趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトル*1ローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *2

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • ヌルリフィルでお馴染Pen_Saloonさんの喜望峰インクとして採用されました。万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloon
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*3

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

セリアでリピ買いしている低反発イヤーピース

安いけど結構音が良いらしいとか聞くとつい買ってしまい安物のイヤホンが増殖しているのですが、耳の穴が規格外なのか付属のイヤーピースだとフィットすることがあまり無くポロポロ耳から落ちがちです。
ウレタン製で耳の穴にフィットさせやすい低反発のイヤーピースに交換するにも、Amazonでも送料込みだとそれなりのお値段になるのでそうホイホイとは買えません。
f:id:pgary:20190204201312j:plain
そんな悩みにセリアの低反発イヤーピース、黒とグレーのタイプを見たことがありますが耳くそが目立ち難いかなってことでグレーばかりリピ買いしています。レジ近くのスマホのアクセサリーが置いてあるあたりで良く見ます。

最後はいつ?で購入時期を管理しているガジェット。

iPhoneの「最後はいつ?」というアプリ、定期的にやるけれど、そのスパンが数ヶ月とか数年単位の予定を何となく管理するのに使っています。
浄水器のフィルター等いつ換えたか分からなくなりがちなものを入力しておくと、最後に交換してからどれくらい経ったか、交換の履歴も残っていくので非常に便利です。
f:id:pgary:20190119154335p:plain
このアプリで、使用頻度の高いガジェットを購入してからどれくらい経ったのかも管理しています。
iPhoneiPad、職場用のMacと家用のWindowsパソコンです。iPhoneiPad Proは最近買ったつもりでいたのですが、それぞれ7 Plusと初代12.9インチなので、もう2年と3年以上経っているのですね。新機種より重いとかはありますけど、今のところスペック的に不満は感じていません。
iPhone 7 Plusへの機種変更は店舗に行かずに済ませました。 - 趣味と物欲
iPad Proファーストインプレッション 唯一変わったのは、大きさだけ? - 趣味と物欲

MacBook Proはもうすぐ4年、early2015になる直前に購入したmid2014なので型としては5年落ちといったところですが、メモリを16G積んでいることもあり処理速度にはあまり不満はありません。ただ内蔵のSSDの容量が256Gで最近不足しがちです。このPCを選んだ時は、今後クラウドが広まるから本体のSSD容量はこれくらいで良いんじゃないかと思っていたのですが、何かと手元に持っておきたいデータも多く512Gにしとけば良かったと思います。
MacBook Pro retina 13インチの設定 mid 2014だけどね。 - 趣味と物欲
Windows PCはもうすぐ5年になるHP 500-210jp、消費税が8%になる直前の駆け込み需要の時に買ってます。メモリ増設、SSD追加、電源交換してGTX960搭載と色々変わっていますがCPUだけはA10-6700のままで、さすがに非力になってきました。次は10%になる前に王道のi7にするか、またAMDRyzen系列にするか悩みます。
HPの500-210jpサンキューモデルが届いたよ。 - 趣味と物欲

最後はいつ? - あなたの大切な出来事をトラッキング

最後はいつ? - あなたの大切な出来事をトラッキング

  • Sarun Wongpatcharapakorn
  • ライフスタイル
  • ¥360

OpenCVを入れる前にHomebrewを入れるところで嵌ったのでメモ

日経ソフトウェアの別冊付録が「5日でわかるOpenCVプログラミング入門」だったので、MacOpenCVを入れる方法を検索したら、まずHomebrew入れろと書いてあった。

見様見真似でコマンド叩いてみるが、失敗している。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew


==> The Xcode Command Line Tools will be installed.


Press RETURN to continue or any other key to abort
==> Searching online for the Command Line Tools
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/touch /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
Password:
==> Installing Command Line Tools (macOS High Sierra version 10.13) for Xcode-10.1
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/softwareupdate -i Command\ Line\ Tools\ (macOS\ High\ Sierra\ version\ 10.13)\ for\ Xcode-10.1
Software Update Tool


Installing Command Line Tools (macOS High Sierra version 10.13) for Xcode
Error downloading Command Line Tools (macOS High Sierra version 10.13) for Xcode: “Command Line Tools (macOS High Sierra version 10.13) for Xcode” could not be verified.
Done.


