読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

Microsoft Word 2011では、aquaSKKのかな入力モードで、スラッシュが入力できない件の原因がやっと特定できました。

Mac

SKKのかな入力モードで、最初にスラッシュを入力しておいて変換する方法を、今までスラッシュ入力とか適当に呼んでいたのですが、アルファベット変換とか英字変換というのが本当みたいです。

これまで、全角の記号 (例えば、全角のカッコ「(」とか全角の「?」とか) を入力するときに便利に使っていたのですが、上記リンク先にあるように、スラッシュの後に英語を入力して変換するのに使えるそうです。試しにちょうど、GEORGIAのBLACK缶コーヒーを飲んでいたので、/georgiaで変換すると、ジョージア、/blackで変換すると、ブラックと変換できました。
この機能が何故かaquaSKKMicrosoft Word 2011の組合せだと使えませんでした。スラッシュを入力しても入力されないのです (より正確に言うと、一瞬、▽が表示されるのですがすぐ消えてしまう)。aquaSKKを使っている人に聞いてみても、こんな症状が出ているという人はあまりおらず、検索をしてみても、2chaquaSKKスレで2人発現されているくらいでした。
aquaSKKは現在最新のものである4.2beta1、Word 2011は最新のものにバージョンアップするたび試し、キーボード関連の常駐ソフトも外してみたりもしたのですが、私の環境ではどうしても、うまくいきません。あきらめてしばらく放置していたのですが、やっと原因が特定できました。
aquaSKKをインストールする際には、互換入力メニューとAquaSKK 統合入力メニューというのを選択するようになっているのですが、私はずっと互換入力メニューで使っており、こちらのメニューにしておくと、Word 2011でアルファベット変換が使えなくなるようです。AquaSKK 統合入力メニューにすると、Word上でアルファベット変換が使えます。

2013/3/19 追記
作者様にコメント欄で原因を教えていただきました。

評価版をダウンロードして試したところ、現象が再現したので調査しました。
原因は、文字種(メニューアイコン)が変更されると、Word が自動的に見出し語の確定処理をする点にあります。この流れをざっくり書くと以下のようになります。
1. スラッシュを入力する(ユーザー)
2. 文字種を Ascii にする(AquaSKK)
3.「▽」を表示して見出し語入力モードにする(AquaSKK)
4. 見出し語の確定をする(Word)
5. 文字種を Hirakana にする(AquaSKK)
6. 確定入力モードにする(AquaSKK)
AquaSKK 統合の場合には 2 でメニューアイコンが変更されないため、Word は文字種の変更があったことに気付かず、4 の処理をしないようです。
というわけで、ご不便をおかけしますが、AquaSKK 統合でご使用頂ければと思います。