趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

万年筆用の古典ブルーブラックインクについて、文献を調査し、自分の手で実験してきた記録から、主なものまとめ

古典ブルーブラック (古典インク、没食子インク、没食子酸鉄インク、iron gall ink) とは何か?

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、文献にあたり、色々な実験をして記事を書いているのですが、自分でも何を書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めます。
※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、このブログの本当の最新記事はこの次の記事になります↓

古典ブルーブラック (古典インク) とは?

古典ブルーブラック (古典インク) という言葉をこのブログでは、「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」と定義しています。この定義にあてはまる市販のインクは、メジャーどころでは、ペリカンとプラチナのボトルとカートリッジのブルーブラックインクモンブランのブルーブラックと旧ミッドナイトブルーのボトル (ただしどちらも現行品ではない)、ラミーのブルーブラックのボトル*1ローラー&クライナー(R&K)のサリックスとスカビオサ (没食子インク) になります。また、DIAMINEのregistrar's inkや、英雄などの中国製ブルーブラックの一部も古典ブルーブラックインクです。更にブルーブラックではない色の古典インクとして、プラチナからクラシックインクポーランドのKWZ INKからIGインクが新たに販売されました。 *2

  • これらの研究結果は、このブログで公表している他、趣味の文具箱Vol.16, 23に記事を書かせていただきました。
  • 私の調製したインクが万年筆研究会 WAGNERの2010, 2012, 2014, 2015, 2016限定インクとして採用されました。
  • プラチナ クラシックインクの開発に協力させていただきました。*3

ちなみに古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです。(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)
古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えないインクなのです。
機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何で万年筆使うんだってことにもなりますよね?(^^; それはともかく、個人的にはインクは好みが9割だと思っているので、自分で責任を取る限り、好きなものを使えば良いと思います。

今や空前の!?万年筆ブーム、新しく万年筆の魅力に取り付かれてインク沼に嵌り、古典ブルーブラックに初めて触れたという方も多いと思うので、Q&A形式で疑問に答えてみたいと思います。

↓↓ もっと古典インクについて知りたくなった人は続きを読む をクリック

続きを読む

趣味の文具箱 Vol.48は沢野ひとしさんのインタビュー記事が良かったな。

例によって九州では紙の本で発売されるまでタイムラグがあるので、dマガジンで趣味の文具箱 Vol.48を読む。
今回も思わず欲しくなってしまう新製品の情報など、いっぱい情報が載っていますが、個人的に一番の記事だったのは、沢野ひとしさんのインタビュー記事でした。沢野さんの記事を読んで、関連する書籍を引っ張り出してきたのが次の画像。

f:id:pgary:20181208232829j:plain
趣味の文具箱 Vol.48
沢野ひとしさんと言えば、椎名誠さんの本に挿絵を描いているワニ眼の人で、イラストレーターというより、怪しい探検隊の登場人物という印象があります。
趣味の文具箱に椎名誠さんが登場したのがVol.13なので、朋友の沢野さんが登場するまで、ずいぶん号数を重ねたものだなあと感慨深いものがあります。
「さわの文具店」では、松本市の「万年筆の山田」を訪れるシーンが出てきて、万年筆の山田で貰った「4本のヘミングウェイ」を読んで一気にあれもこれもと万年筆が欲しくなる様子が書かれています。
「4本のヘミングウェイ」では原稿締切ぎりぎりで、2頁だけ「万年筆の山田」の話を滑り込ませたということですが、その後、「万年筆の達人」ではその辺りの顛末も含めて、たっぷり11頁の記事になっています。こうして記事の時系列を追いかけて、「万年筆の山田」の雰囲気を想像しながら読むのが楽しいです。
気になったのは、趣味の文具箱 Vol.48では沢野さんがモンブラン #72を愛用されていること。「さわの文具店」の中で、京都で買ったばかりのモンブラン #84を橋の欄干から川の中に落としてしまう悲しいエピソードが紹介されています。もう一度#84を手に入れることを宣言されていますが、その後#84は手に入ったのでしょうか。

Amazonのサイバーマンデーセールが開始

Amazonサイバーマンデーセールが開始したので、何か無いか少し見てみた。
愛用しているトラックボールの型番が変わったもの2980円、予備を買おうかと思ったけど、既に予備を一台持っていた。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

SamsungmicroSD EVOPlus 32GBが798円、なんだかんだで一番持っているmicroSDカード、Raspberry Piに使うこと多し。Amazonのデバイスでは防水になったkindle paperwhiteが気になるけど、結局iPadで読んでしまって、前モデルもそんなに使えていないしなあ。万年筆ないかと検索したけど、今のところサイバーマンデーでは無いみたい。関連で出てきたプラチナ センチュリー ブラックインブラックは大型の金ペンなのに安過ぎないか。値上げするらしいと聞くし、この価格は今のうちかも。パイロットも価格改定するという話が聞こえてきた。セーラーは既に先行しているし、国産3社の最もスタンダードな金ペンの価格が1万円から1万2千円になるようだ。
masahiro万年筆製作所の万年筆 |カスタム74・ヘリテイジ91価格変更のお知らせ

一番良く使うカッターのA-300GRをホームセンターで買い足しました。

数あるカッターの中でも一番良く使っているのは、NTカッターのA-300GRです。
NTカッターで一番普通のサイズだと思うA-300という型番のカッターには、色々な種類がありますが、A-300GRは本体がダイキャスト製で一際がっしりとした作りです。
pgary.hatenablog.com
どうせA-300を買うならGRと決めているのですが、通常の文具店には置いていないことも多く、ホームセンター等の工具コーナーの方が見つかりやすいです。
f:id:pgary:20181204193902j:plain
近くのホームセンターで見つけて買い足しました。A-300GRのブリスターパッケージ版がA-300GRPで、型番は違うけれど本体は同じです。
A-300GR/A-300GRP|NTカッター
丈夫で使いやすく、カッターをどれか一本選ぶなら、文句無しに一押しします。

NT 軽作業用カッター A?300GRP

NT 軽作業用カッター A?300GRP

想定していたのと違う色になりましたが、これは確かに緑黒の古典インクです。

自作インクを提供する時は、少量取っておいて時々変になっていないかチェックしています。
ソウルペンショーと神戸ペンショーのワグナーブース向けに調製した緑黒インクを久し振りにチェックしたら、当初想定した色とずいぶん変わっていて、ちょっとギョッとしてしまいました。
pgary.hatenablog.com
動画で見ていただくと分かりやすいですが、書き初めはだいぶ黄色味が強いです。ただ酸化されてくると、ちゃんと緑がかってきて成程、緑黒だという色になります。

一晩置いて落ちついてしまう頃には、ちょっとスティピュラのグリーンを思わせる渋い色になっています。
今回急遽青の色素を変更したので色が変わってしまいました。以前の緑黒を期待されていた方には申し訳ないのですが、これはこれで良い色なので、別物として楽しんでいただければと思います。
しかしまだ、ブログやTwitter等で購入した方の話を見かけないので、売れなかったんじゃないかと心配しています。
f:id:pgary:20181201185600j:plain
ちなみに動画で使っている万年筆は、以前ピンクゴールド鍍金が剥れたと報告したWAGNER 2015万年筆です。
いっそのこと鍍金が全部剥れてしまった方が良いと、逆に開き直って古典インクを入れて使っています。
pgary.hatenablog.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^