趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

日経アソシエの万年筆、軸や書き味は悪くないけど、ペン先はやはりそれなりの仕上げ。

日経ビジネスアソシエの付録の万年筆、軸はあまり見ない色できれいですし、嵌合式キャップの開け閉めも硬すぎず、感触も悪くない。紙の本が750円で、kindle版が650円ですから、100均より安いペンだと思えば上等だと思います。
書き味もペン先の太さとフローの良さで誤魔化されている感はあるものの、スラスラと書くことができます。初心者の方に、「万年筆って書きやすいな」と感じていただくには良いと思いますが、パイロットのB (太字)とほぼ同じ太さなので、手帳特集だけど、手帳には使いにくいです。
f:id:pgary:20151016200300j:plain
ちょっと感心したのは、カートリッジを挿したらすぐにインクが出て書けたこと。初めて万年筆を使う人が、プレピーなんかで、なかなかインクが降りてこないのは悩むみたいなので、こんなところも初心者向けに良いかもしれません。
ただ、ボタ落ちが発生したという記事もありましたので、インクがすぐ出るようになるのは、ひょっとしたらペン芯のインク保持能力が低いためかもしれません。
その後の日経ビジネス Associe 付録万年筆とかWordPressとか。 | Storia Di Un Minuto
一年が劇的に変わる!手帳術とオマケ万年筆(日経アソシエ): 私的電脳小物遊戯
また、カートリッジを挿すのがめちゃ固いという方もいらっしゃるようなのですが、私は普通に挿せました。色々な種類のカートリッジを使ったことがあり、どれくらい力を入れても大丈夫か、という感覚が分かっているためかなと思います。
アソシエ付録の万年筆はカートリッジを入れる工夫が必要 * The Path
日経アソシエ「1年が劇的に変わる手帳術」を購入。特別付録の万年筆を使ってみました | Sumirexxx
書き味は悪くないペン先ですが、さすがに仕上げはそれなりでした。
日経アソシエのペン先には、IRIDIUM POINT GERMANYと書かれていますが、
f:id:pgary:20151016201153j:plain
拡大してみると、フォントはやたらとデコボコしていますし、
f:id:pgary:20151016201315j:plain
線が切れてしまっているようなところもあります。逆にどんな作り方をしているのか不思議な仕上り。
f:id:pgary:20151016201410j:plain
SCHMIDT IRIDIUM POINTとシュミット製であることを明記してあるOHTOのマジェスティックのペン先ですと、
f:id:pgary:20151016201718j:plain
拡大してみても、きれいな刻印であることが分かります。
f:id:pgary:20151016201753j:plain
価格が全然違いますけれど、シュミット製と本当にドイツか?という感じの謎のペン先では随分違うものです。pgary.hatenablog.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^