趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラックとは?

古典ブルーブラックという言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトルローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *1

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*2

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。
↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人はクリックして続きを読む ↓↓

続きを読む

趣味の文具箱 vol.46の感想

dマガジンで読んで、Twitter上には感想や気づいた点など一度書きましたが、紙版が手に入りましたので、改めて感想をまとめたいと思います。
まず表紙から、プラチナセンチュリーの薫風が良い感じです。今回の軸の模様はデザイン性だけでなく持つ時の機能性もありそうに思います。子供のころ、持ち方を矯正するために、螺旋状の溝が入った鉛筆がありましたが、ちょうどそんな効果も期待できそうです。
特集の「万年筆使いの流儀」各社の取説にどのように書かれているのかを比較した記事は今までありそうで無かったと思います。各社ごとの考え方の違いも見えて大変参考になります。
43頁のモンブランのバーガンディレッドの件は、メーカーの公式見解なのでしょうがないのですが、鉄ガリウムが原因では無いことは確認しています。
pgary.hatenablog.com
「万年筆ユーザー、それぞれの流儀」の71頁に「電解水アスコルビン酸を使う洗浄の方法が載っています。どちらもメーカーが推奨する方法ではありませんから、ユーザーの個人的見解という形で載せざるをえないですね。編集部の苦労がしのばれます。
かなり市民権を得て来たと思われるアスコルビン酸による古典インクの洗浄方法ですが、そういう事情もあり、趣味文の誌面に載ることは稀です。
ちなみにアスコルビン酸が有効なのは古典インク (没食子インク) に対してです。
pgary.hatenablog.com
電解水は強アルカリ性なので、酸性のアスコルビン酸水溶液とはpHからして違います。
電解水が有効なのは、特に顔料インクに対してです。インクの性質によって洗浄方法を使い分けることが大切です。
pgary.hatenablog.com
137頁の吉宗さんの記事で、古くからある万年筆インクを「クラシックインク」と呼んでいるという用語の定義が紹介されています。記事の書き方から、おそらく吉宗さんは、プラチナ クラシックインクが販売される前から「クラシックインク」という言い方をされていて、今回敢えて紹介されたのではないかと想像します。
ただこの概念が提唱されたため、「クラシックインク」という時には、どのインクのことを言っているのか、はっきり言う必要があると思います。
ちなみに吉宗さんのブログを見てみたら、R&Kのインクについて、

クラシックな昔ながらのインクもラインナップされていますが、通常のインクは発色のはっきりした現代的なインクで、大変美しい色が多く、さすが老舗インク専業メーカーだと思っています。

と書かれていましたので、クラシックという言葉に没食子インク的な意味も込められているようです。
blog.goo.ne.jp

SL-F1 miniにジェットストリーム4Cリフィルを入れてみた。

暑くなってきて上着を着なくなり、とっさの内ポケットのボールペンが無くて困るシチュエーションが増えたので、常時持ち歩き用のミニボールペンとしてSL-F1 miniを復活させました。
久し振りに出してきたらリフィルが他に流用されて入っていなかったので、せっかくなので、ジェットストリームの替芯を買ってきました。
f:id:pgary:20180606210628j:plain
SXR-200-07という型番の0.7mmボールの4Cタイプの替芯です。型番の200が価格で200円、07は0.7mmの太さということで、他に05という型番の0.5mmのタイプがあります。
油性ボールペン 替芯 | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
元のZEBRAの4C-0.7芯と比較して、滑らかに書けるのは勿論、筆記線が黒々としています。小さくて力を入れ難いペンなので、JET STREAMの滑らかさが有り難いです。
f:id:pgary:20180606211016j:plain
SL-F1 miniは、このブログでは、かなり登場頻度の高いボールペンで何本も持っているのですが、2018年限定色のイエローとパステルグリーンが、また増えてしまっています。
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | SL-F1 mini/ST
pgary.hatenablog.com
pgary.hatenablog.com

Android file transfer for Macで4GB超えのファイルを転送する方法

とある事情で、MacBook Air (High Sierra)からAndroid端末に9.4GBくらいのファイルを転送する必要があったのですが、Android File Transferを使って転送しようとすると、転送したファイルの大きさが4GBに達したところで止まってしまいました。
4GBの制限というとFAT32の1ファイルサイズの制限っぽいですが、使用しているAndroid端末にはWindows10を使用して、4GBを超えるファイルを転送したことがあります。
原因は分からないながらも、MacNTFSに書き込みが出来るようになるMicrosoft NTFS for Mac | Paragon Softwareの体験版をMacBook Airにインストールしてみたら、Android File Transferで4GBを超えるファイルの転送が成功しました。

BUNGUBOX浜松店に行ってきました。

前々から行ってみたかったBUNGUBOXの浜松店に行ってきました。
万年筆とオリジナルインクのお店・ブングボックス【浜松 静岡】
BUNGUBOXのオリジナルインクに、「肴町ほろ酔い」というのがありますが、飲み屋さんが軒を連ねる中にあります。
オリジナルボトルインク【肴町ほろ酔い】(オリジナルボトルインク【肴町ほろ酔い】)/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス
f:id:pgary:20180605072814j:plain
お茶やお菓子をいただきながら、オリジナルインクの試し書きを堪能させていただきました。試し書きセットはプレピークリスタルで揃えられていましたが、よくメンテナンスされていて書き味も良かったです。
つゆひかり万年筆の良い色には惹かれたのですが、ぐっと我慢してインクと紙をいただいて来ました。
BUNGUBOXオリジナル万年筆 【TSUYUHIKARI】(BUNGUBOXオリジナル万年筆 【TSUYUHIKARI】)/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス
紙は以前から話には聞いていた「ヌルリフィル」のA5パッド」と「凸凹紙」のブロックメモ、試筆用の紙に実際に書かせていただいて、その書き味の面白さに購入しました。
BUNGU BOX オリジナル ヌルリフィル チューリップノワール (A5サイズ)(BUNGU BOX オリジナル ヌルリフィル チューリップノワール (A5サイズ))/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス
万年筆で書く【BUNGFOX凸凹ブロックメモ】 KURUMI×BUNGUBOX(万年筆で書く【BUNGFOX凸凹ブロックメモ】 KURUMI×BUNGUBOX)/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス
f:id:pgary:20180605072831j:plain
インクはペンマンサファイアの色を再現した「初恋」、その名前から、おっさんには似合わないかと腰が引けていたのですが、実際に試し書きしていると本当に良い色なので購入しました。
オリジナルボトルインク【初恋】BUNGUBOX SAPPHIRE(オリジナルボトルインク【初恋】BUNGUBOX SAPPHIRE)/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^