Error downloading updates.
==> /usr/bin/sudo /bin/rm -f /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools
xcode-select: error: invalid developer directory '/Library/Developer/CommandLineTools'
Failed during: /usr/bin/sudo /usr/bin/xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools

Xcodeのcommand line toolsのpathが違うみたいなので、

$ xcode-select --print-path
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer

$ sudo xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools/
xcode-select: error: invalid developer directory '/Library/Developer/CommandLineTools/'

対処法を探すと、手動でダウンロードして入れろとのこと、

入れたら、pathが変わって、

$ sudo xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools/
Password:
$ xcode-select --print-path
/Library/Developer/CommandLineTools

Homebrewも入りました。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew


Press RETURN to continue or any other key to abort
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Enumerating objects: 55, done.
remote: Counting objects: 100% (55/55), done.
remote: Compressing objects: 100% (34/34), done.
remote: Total 118003 (delta 21), reused 29 (delta 21), pack-reused 117948
Receiving objects: 100% (118003/118003), 27.93 MiB | 2.71 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (86195/86195), done.
From https://github.com/Homebrew/brew


==> Installation successful!

とりあえず、またいつか嵌りそうなのでメモしときます。

万年筆のカートリッジ口が異なるのはフールプルーフなんだと考えてみる。

万年筆のカートリッジインクについて「国産の三大メーカーであるパイロットとセーラーとプラチナは、それぞれ規格が異なり相互使用できないのに、海外ではヨーロッパ共通規格により相互使用できて素晴しい」という文脈で紹介されていることが結構あるように思うのですが、そこにフールプルーフという考えを導入できないかと思ったのが、この記事を書き始めた発端です。
f:id:pgary:20181229131502j:plain
上記画像は上から、プラチナ、パイロット、セーラーのインクカートリッジ、その下2つがヨーロッパ共通規格のカートリッジです。
しかし更にその下の3つは独自規格のパーカー、ラミー、シェーファーのカートリッジで、他にクロスも独自規格なので、共通規格があると言いながら、国産のカートリッジ以上の独自規格数があり、議論の前提がいきなり崩れてしまった格好です。
takagishi123.com
また、たかぎしさんが書かれているようにヨーロッパ共通規格と言いながら微妙な違いがあり、実際私もモンブランのショートサイズカートリッジが微妙に太く、オートのタッシェでは使えないという経験をしたことがあります。
OHTOのショートサイズ万年筆 ROOKはモンブランのカートリッジが使えた。 - 趣味と物欲
このように独立規格が多い理由として、各社ごとの囲い込みという側面は確かにあると思いますが、フールプルーフであると考えた方が精神衛生的には良くないでしょうか。
古典インクのカートリッジを出しているのは、プラチナとペリカン、顔料インクのカートリッジを出しているのは、プラチナとセーラーのみなので、それだけ覚えておけば良いでしょうが、染料インクでも他社のインクを使うとインクの出が悪い、あるいは良過ぎるということがあるようですので、他社製のインクを間違って使われないようにしているという側面もあると思います。
インクカートリッジの場合、他社製インクを使ったからといって最悪万年筆が詰まるくらいのものでしょうが、生命に直結する注射器や輸液のラインでは、繋げてはいけないものは物理的に繋らないようにコネクタを変えるフールプルーフという考え方は一般的です。
また、ガソリン車に軽油を誤って給油してしまうというトラブルも物理的に給油口を変えてしまえば良いのにと思います。
woinc.jp
まあ何にせよ、善意で考えた方が気にならないように思います。
雑誌付録のCOACHの万年筆に合う市販のコンバーターを探してみる。 - 趣味と物欲
WAGNER 2017万年筆 MUSICが届きました。 - 趣味と物欲

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^