趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

現代筆記具読本を読んで、万年筆の筆記角度について考えた。

万年筆を使いはじめて、いつ頃どこで、読んだり聞いたりしたのだったか、なんとなく「万年筆はボールペンよりも寝かせ気味の角度で書くもの」だと、いつの間にか思っていました。
pgary.hatenablog.com
野沢松男 氏の「現代筆記具読本 改訂新版」を読むと、p32-33「どこを握って書くかで好みがわかる」という節に、

筆記角度は、ほとんどの人が50~80度のところに入る。一般的に、ペン先に近い方を持って書く人は筆記角度が大きいし、逆に離れたところを持って書く人の角度は小さくなる。同時に前者の筆圧は強く、後者が弱いというのが通常である。

と書かれており、40°~90°までの筆記角度の図付きの表も掲載されています。

最近のウェブ上では、どう書かれているか調べてみると、趣味文CLUBには、

万年筆は立てぎみでも寝かせても幅広い角度で書ける。基本は約60度だが、小さい文字は立てぎみで、太い字をおおらかに書くときは寝かせぎみなど、文字に合わせて使い分けてみよう。

と書かれていて、45度、60度、75度で万年筆を持った図も付属しています。
18.182.111.144

フルハルターさんのページにも、80°、55°、35°の筆記角度で、筆記線の太さが変わる図が掲載されています。
万年筆のメカニズムその1 | 万年筆専門店フルハルター FULLHALTER

万年筆博士の「万年筆のオンラインオーダーフォーム」にも80度くらいに立てた筆記角度の選択肢があります。
fp-hakase.com

万年筆の本をたくさん出している出版社や、万年筆の調整もしてくれる万年筆専門店では、万年筆を寝かせて使うようには言っていないようです。

またブログの記事を検索してみても、いつも拝見している万年筆関連のブロガーの方々が、万年筆を立て、筆記角度を大きくしても筆記できることを記事にされていました。
plaza.rakuten.co.jp

ochanoshizuku.hatenablog.com

stationarylab.com

万年筆は「ボールペンよりも寝かせて書く」というよりも、万年筆は「筆記角度の自由度が大きい」というのが本当のところだと思われます。

しかし特に万年筆初心者向けをうたうウェブページで、万年筆の筆記角度は、ボールペンよりも寝かせぎみで45~60度にするとか、45~60度が理想と説明しているページも見つかりますので、何か元ネタがあるのではないかと思います。