趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

小説家になろうのお気に入りが400件になったのでもう一度読み返したい30作品を選んでみた 前編 (本と薬とファンタジー戦記編)

選者背景から、2010年にアメリカで日本語の本に飢え「小説家になろう」を読みはじめる。ログ・ホライズン魔法科高校の劣等生あたりを読んで、そのままズブズブとはまり、好みの作品を探す読み専。緑背の朝日ソノラマから始めて、ラノベ架空戦記ものは結構読んでいる。
トラック転生*1は気にならないけど、最近は、ステータスオープンでウィンドウが開いたらその作品のウィンドウもそっと閉じる。ゲーム内じゃなくて、転生しているのにレベルやステータスが表示されたり、何の脈絡もなくアイテムボックスがあるのはあまり好きではないかな。

なろう系の小説でどれか一つだけお薦めを挙げろと言われたら、どうしても「本好きの下剋上」になってしまいます。
最初は平民で、下町のごく限られた世界のことしか分からないのですが、青色巫女見習い、貴族の養女と成り上がっていくにつれ、アウブの治める国(実際には合衆国の州とか江戸幕府の藩みたいな感じ)の中のこと、それらを束ねるツェント(王)との交流など世界の様子が少しずつ明らかにされていき、架空の世界の風俗や生態系を見事に描き出しています。
主人公は元司書の女性が転生した子供で、本と言えば未だ手書きで羊皮紙に複写したものが貴族の間にだけあるような世界で、自分が本を読みたいがために植物紙や印刷技術を生み出していきます。主人公の本を読みたいがために炸裂する行動に振り回される周りのキャラクター達も、フェルディナンド様を始めとして本当に魅力的です。
お気に入りのウェブ小説が出版されるときに気になるのはイメージ通りの表紙や挿絵を付けてもらえるのかということですが、「本好きの下剋上」の挿絵は素晴しく、まさにマイン、まさにトゥーリというイメージで素晴しいのです。


薬屋のひとりごと」は薬に関して納得いかないことがあったら冷めてしまいそうだと敬遠して、しばらく読もうとしていなかったのですが、それはまったくの杞憂でした。そのあたりのことは一度ブログに詳しく書いてます。
またこの作品も出版された本の挿絵が良いのです。美人に見えないように態とメイクしているが実は美人の猫猫を描くのは難しいと思うのですが、イメージにぴったりです。


以下ファンタジー戦記物7本いきます。

こうして作品を並べてみると、「諸君〜以下略〜防衛戦が好きだ、退却戦が好きだ、撤退戦が好きだ〜以下略〜」というフレーズが浮かんできます。
クロの戦記」の主人公クロノは現代日本から異世界に来たが、天枢神楽*2という能力が使えるくらいでチートはほぼ無し、弱くてボロボロになって心の中では悪態をつきながらですが仲間を見捨てず戦います。結構ゲスくて変態なところもあるけど、亜人、獣人の地位向上のために頑張っています。最近は内政パートですが、第2部のへたれ王族逃げ出しからの殿の退却戦は特に熱かったですね。3月にはついに出版もされるので楽しみです。

銃火のオシナー」のオシナーさんは、ドワーフに育てられた現代日本から転生した人間で、生きていくために手銃*3を開発し、その運用の第一人者として軍人になり、「クロの戦記」のクロノと同じく亜人の地位向上のために戦います。皆が幸せに暮らしました、めでたしめでたしというストーリー展開もありそうでしたが、ケヒス姫様がそれを良しとしなかったんでしょうね。安心してください完結してますよ。

死神を食べた少女」「火輪を抱いた少女」は同じ作者の作品です。少女が主人公で主人公はどちらも人外な強さなのですが、負けて負けて、撤退して、籠城して、平野耕太沙村広明かという血と臓物の多さです。安心してください完結してますよ。

彼の名はドラキュラ」は既に出版されている作品もある高見梁川さんの作品で、ドラキュラの元ネタとなるヴラド公に転生するのですが、強大な国に挟まれたワラキア公国のために奮闘します。ドラキュラの元になった人が、現代知識を元に弱い祖国が潰されないように奮闘するので、残忍な手段も使わざるをえない葛藤があります。残念ながらエターなってます。

辺境護民官ハル・アキルシウス」は上で挙げた作品に比べると暗さの無い本当に良い漢なので安心して読めます。籠城戦です。安心してください完結してますよ。

真・恋姫†無双~李岳伝~」は、二次創作が公認されている真・恋姫†無双*4の世界を元にした作品です。李岳は皇帝側で、味方は呂布董卓、敵は曹操劉備ですから、それは苦労するのはさっしていただけるでしょう。
李岳は男としては結構強いのですが、この世界観では女性の方が圧倒的に武力が高いので、李岳は戦略、戦術を駆使して対抗します。李岳が歴史に干渉して奮闘したことで、趙雲など仲間になってくれる人もいるのですが、相手には関羽張飛、そして諸葛亮がいますから大変です。
ちなみに、李岳伝はハーメルンに掲載された後、なろうに転載されますので、最新話は「真・恋姫†無双〜李岳伝〜 - ハーメルン」で読めます。

書いてたら長くなってしまったので、前編ではとりあえず9作品を紹介しました。

pgary.hatenablog.com
中編では更に7作品を紹介しました。
pgary.hatenablog.com
後編でも更に7作品を紹介しました。
pgary.hatenablog.com
完結編で7作品紹介し、完了しました。

*1:転生トラックの元ネタを探しに行った - カトゆー家断絶

*2:寄生獣岩明均さんの「七夕の国」という作品に出てくるのと似た能力

*3:乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカという漫画を読もう

*4:三国志の武将が女性になっている世界

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^