趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、プラチナとペリカンのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトル*1ローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *2

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • ヌルリフィルでお馴染Pen_Saloonさんの喜望峰インクとして採用されました。万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloon
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*3

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

「万年筆バイブル」のインク以外のところで疑問に思った点は。

「万年筆バイブル」のインクに関するところで疑問に思った点は先日ブログに書きました。
pgary.hatenablog.com
インク以外のところも読んでいて、一箇所疑問に思ったところがありましたので書いてみます。

疑問に思った点

P97: 切り割りの長さとインクの速度について
ここはクイズ形式になっています。

ハート穴から先端部までの距離-つまり、切り割りの長さが長いものと短いものでは、どちらのほうが、インクが先に紙にまでたどりつくでしょうか?

答えは切り割りの長い方で、

長ければ長いほど、切り割りは細くなるので毛細管現象が働きやすくなるからです。

とのことなのですが、切り割りの隙間は切り割りの長さに関係なく調整で変えられると思います。
また、長ければ長いほど早く紙に届くなら、5mmの切り割りと10mmの切り割りなら10mmの切り割りでは2倍以上の速度でインクが流れ、100mmなら20倍以上の速度でインクが流れるということになるのですが、それはさすがに無理があるように思います。

「万年筆バイブル」を買い、早速インクに関するところを読みましたが。

「万年筆バイブル」という本が出ると聞き、早速Amazonで購入しました。作者の伊東道風って何者?と他に著書も無く謎だったのですが、文具店の伊東屋さんのペンネームとのことです。矢立肇 - Wikipedia的な?

万年筆バイブル (講談社選書メチエ)

万年筆バイブル (講談社選書メチエ)

万年筆の本を買うとすぐにインクのところをチェックしてしまいます。納得できる点もあれば、納得できない点もあったので、あまり細かい突っ込みを入れるのも野暮かなあと思いつつ、これが伊東屋の公式見解というのは、ちょっといかがなものかと感じた点について書いてみたいと思います。

明らかに間違っていると感じた点

P61: 染料インクの退色について

これは紙に染み込んだ染料が乾燥して、粉となって空気中に消えていくからです。特に赤の染料インクはこの傾向が強く、赤いインクを使っている万年筆は、キャップなど細かい空気の出入りがある部品に赤い粉が溜まったりします。

P64: 古典ブルーブラックの青の色素の退色について

そして、インディゴがもたらしていた青い色が、乾燥していくとともに空気中に消失し、文字の色は最終的に黒に近い色になります。

どちらの文章も染料の光による退色を、色素が昇華?して空気中に消えてしまうからと説明されているようなのですが、光で色素の一部構造が分解して色が消えてしまったためで、分解した物質は紙に残っていると思います。

正確な表現ではないなあと感じた点

P64: 古典インクの原理について

空気に触れることで、タンニン酸第一鉄がタンニン酸第二鉄へと変化します。酸化第二鉄というのは、簡単にいえば錆のことで、つまりは錆びることで黒へと変色し、水に溶けにくくなるのです。

途中まで「タンニン酸第二鉄」と正しい用語を使いながら、それが「酸化第二鉄」にドラスティックに変わるところに痺れます。ちなみに酸化第二鉄は、酸化鉄(III) - Wikipediaのことなので、タンニン酸第二鉄とは別物です。錆びるから黒くなるという説明は楽かもしれないですが、黒いのはタンニン酸第二鉄の色ですし、酸化第二鉄は赤錆で、弁柄の主成分ですからどっちかと言えば赤ですし。

間違いではないけれどモヤモヤする点

P65: 古典インクを製造するメーカーについて

海外でも、かつてはモンブラン社、ラミー社、シェーファー社といったメーカーが古典インクを製造していましたが、今、万年筆メーカー製のものはほとんど見かけなくなり、一部のインクメーカーが製造している程度です。

ペリカンのブルーブラックに言及していないところに、ちょっとモヤモヤしました。

P65: ステンレスのペン先の耐食性について

もし、ペン先がステンレスの万年筆で、古典インクを使うとなると、ダメージは相当なものになります。

どれくらいを相当なダメージと考えるかの見解の相違だと思いますが、ちょっとモヤモヤしました。

インクについては色々と突っ込みを入れてしまいましたが、万年筆の使い方や細部の説明、各メーカーの特徴まで、広く万年筆について解説した面白い本だと思います。

ペリカンブルーブラックが古典ブルーブラックのままか定期調査 (2019年4月)

色々な情報が錯綜した結果、定期的に浮上してくるペリカン ブルーブラックが古典ブルーブラックではなくなったという噂、その噂が話題になるたびに新しいロットのペリカンブルーブラックを購入し、二価鉄試験紙でチェックしたり、チェックを依頼したりしてきましたが、今のところずーっと古典ブルーブラックのままです。
f:id:pgary:20190411231911j:plain
以前調査した時から2年くらい経ちましたので、銀座の伊東屋で最新のロットのペリカンブルーブラックを購入してきました。また最近はカートリッジを調査していなかったので、こちらもロングとショートのカートリッジを伊東屋で購入しました。
f:id:pgary:20190411231921j:plain
ボトルのロット番号は18H、2018年のAから始めてH番目のロットになります。
f:id:pgary:20190411231933j:plain
二価鉄試験紙を使ったクロマトグラフィーで、二価鉄を含む古典ブルーブラックかテストします。普通のろ紙を使うペーパークロマトグラフィーとは違い、色素を分離しているわけではなく、二価鉄と反応して赤く変色しています。
ペリカンのブルーブラックはボトルもロングカートリッジもショートカートリッジも赤く変色していますので、二価鉄を含んでいる、つまり古典ブルーブラックということになります。対照として用いたパイロットのブルーブラックは染料のブルーブラックですから赤く変色していません。
ペリカンのブルーブラックはボトルもカートリッジも古典ブルーブラックでした。

遊舍工房に行って本だけ買って帰ったら、いつの間にかBAROCCO MD600が販売終了していた。

この間、秋葉原に行ったとき、かねてより念願だった遊舎工房に行きました。
f:id:pgary:20190401224249j:plain
遊舎工房は自作キーボードの専門店です。
遊舎工房 | 自作キーボード&レーザーカット&UVプリント
万年筆は、ペン先調整をしたり、して貰ったり、インクとの組合せを試したり、書き味の向上のために結構お金と時間をかけていますが、実際の使用頻度を考えると、キーボードにももっとお金をかける必要があるように思います。
記念に一枚(分のパーツ)買って帰ろうと思ったのですが、今のところBAROCCO MD600で満足しているので物欲を抑えて同人誌だけ買ってきました。
f:id:pgary:20190401224302j:plain
これらの本を読んで自分が作りたいキーボードを決めていきたいと思います。
ちなみに自分の愛用のキーボードは、MiSTEL BAROCCO MD600の英語配列 茶軸の一部キーキャップをBAROCCO RGBのものに変えたものです。これをMacBook Proに繋いで使っています。
pgary.hatenablog.com
分離型キーボードは肩を縮こめることなく打てるので、肩凝りが圧倒的に楽になります。私は肩凝りに起因する腕のしびれが無くなり、四十肩にもならなくなりました。
www.archisite.co.jp
これがあるうちは安泰と思っていたのですが、久し振りに販売元のサイトを見たら販売終了になっていて、Amazonの価格も軒並定価の倍くらいに上がっています。値下げされた時にRGBを買い足したのですが、あれは実は売れていなくて在庫処分的なものだったのでしょうか。
私にはまだ予備機としてBAROCCO RGBがありますが、その次は自作に挑戦することになるかもしれません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^