趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、プラチナとペリカンのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトル*1ローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。

また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *2

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • ヌルリフィルでお馴染Pen_Saloonさんの喜望峰インクとして採用されました。万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloon
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*3

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

光で退色した古典インクの筆記線を復活させる方法。

古典インクも光に当てていれば退色して来ますが、混ぜられた染料とタンニン酸や没食子酸の分解が原因と考えられ、鉄分は以前として筆記線に残っていると予想されます。だからタンニン酸や没食子酸を加えてやれば、筆記線も回復するはずです。
2013年11月15日から北向きの窓ガラスに貼っていたものです。北向きですから直射日光は当たっていませんが6年半くらい経っています。
プラチナ カーボンブラックやセーラー極黒のような顔料インクや顔料が入っていると予想されるヌードラーズのAircorp BlueBlackの筆記線は濃く残っていますが、染料のパイロット ブルーブラックはほぼ完全に消えていますし、古典ブルーブラックのペリカン、プラチナ、WAGNERインクも筆記線は読めますが、薄くなっています。
f:id:pgary:20190613192618j:plain
没食子酸水溶液を左端の一文字に、ギ酸をBlueBlackのBの文字辺りに塗ってみました。
ギ酸については、ブルーブラックのインクに蟻酸をかけると判読可能になるらしいという下記の書込みを読んで試してみました。


f:id:pgary:20190613192638j:plain
乾燥後比較してみて、没食子酸を塗った方は筆記線が濃くなっていますが、ギ酸の方は変わっていません。
f:id:pgary:20190613192651j:plain
あまり無いシチュエーションだとは思いますが、古典ブルーブラックで書いたものが光で退色して、「字が薄すぎて読めないっ!」となったらタンニン酸や没食子酸、無かったら濃いお茶でもかけてみたら読めるようになるんじゃないかと思います。

祝復活!陶都物語2が発売されました。

陶都物語は1巻が発売されたものの2巻の発売が流れてしまい、なろうでの連載も止まって非常に残念に思っていた作品です。連載は、江戸城での大プレゼンテーション大会の途中という盛り上る場面で止まっていただけに残念さも一入でした。
その後、同作者は「神統記(テオゴニア)」の連載を始められ、これが人気になって陶都物語も復活すれば良いなあと思っていたら、あれよあれよという間に神統記は書籍化、コミック化され、そしてついに陶都物語も2巻発売、連載が再開されました。

陶都物語 二 ~赤き炎の中に~ (HJ NOVELS)

陶都物語 二 ~赤き炎の中に~ (HJ NOVELS)

続巻の発売を作者様の努力で引き寄せられた訳で素晴らしいことだと思います。
書籍2巻の方はこれからますます面白さが加速していくところで終わっているので (これから江戸行って、長崎行って、露西亜行って...)、順当に次の巻も出て欲しいと思います。購入して応援しましょう!
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com
神統記(テオゴニア)(コミック)1 (PASH! コミックス)

神統記(テオゴニア)(コミック)1 (PASH! コミックス)

GeminiPDAを8.1にアップデート後、microSDカードがいつの間にかアンマウントされている。

Gemini PDAアップデート後の問題として、docomoのSIMが使えないという話はバッドノウハウとは言え一応の解決策が見つかった。
GeminiPDAを8.1にアップデート後の4G接続更にアップデート - 趣味と物欲
しかししばらく使っていると、microSDカードを認識しなくなっていることが度々あるのに気づいた。microSDカードはSAMSUNGのEVO Plus 128G、カードの異常というよりunmountされているようで、再起動するとまた認識される。
カードを内部ストレージ化している影響かと思い、内部ストレージ化をやめ、外部ストレージとして再フォーマットしてみたけれど、どういうタイミングか分からないが、気づくとやっぱりunmountされている。
今のところmicroSDが無いと困るような使い方はしていないので、本体のメモリのみで運用するようにしていますが、早く次のアップデートが来てこの辺りの不具合も修正されると良いですね。

古典インクを使いやすい万年筆、極私的なセレクト

極論を言ってしまえば、自己責任を貫く限り使いたいもので使えば良い。インクによる焼けや鍍金の剥れも勲章、自分が使ってきた歴史の証と思えるようになれば最強なのですが、大事な万年筆の調子が悪くなったり、ましてやダメージを受けたりしたらテンションが下がるのも事実、私的に古典インクを使いやすいと思っている万年筆を紹介してみます。

古典インクの使用に適した万年筆

一番安心して使えるのは、国産で1万円くらいの金ペン、特にペン先に鍍金されていない金一色のもの、次点で銀色のロジウム鍍金。

ピンクゴールド (ローズゴールド) 鍍金やルテニウム鍍金は剥れることがあるのでお勧めしない。またペン先付近の首軸に金属の装飾リングや象嵌があるものもお勧めしない。

国産3社はどれも気密性が高く安心だが、あえてどれか選ぶなら、純正インクに古典ブルーブラックとクラシックインクがあり、スリップシール機構を供えたプラチナのセンチュリーシリーズをその心意気を称えてお勧めしたい。

鉄ペン (実際はステンレスペンと言うべきでしょうが) で古典インクを使っていると公言すると、何処からともなく鉄ペン警察が現れ、止めさせようとしてくるのですが、万年筆を使い初めて古典インクに興味を持った人のハードルを、金ペンまで上げて諦めさせてしまうのはあまりに勿体無い。プレピーのブルーブラックなんて、古典インクのカートリッジが付属しているので、たった300円で古典インクデビューできてしまうのです。

また、古典インクを鉄ペンで使ってよいと主張することは、ペンを腐食させたくないという気持ちを否定するものではありません。私だって海外製の1万を超える鉄ペンに古典インクを入れるとなれば多少躊躇はします。しかし、自ら古典インクを使いたいと言っている人がプレピーやkakunoで使おうとされているのまで、一々止める必要は無いんじゃないでしょうか。

他のメーカーのステンレスペン先も古典インクに十分耐えますが、スリップシール機構による気密性の高さと、純正の古典インクが有り、古典インクを使うことを最初から考慮されていることを評価して、プラチナのプレピー、プレジール、プロシオンのステンレスペン3兄弟をお勧めします。

古典インクの使用に適さない万年筆

逆にこの万年筆では古典インクを使わない方が良いというものも存在します。

パイロット キャップレス

金ペンのモデルもありますが、ペン先より気密性のためのシャッター機構の動きが古典インクで悪くなります。

ペリカンの首軸に装飾リングが有るモデル (M400以上?)

首軸の装飾リングの腐食が多数報告されています。
首軸装飾リング修理 / PELIKAN M400 - 筆記具工房のブログ

ピンクゴールド鍍金のペン先

私自身プラチナのピンクゴールド鍍金を剥してしまったことがあります。
WAGNERインクは念のためにピンクゴールドメッキの万年筆では使用されないでください。 - 趣味と物欲
TWSBIのピンクゴールド鍍金は古典インクではないが低pHのLAMYブルーで剥げたそうです。
ツイスビー(TWSBI)のピンクゴールドニブのメッキについて - アケボノインコと私

パイロットのコンバーター CON-70

CON-70に関してはダイアミン レジストラーズインク限定なのですが、動きが悪くなるという事例が知られています。ダイアミン レジストラーズインクは古典インクの中でも特に鉄分が多く含まれているため影響が出やすいのだと思います。
ダイアミンのレジズトラーズインクでCON-70が不調になったそうです 3例目 - 趣味と物欲

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^