読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

Let's note R8をWindows10にアップグレード

先日作成したWindows10のインストール用USBメモリを使用して、Windows7から10にアップグレードしてみました。
Windows10の32/64両用インストールメディアUSBを作成する。 - 趣味と物欲
対象は、中古をSSD換装してLinux mintを入れていたCF-R8です*1。 最近、Windows7を入れて様子を見ていたのですが、無償期間中に10まで上げてみることにします。Windows7は、R8の底面に貼ってあるコードでアクティベーションしましたが、電話で認証する必要がありました。
pgary.hatenablog.com
メモリは4Gに増設したので、Windows7は64bit版を導入し、Panasonicで公開されているドライバーをあててあります。たくさんある上、導入の方法も様々なので説明書を一々読む必要があり、非常に手間がかかりました。
導入済みドライバー | パナソニック パソコンサポート
Windows10のインストール用USBメモリの中のsetup.exeを起動するとアップグレードが始まります。両用のメモリを作りましたが、32bitか64bitか選択する画面は出てきませんでした。自動的に64bit版がインストールされます。
f:id:pgary:20160707193310j:plain
インストーラが起動すると、「更新プログラムをダウンロードしてインストールする」というのが「推奨」されているんですが、最初こちらでやろうとしたら、更新プログラムの確認にめちゃめちゃ時間がかかって、インストールが進まなくなってしまったので、電源を長押しして強制終了し、「今は実行しない」の方を選んでやり直しました。
「今は実行しない」の方でやると比較的サクサクとインストールが進み、Windows10が起動します。
インストールが終わると初期設定が始まるのですが、途中で「簡単設定を使う」の方を選んで進めてしまうと、Microsoftに色々データを送られて気持ち悪いので、「設定のカスタマイズ」を選んで、いらないものはどんどんオフにしました。
「簡単設定を使う」と、

  • タイピングと手書きのデータを、Microsoftに送信して、認識と候補のプラットフォームの改善に役立てます。
  • Windows ブラウザーでページ予測を使って読み取りの改善、閲覧速度の向上、全体的な使用感の向上を図ります。閲覧データはMicrosoftに送信されます。
  • 推奨されるオープンホットスポットに自動的に接続します。すべてのネットワークがセキュリティで保護されているとは限りません。

などの項目が勝手にオンになってしまいます。
初期設定も終わり、デバイスマネージャーで見ても特に問題のあるデバイスも無かったのですが、Let'snote独特の丸いタッチパッドを使ったホイールによるスクロール操作が働いていません。
Windows updateでアップデートできるものを全てアップデートし、SynapticsとWheelpadのドライバやユーティリティ類をアンインストール→再インストールなどやってみたのですが、下記のようなエラーが出るようになったので、とりあえずアンインストールしてスクロール機能無しのタッチパッドとして使っていました。
f:id:pgary:20160707194427j:plain
そうこうしているうちに、Windows updateにSynapticsのドライバのアップデートが現われ、それをインストールした後、wheelpadユーティリティを再インストールしたところ*2、ホイールによるスクロールができるようになりました。
インストールだけで長くなってしまったので、インストール後の設定についてはまた次回。

*1:ちなみにPanasonic公式ではWindows10へのアップグレード対象外です http://askpc.panasonic.co.jp/win10/up/

*2:Windows7でインストールしたものが、c:\util2フォルダに残っていたので、そこからsetup.exeでインストール

広告を非表示にする