趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

ノックペンシル M-1700を買ってきて、即行バラして重り抜いた

令和版ノックペンシルのM-1700が発売されるという話は、随分前に聞いた気がして、実際公式の発売日は3月4日ということなのですが、福岡の文具店ではとんと見かけぬ感じです。
什器の中でひっそりと、他のシャーペンに紛れて売られているのでしょうか。結局、横浜の有隣堂さんで購入して来ました。

最新の趣味の文具箱では、江口寿史 先生も愛用していたと紹介されているノックペンシル、鉛筆のような細さと軽さが受けていたと思うし、令和版M-1700の謳い文句も「軽くて使いやすい鉛筆型のシャープペン」なのですが、何だか重たくないですか?
www.zebra.co.jp

重い原因は明白、新たにフリシャ機能を搭載したために、そのためのバラストが重くて、ゴットンゴットンと中で動くので、更に重たく感じるのです。
思ってたんと違う!と感じたので、バラして重りを抜くことにしました。

ペン先をねじって外せば簡単にバラせるかと思ったら、嵌めごろしになっていて、それだけではバラせません。

軸に2箇所スリットが入っていて、そこに内部機構の爪を引っかけて止めてあるので、爪を2箇所同時に押し込んでやれば、やっと外すことができます。

フリシャ用のこの重り、なんと3.4 gもありました。

趣味の文具箱 vol.69 2024年4月号を購入しました。

遅ればせながら、趣味の文具箱 vol.69 2024年4月号を読みました。

今回は「手書きを愛してる」特集で、インタビュー記事が多いので読みごたえがあります。
文房具を使うために筆記するのではなく、ガチの仕事のために選ばれた文房具の数々は強いです。ガチ仕事の文具には鉛筆が多いと感じました。
江口寿史さんが万年筆のインクは全てパイロット ブルーを使われているところが、潔さがかっこ良くて憧れます。
DJ KOOさんのお笑い賞レース優勝者予想ノートも、これこそノート使いの本道という感じで楽しんで使われていて良かったです。

パイロットのシャープペンシル S3の0.4mmを購入しました

パイロットのシャープペンシル S3の0.3mmと0.4mmが専用の什器を使って売っていたので、持っていないS3の芯径だった0.4mmを購入しました。

2024年2月27日に、0.3mmと0.4mmの新色を発売したということです。
www.pilot.co.jp