読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

本来は透明な没食子酸インクの原液

試薬を混ぜて作る場合、お茶と釘で作るのに比べて不純物を少なくできますので、より透明度の高い原液を作ることができますが、それでも初期は没食子酸と塩化鉄(II)を混ぜた瞬間に結構黒くなっていました。ムービーで観るとかなり黒く感じられますが、実物は容器の向こう側が透けて見えるくらいには薄い色です。

最近は上の動画よりも方法を改良し、調製直後はほとんど透明の溶液にすることができます。これに色素を混ぜて古典ブルーブラックインクを作ります。

以前書いた記事より、自作ブルーブラックインク原液の透明度 - 趣味と物欲

広告を非表示にする