趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

iPad Air 4のケース3種の比較と使い分け

昨年購入してから大活躍しているiPad Air 4は、3種類のケースを状況により使い分けながら活用しています。
キーボードスキーなので購入したSmart Keyboard Folio、実はそんなに活用できていません。Apple Pencil 2で書き込むのが便利というのと、やっぱりSKK*1が使えないからってのが大きいです。
f:id:pgary:20220115151455j:plain

iPadを横向きで、角度は2段階、角度は悪くありませんが、底面積を大きくとってしまうので使用する場面が限られます。
f:id:pgary:20220115151737j:plain

Smart Keyboard FolioがUS配列のためか、注文してから入荷するまで1ヶ月程かかったので、その間の繋ぎのつもりで購入したESRのケースです。
繋ぎのつもりでしたが、iPadを鞄に入れず持ち歩くときは、このケースが3種の中では一番良いです。
Apple Pencil 2は、iPad Airの側面に磁石で固定できますが、剥き出しで落としそうで少し不安になります。
このケースにはApple Pencil 2を覆うフラップが付いていて、またフラップに切れ込みが入っていて(オレンジの矢印の部分)、Apple Pencil 2を視認できるのも安心感があります。
f:id:pgary:20220115151518j:plain

iPadを横向きで、角度は1種類ですが、上下を反転することで、実質2段階の角度で使えます。
f:id:pgary:20220115151751j:plain

ケースではなく、スタンドですが、MOFT Snap-On Magsafeも使っています。MOFT XというiPad裏面に完全に貼り付けて使うタイプのものもありますが、MOFT Snap-OnはiPadには薄型の磁石シートを貼り、そこにMOFTスタンドを固定する仕組みです。
MOFT Xのように貼ってしまうと、Smart Keyboard FolioやMagic Keyboardを使えなくなってしまいますが、MOFT Snap-Onは、磁石シートのみなら0.5mmと非常に薄いため、スタンドを外して、Smart Keyboard Folioを使用可能です。
f:id:pgary:20220115151508j:plain

スタンドの貼り付け方で、25〜60度くらいまで様々な角度に固定でき、特にiPad縦向きにも立てることができるので使い勝手が良いです。
f:id:pgary:20220115151802j:plain

iPadは剥き出しなので保護効果は低いですが、下図のように、スタンド部分をSmart Keyboard Folioに貼り付けて持ち運べるので、Smart Keyboard FolioとMOFTを場面によって貼り替えています。
f:id:pgary:20220115170422j:plain

ケースにより得意な場面が異なるので、結局3つとも使っています。