読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

古典インクの調製用に、法定色素に手を広げ青い色素を探す。

前回は食用色素ばかりだったので、緑、黄、赤などの色を検証したのだが、ブルーブラックにはやはり青が必要ということで、法定色素の青をいくつか検証してみた。
古典インク用に他の色素も検証
PEGを抜き、PGとグリセリンを加えた古典ブルーブラック用原液で、各色素の1 w/v%溶液を調製する。×は最初から溶けない or 沈殿ができるもの。△は少し溶けにくさを感じる、他より粘度が高い様子のもの。

色素 色のイメージ 混合直後
アシッドブラック1 微妙に緑の入った濃い青
インジゴ 色素の色が着いていない様子 ×
ダイレクトブルー1 青々とした青、紺色?
アシッドブルー3Na グリーン ×
アシッドブルー20 黒っぽい青、ブルーブラック ×
アシッドブルー92 濃い青、薄いところは少し緑を感じる
アシッドブルー119 紫が入った青
青色1号 ライトブルー

また、前回検証した色についても、前回○だったものは、PEG無しの古典ブルーブラック用原液で、1 w/v%溶液を調製し直した。
カブラペンで付けペンして色見本を作成、アシッドブルー119はやはり粘度が高くベタベタしていて、ペン先に貼りつくので△→×に評価を変更した。