趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

この色が自作古典インクの原点 Light blueblack

この色が原点。
古典的ブルーブラックを作ってみた。 - 趣味と物欲」と言って、一番最初に試作した自作の古典インクは、手元にあった色素の関係で、この水色?、ライトブルー?、ターコイズブルー?という感じの色でした。
f:id:pgary:20180922142621j:plain
その後、所謂普通のブルーブラックに似た色の色素を使うようにシフトしていったので、長いことこの色素では作っていなかったのですが、WAGNER2018万年筆の軸色に合わせて、久し振りに調製しました。

すぐに色が変化してしまうので動画にしています。BUNGUBOX*1で買ってきたヌルリフィル*2に書いているので、シャキシャキと良い音がしています。
少しだけですが、aurora_88さん*3にも送りました。
pgary.hatenablog.com

Gemini PDAのキーボードのくすみ方に親近感が湧く。

Gemini PDAでキーボードの文字が消えるという話がありますが、私のもSKKで多用する左ShiftとTab (Ctrlに置き換え)の文字が少しくすんで来た感じがします。写真だと分かりにくいかな。
f:id:pgary:20180921113733j:plain
このくすみ方、親近感が湧く、何か見たことあると思ったら、いつも使っているMistel Barocco MD600のキーボードの感じに似ています。
f:id:pgary:20180921113745j:plain
www.archisite.co.jp
MD600は日本代理店のアーキサイトのページに、このことが仕様としてはっきり書いてあります。

レーザー印字(UVコート無)
※使用により発生する文字の汚れは、製品仕様によるものです。ご了承ください。

Gemini PDAのキーボードにトップコートを噴いた方のツイートについた、Planet Computersからのコメントによると、「Characters are lazer etched onto the black plastic keycaps. They are not painted on.」ということなんで、Gemini PDAもMD600と同様にレーザー刻印しているみたいです。



調べてみると、レーザー刻印は消えにくいけど、消えないわけじゃない、特に黒地へのレーザー刻印は薄くなりやすいとのことです。
レーザー印字は消えない? - みねこあ
すぐにキートップの印字が消える方に朗報!!そんなあなたは『2色成型』か『イルミネート』タイプのキーボードを選ぶべし | たぬまん
ただ、私のGemini PDAとMD600に関しては、文字が薄くなっているというより、白文字が汚れてきたので薄く見えてるという感じがします。

TOMBOWの修正テープ、MONO PGXだけカラーとテープ幅の対応が異なる件

普段は使わない「修正テープ」を買ってくるように頼まれたのですが、文具店の棚の前で意外にたくさん種類があるのに、はたと困りました。
その場でいそいそとiPhoneで検索すると、きだてたく*1さんと福島槙子*2さんがテストしまくった記事が出てきて、MONO AIRが最強でダントツ1位だというので買いました。
the360.life
MONO AIRを買うとして、次はテープ幅を3種類から選ぶことになりますが、棚に吊された修正テープを見ていたら、色の並びにおかしいところがあるのに気づきました。MONO AIRは、青6mm、赤5mm、緑4.2mmと並んでいて、他のもTOMBOWの修正テープは大概そうなのですが、MONO PGXだけ、赤6mm、青5mm、緑4.2mmと並んでいます。
気になって、TOMBOWのウェブページ (消す | カテゴリ | 株式会社 トンボ鉛筆) で確認してみると、たくさん種類がありますが、やはり大概、青6mm、赤5mm、緑4.2mmのラインナップになっています。

青6mm、赤5mm、緑4.2mm のMONO修正テープ

5mmに色々カラーバリエーションがあるものもありますが、基本色は青6mm、赤5mm、緑4.2mmです。唯一8.4mmのあるCCでは、その幅の色はオレンジになっています。

青5mm、緑4.2mm、紫2.5mm のMONO修正テープ

製品に6mmが無く、より細い2.5mmがあるタイプ、しかし青と緑に関しては同じ色の対応になっています。また、2.5mmは紫です。

青5mm のMONO消しゴム×修正テープ

消しゴムと修正テープが合体していて、修正テープは5mmのみのタイプ、カラーバリエーションが5色あり、基本の色は青というよりMONOの消しゴムを意識したカラーだと思うので、カラーとテープ幅の対応がずれているという感じではない。

赤6mm、青5mm、緑4.2mm のMONO修正テープ

そして、問題のPGXですが、これだけ何故か赤6mm、青5mm、緑4.2mmとなっています。
ひょっとして、2wayと同様に最初は5mmしか無く、青を5mmにしたけれど、後からテープ幅が追加され、色との対応がずれたのでは、などと想像してみたのですが、2010年の新発売の記事を見ると最初から3種のテープ幅の3色展開で色の対応はずれていました。
超微粒子修正膜の修正テープ「MONO PGX」発売 | 株式会社 トンボ鉛筆
どうしてPGXだけ違うのでしょうね。

古典インク(没食子インク)の定義について、万年筆界隈における趣味の文具箱の影響はものすごく大きい。

趣味の文具箱Vol.47はまた素晴しい特集号だったのですが、一点だけ気になった点として、

p118の古典インクの説明が「染料インクに鉄分と酸性分を加えている」とかなりざっくりしていること。タンニン酸も没食子酸も名前に酸と付いてるからと、文字数の関係でギュギュと文章を詰めたのでしょうが、さすがにはしょり過ぎです。

pgary.hatenablog.com
ということをブログに書きました。
古典インク (没食子インク) を古典インクたらしめている重要な成分は、鉄とタンニン酸や没食子酸で、タンニン酸はフェノール性水酸基、没食子酸は加えてカルボキシ基があるくらいで、酸性はかなり弱く、それを酸性分とまとめられると違和感があります。古典インクを酸性にするための酸は、硫酸や塩酸など別に加えられますが、これは安定化のために加えるもので、極端な話無くても古典インクは成り立ちます。
パイロットの「インキと科學」p201には、

1663年に、此のボイル氏*1は、五倍子*2液と鐡鹽*3との混合液中に硫酸を添加して酸性にすると、暗黒色が見る見る消えて清澄な液になるといふ作用を発見しました。

とあり、以降、古典インクの安定化のために、硫酸や塩酸を加え、液を酸性にするようになりますが、必須の成分というわけではありません。
何故改めてこんなことを長々と書いたかと言いますと、昨日公開されたオエステ会のブログ記事中で古典インクの説明を、

染料インクにに特殊な製法で鉄分と酸を加えたインク。紙に書くと次第にインクが酸化して文字が黒に近づいていきます。同時に耐光性や、耐水性も増していくので、長期保存に最適。

oeste.jp
とされていたからです。
細かいところにこだわり過ぎかとも思いますが、ここは正確に理解しておかないと、古典インクの本質を間違ってしまうことになりますので、あえて苦言を呈させていただきました。
ちなみに以前からこのブログでは古典インクのことを、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。
f:id:pgary:20170613210817j:plain
pgary.hatenablog.com

*1:ロバート・ボイル - Wikipedia

*2:没食子と同様にタンニンを多く含む虫瘤

*3:鉄塩、硫酸第一鉄や塩化第一鉄

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^