読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

ペリカンBBインクに関するペリカン社のページの説明について。

ペリカンBBが古典か否か、これまでの調査結果では、国内で入手できる一番新しいロットのものでも、古典のままであるということが分かりました。

更にattempto さんより、ペリカン社のページにはペリカンの4001ブルーブラックインクの成分についてどのように書かれているか教えていただきました。

4001 blue-black

The least complicated ink which is still relatively light resistant, is the ink "4001 blue-black", our item no. 310 607. This ink contains iron gall, which makes it much more resistant than for example the ink shades 4001 royal blue or 4001 brilliant black, but due to the addition of special ingredients, you can still use this ink without qualm in piston or cartridge fountain pens. Within time, the ink will change its tone from blue to gray, but it will remain visible. It is not quite as light resistant as the Fount India. Due to the small concentration of iron gall, this ink will not damage your paper (which sometimes happened with historic ink made of iron gall.)

It is difficult to say how long these inks will last because it depends on a variety of criteria, for example how much ink flowed while writing (was it a slim line or a broad line), which kind of paper you used (how much ink did it soak up), and how many hours it was exposed to light. That’s why we can’t give a general answer to this question.
Document proof Ink

ダイアミンのレジストラーズインクのようなhistoric inkに比べると低濃度の没食子酸鉄 (iron gall) が入っている所謂古典ブルーブラックインクで、特殊な成分 (special ingredients,複数入っている?) が入っているので、ピストン吸入式やカートリッジ式のペンでも使用できるとのことです。
おそらくこのspecial ingredientsというのが、米国のTSCA inventoryリストに載っておらず、米国では販売できないのではないかと予想します。

また、ペリカンとしては、ペンへのダメージを考えてiron gallの量を減らしているのだと思っていたのですが、紙へのダメージを重視しているということが分かりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^