趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

ThinkPad X220をIPS液晶に交換しました。

以前記事にしましたが、家用のノートパソコンはThinkPad X220を使っています。2011年の古い機種ですが、第2世代のi7で、メモリを8G、HDDをSSDに換装してありますから、スペック的にはまだ使えます。また、数字に表われるスペック以上に重要なのがキーボードの打ち心地で、このキーボードを叩きたいがために、つい使ってしまうところがあります。
pgary.hatenablog.com
また、ThinkPadは補修パーツや周辺機器が多く出回っていて、ヤフオクAmazon、物によってはLenovoから直接購入できるのも魅力です。これまでに英語キーボードへの換装とメモリ増設、SSD換装を行なっていて、残るはmSATAのスロットを埋めるか、メモリを更に増設して16G化するくらいと思っていたのですが、急に液晶のIPS化が気になってきました。
f:id:pgary:20190102081103j:plain
元々搭載されていた液晶はTN方式で、応答速度が速いのと安価なのが利点ですが、視野角が狭いという弱点があります。
第4回 TN?VA?IPS?──液晶パネル駆動方式の仕組みと特徴を知ろう | EIZO株式会社
f:id:pgary:20190101172438j:plain
この様に上から覗いたり、勿論下や左右にずれて覗くとほとんど見えなくなります。正面から見れば良いという話ですが、画面にちゃんと正対することを意識し初めたら急に気になってきました。
f:id:pgary:20190101172313j:plain
AmazonにX220用のIPS液晶を他社製ですが売っているので、レビューを確認したら様々書かれていましたが、Amazon在庫だし大丈夫かなということで購入しました。

液晶部分のバラシ方は下記の分解工房さんの記事が詳細で分かりやすいです。
分解工房・Lenovo ThinkPad X220/X220i/液晶(LCD)パネル交換修理方法
液晶の回りのベゼルの爪を外すのが苦労しそうだと思っていたのですが、下のドライバーセットに付属の水色の工具を隙間に入れ、こじっていったら意外と簡単に外れました。
f:id:pgary:20190102004454j:plain
ベゼルを外し、液晶を手前に倒してコネクタを抜きます。
f:id:pgary:20190101172457j:plain
天板の裏は結構ゴツゴツしてます。
f:id:pgary:20190101172523j:plain
新しい液晶の装着は逆の手順です。コネクタを壊さないように慎重に挿します。
f:id:pgary:20190101172658j:plain
解像度が変わらないのは残念ですが、かなり見やすくなりました。
f:id:pgary:20190101172711j:plain
上から覗いてもかなり見えます。視野角が広いのは楽ですね。
普通にできる液晶の交換はここまで、更に基盤を追加してFHD化するという方法もあるようですが、これ以上はハードルが高いので一先ず終了です。
X220 X230 FHD化 組み込み | 電脳処方的絵巻
ThinkPad X220 FHD化完了 : ■ジャンク・中古PC快適化計画■
ThinkPad X220/230をいじり倒す

ThinkPad X220/230をいじり倒す

デルガード タイプERの消しゴムは半分も使えなかった。

子等は結構筆圧が高いので、デルガード系を好んで使っています。逆さにすると消しゴムが出るタイプERも渡していたのですが、消しゴムが無くなったからと持って来ました。
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | デルガード タイプER
消しゴムをスレスレまで使ってしまっていたので、取り外すのに苦労しました。安全ピンの針で挿して無理矢理撮りました。

f:id:pgary:20190101121025j:plain
Type ER
画像上からスレスレまで使った後の替え消しゴム、中段が新品の替え消しゴム、下段が新品の消しゴムに替えたERの消しゴムユニットです。
減っているのは3分の1くらいでしょうか、半分も使えないんですね。もったいない感じはしますが、シャープペンシルの消しゴムで使える部分は元々こんなものかな。
今年もよろしくお願いします。

聿竹さん御依頼の万年筆用古典インク喜望峰を調製しました。

はい!どーんと5Lです。
f:id:pgary:20181229193018j:plain
万年筆とヌルリフィルの部屋|Pen_Saloonの聿竹さんに御依頼を受けた万年筆用古典インクを調製しました。ヌルリフィルが登録商標になる記念のインクです。
この話をいただいた時、「ヌルリフィルと言えば遊色のイメージなので、ミクサブルインクを使った調色職人の方が作られている遊色インクの方が良いのでは?」と思わず聞き返してしまったのですが、聿竹さんは下記の記事のようなことを構想されていたそうです。
blog.livedoor.jp
なる程!それは面白いと引き受けることにしました。今まで色々インクを調製してきましたが、ヌルリフィルとの相乗効果か、SNSの影響か、万年筆ユーザーの年齢層が若くなったためか、断トツで反応が大きいです。
ちなみに下記画像は色素を入れる前のもの、古典インク (古典ブルーブラック、没食子インク、iron gall ink) のことを勉強している人なら、「古典インクは酸化前は透明なので、筆記線が見える様に色素を加えてある」という話をどこかで見たり聞いたりしたことがあると思うので、納得されるかもしれませんが、実際に自分で没食子インクを作ってみたことがある人なら違和感を感じるはず。
f:id:pgary:20181229193027j:plain
普通に作ってもこんなに透明にはなりません。少しでも三価鉄が混じると、インク液は黒く見えてしまいます。ただ液は黒く見えても、筆記線は薄くて見え辛いため、色素が必要になります。これだけ透明に作るのは、大量生産では無理、正確には無理というより、コスト的に引き合わないし、意味が無いからやらないというところでしょうか。

