力もできる様になるのですが、しばらく放置していると、またピロピロが始まります。
使用しているソフトウェアや常駐しているアプリのチェック、Windowsやソフトウェアのアップデートや設定を見直してみたり、キーボードコネクタも挿し直してみたりしましたが、今のところ解決できていません。ピロピロになったらTABキーを押すことで、今のところ使えてはいるのですが、気持ち悪いので何とかしたいです。
こんな症状に心当たりの方がいらっしゃいましたら、コメントいただけると幸いです。

R&Kのライニガー万年筆洗浄液のpHを調べてみた。

大丸藤井セントラルのセールで購入した万年筆洗浄液 ローラー&クライナー (R&K)のライニガー (reiniger)です。説明書など入っていなくて、使い方の手掛かりはラベルに書かれた文字だけ、「fill 5min - rinse」と説明不足にも程があります(^^;
f:id:pgary:20190906205807j:plain
瓶の中には洗浄液溜めがあります。昔のシェーファー Skripインクの様な構造ですが、Skripはガラスでインク溜めを作っていたのでコストがかかりそうですが、この構造なら安くできそうです。インク瓶にも採用されないかな。
f:id:pgary:20190906210309j:plain
KINGDOM NOTEやPen and messageによる解説を読むと、洗浄液を吸入後5分程筆記して、水で濯ぐという使い方をするようです。

使ってみようにも、良い感じに詰まった万年筆が無いので、とりあえずpHだけ見てみました。
f:id:pgary:20190906210823j:plain
pHは9ぐらいでしょうか、アルカリ性です。
R&Kは没食子インクのサリックスやスカビオサを出していますし、大丸藤井セントラルの商品ポップには、没食子インクにも効果有りと書かれていたのですが、没食子インク (古典インク) の主な固着成分であるタンニン酸鉄や没食子酸鉄は酸性条件で良く溶けますので、アルカリ性のライニガーで落とすのは効率が悪いです。
ライニガーはあくまで顔料インク用の洗浄液だと思っておいた方が良いと思います。
また、ライニガーの様な洗浄液を定期的に使うことを進める向きもありますが、せっかく調子の良い万年筆を洗浄すると、却って調子を悪くしてしまうことがあるので、この手の強力な洗浄液は調子が悪くなってから使うものだと思います。
ちなみに、Rohrer & Klingnerのインクで実際に顔料インクなのは、document inkなどのwaterproofと明記されている一部のインクで、他のインクは没食子インク以外、染料インクになります。
pgary.hatenablog.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^