趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

今更ですが、呉竹の「からっぽカートリッジセット」はプラチナの万年筆に挿さるんですね。

プラチナの空カートリッジがあれば、好きなインクを入れてカートリッジ化して持ち運べたり、お裾分けできたりするので、需要があるかアンケートをお願いしているのですが、空カートリッジで封ができる商品*1として、呉竹の「からっぽカートリッジセット」があります。
pgary.hatenablog.com

前から気になっていたのですが、呉竹の「からっぽカートリッジセット」をようやく購入しました。このカートリッジ用の「からっぽペン カートリッジ式」も550円で売られていますが、とりあえず今回はカートリッジセットのみ購入しました。

カートリッジとカートリッジの口部分は最初から嵌め込んであり、プラチナのカートリッジよりもガッチリ奥まで入っているので、口を外して再生するのは、プラチナより更に難しそうです。カートリッジと同数の封をするための金属球がチューブに入って付属しています。

店頭やチューブに入った状態で見たときは、プラチナの金属球より一回り小さいと感じていたのですが、チューブから取り出して、プラチナの球と並べてみると、同じ大きさで、どちらがどちらか分からなくなってきました。

プラチナのクラシックインク シトラスブラックを入れて封をしてみました。プラチナのカートリッジより少しだけ容量は少ないです。

挿し込み口の方向から眺めてみても、口の大きさは同じように見えます。

ここまで一緒なら、プラチナの万年筆に使えるでしょ、とプラチナ センチュリーに装着してみましたが、やはりぴったり嵌ります。

呉竹の「からっぽカートリッジセット」は5本で350円なので、アンケートで仮に付けていた価格の10本で400円よりは割高にはなりますが、このセットを使えば、プラチナの空カートリッジで想定していた使い方ができてしまいます。
他にも試している人がいるんじゃないかと検索してみたら、「杜の都の片隅で」のブログで記事にされていました。
chiyo.jp

また、このブログの記事によると、元は文具王の高畑さんが動画で検証されていたそうです。文具のとびらは読んでいるのですが、文章で読むのに比べて、動画をじっと見るのが苦手で、動画記事はほとんど見ていなかったので気づきませんでした。
www.buntobi.com
www.buntobi.com

「からっぽカートリッジセット」でも出来るとは言え、プラチナ純正の空カートリッジセットがあれば良いよね、ということでアンケートは継続中です。

*1:セーラーの空カートリッジは好きなインクを入れてコンバーター的に使うもので封はできない。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART