趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

遅ればせながら趣味の文具箱 vol.52を読みました。誰もが何処かしら好みの記事が有りそうな一冊です

趣味の文具箱 vol.52、例によってd magazineで軽くチェックしてから紙の本を購入しましたが、感想を書くまでに随分時間が経ってしまいました。

趣味の文具箱 52 (エイムック)

趣味の文具箱 52 (エイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: ムック
個人的には、ポルノグラフィティの新藤さんによるセーラー万年筆天応工場の取材が特に良かったです。これまでにも天応工場を取材した記事は、いくつか読んだことがありますが、その中でも特に詳細な記事だと思いました。ペン先とペン芯を添わせるのに、80℃のお湯に入れると明記されたのは、ひょっとして初?、以前記事にしたペン芯の洗浄処理については、ザブ漬けの画像はありませんでしたが、「薬品に一定時間漬けておくことで、ペン芯とインクのなじみが良くなるという」の一文が有りました。
pgary.hatenablog.com
他には、セーラーのオリジナルペン先、各社のペン先ともに、ペン先が形状がはっきり分かる拡大写真で紹介されており、自分のペン先を観察したり調整するのに参考になります。
各社軟調ペン先の一挙紹介もそれぞれ比較ができて良いですし、螺鈿万年筆の細工の細やかさには溜息が出ますし、クラウドファンディングで応援したモリソンカフェの様子を見ることができたのも嬉しかったです。
そんな綺羅星の様な記事のなかで、今回一番刺さったのは一番最初のページのマイクロ5 (M5)の記事でした。M5欲しくなったけど、実物を見比べて選ぶことができるお店が近くに有るかな?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little