趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

Anteriqueの半分brass(真鍮)なボールペンは筆圧0で書ける

INCUBEで何か面白いものが無いか見ていたら、プラスチックの試験管みたいな筒に入った、ジョッター系の形状で、半分真鍮で出来ているボールペンがあったので買いました。
ずっしりとした重さに惹かれたのと、この御時制、金属軸なら消毒もし易いかと思ったからです。
f:id:pgary:20200718173654j:plain
アンテリック (Anterique) というブランドのペン先側の軸を真鍮の棒材から削り出したというボールペンで、小型で細身ですが26gあります。
ウェブページでは、「調底粘度」「超底粘度」と色々Typoしてますが、日本製超低粘度油性 (マッハボール) インクの0.5mmリフィルが入っていて、軸の重量を利用すれば、本気で筆圧0で文字が書けます。
f:id:pgary:20200718173734j:plain
同系色のシャープペンシルもあったので、セットで購入してしまいました。ブラスのボールペンは1500円、シャープペンシルは300円で、どちらもMADE IN JAPANと書かれています。

シャープペンシルは0.5mmで、見た目普通ですが、筆圧がかかると芯がスライドするクッションスライド機構を搭載しています。

f:id:pgary:20200718173752j:plain
私がよく使っている金属軸のペンと並べてみました。RETRO51の20周年ボールペンは銅製、Kaweco BRASS Sportはその名のとおり真鍮製で、どちらもよい感じに"かも"されています。
これらのペンの使い始めは、かなり金属臭がして、手に臭いが移る感じだったのですが、アンテリックのボールペンは、手に持ったり、直接嗅いでみたりしても不思議なくらい無臭です。
ブラスにコーティングしているのかもしれません。金属軸は臭いが苦手だという人も、おそらく大丈夫じゃないかと思います。
f:id:pgary:20200718173806j:plain

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little