輸送や保管するうちに、どうせ酸化されるのは分かっていますが、これくらいできるということを見せるために、コストと手間を度外視して透明に作っています。

Gemini PDAのExternal Camera Add-onがやっと届いたので組込みました。

Gemini PDAに外部カメラを追加するアドオンを8月末頃に注文したのですが、それから3ヶ月放置プレイ、そろそろメールしようかと思った矢先の11月末に発送したと連絡が来ました。
しかしRoyal mailなので、そこから更に2週間以上かかってやっと届きました。なんかトラッキングコードみたいなものが送られてくるのですが、追跡に使えないコードだったので、本当に発送されたのか、今どこにあるのか全く分からないのがストレスでした。
External Camera Add-on – Planet Computers
注文ページだと普通に注文できるのですが、在庫が無くても注文できるようになっています。今なら在庫があるようなので、意外と早く届いているという書き込みを見かけました。
f:id:pgary:20181225174617j:plain
吊るしのパッケージです。新しく製造されたもののわりには擦れています。
f:id:pgary:20181225174630j:plain
中身はカメラモジュールとカメラのレンズカバー、カメラ用の穴が開いた背面カバーです。
f:id:pgary:20181225174642j:plain
赤で囲んだコネクタにカメラモジュールを装着します。
f:id:pgary:20181225174654j:plain
先に赤の矢印のカメラ部分を嵌め込んで、少しフレキシケーブルを曲げながら、黄色の矢印のコネクタを押し込みます。ちゃんとコネクタが嵌まれば、パチッと音がします。
f:id:pgary:20181225174706j:plain
カメラコネクタというカメラモジュールを固定するパーツに円形のレンズカバーを貼り付け、カメラコネクタをパチッと音がするまで嵌め込みます。
f:id:pgary:20181225174727j:plain
最後に穴開きの背面カバーを取り付けて完成です。
説明書はペラペラの紙ですが、その情報だけで組み込み方は十分理解できます。
f:id:pgary:20181225174739j:plain
標準のカメラアプリで写真を撮ってみました。500万画素なのでちょっとぼやけた感じを受けます。
f:id:pgary:20181225175215j:plain
こちらはiPhone 7 plusで撮影したものです。
画像を撮る以外にQRコードにも使えますので、500万画素でも外部カメラがある方が便利です。また、自分で組込むという行為自体が面白く、愛着もわくので、アドオンという形で別売されたのは良かったと思います。
もっと早く届くようになれば更に良いです。
ascii.jp
私は4ヶ月弱で届いたので、6ヶ月待たされるよりはマシだったかな。

Amazonサイバーマンデーセールでecho plusを購入してました。

今回のAmazonサイバーマンデーセールでは、これ!というものは無かったのですが、例によってAmazon純正のガジェットはかなり安くなっています。と言ってもFire HD 10もkindle paperwhiteマンガモデルも持っているので、何にしようか色々眺めて、結局echoをもう一台選びました。
持っているechoはecho dotの第2世代ですが、調べてみると、このスピーカーサイズが0.6インチなのに対し、第3世代は1.6インチになって音質がかなり改善されているそうです。音質が気になってくると、echoだと2.5インチウーファー、0.6インチツイーターで、更にecho plusになると3.0インチウーファー、0.8インチツイーターだと言うので、ついつい大きいのは良いことだ~とecho plusにしてしまいました。

f:id:pgary:20181219082325j:plain
echo plus
echo dotやechoに比べてecho plusの値引きは少なめですが、Philips hueの電球が付いてきます。しかし、普通の日本家屋のリビングに電球などなく、死蔵されることになりそうです。電球のスタンドでも置くかなあ。
f:id:pgary:20181221021618j:plain
echo plus
echoは360°スピーカーですので、配置場所は部屋の中央付近を推奨されていますが、万年炬燵で地面に近いところで暮らしていますので、置く場所がありません。Amazonのechoのページを見ると、テーブルの上などにお洒落に置いてありますが、どの画像も電源が繋がっていません。Amazonの画像に電源コードが繋がっているのを想像してみると微妙な感じになって面白いです。
また、壁からは20cm以上離して置くように推奨されているのですが、20cmを確保するのもなかなか難しく、結局微妙な距離で部屋の隅に置きました。結構ボンボンと低音も鳴ります。prime musicを3ヶ月無料で使えるので入ってみましたが、妻が、プリプリとかレベッカのベスト盤には入っていないような曲も聞けると喜んでいます。更に音質を求めるなら、echoシリーズを2台繋ぐとステレオ再生ができて、echo subというサブウーファーも繋げるのですが、そこまではしなくて良いかな。来年のサイバーマンデーセールで安かったら考えるかもしれません。
Echo Sub (エコーサブ) -  Echoシリーズ用サブウーファー

Echo Sub (エコーサブ) - Echoシリーズ用サブウーファー

robotstart.info

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^