趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

今となっては趣味の領域、ワープロ本を読む

今となっては本の内容を活かすことは、ほとんど出来ないのですが、歴史本のつもりで古いワープロの本を読んでいます。
それぞれの本の発行年は、

f:id:pgary:20220403181455j:plain

どの本も梅棹忠夫 先生の「知的生産の技術」の影響を色濃く受けていて、パソコンやワープロをどう知的生産の技術に活かしていくのか、という話題が多いです。
マイコンによる知的生産の技術」~「ワープロ書斎術」まではワープロと言えば専用機で、だいたい300万くらいする機種が主流です。
「知的ワープロ生活術」では、まだ専用機の話が主ですが、98で動く松85が話題になり、パソコン驚異の10年史では、大ヒットした日本語ワープロソフトとして一太郎が出てきます。
「知的生産の文化史」は副題で「ワープロがもたらす世界」と謳っていますが、粘土板に始まり筆記具の歴史に割いたページが多い異色の本です。ワープロでは、携帯性の高い機種としてOASYS Pocketが出てきます。

「知的生産の技術」が今でも色あせず、読み継がれているのは凄いです。現代のOASYS Pocketと言えば、pomeraですね。
デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM