趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

AJAZZ AKS068 アリスレイアウトな激安メカニカルキーボードを購入しました

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

 あとで読む

TALPKEYBOADさんがBLOGで紹介されていたアリスレイアウトでメカニカルなキーボード、ホットスワップでガスケットマウントなのに5千円以下という破格値なので、どんなものかと購入してみました。
www.talpkeyboard.com
いつもは基本茶軸を買っているのですが、今回はキーキャップの色の好みで選んで、赤軸です。

Amazonの商品説明を良く読むと「注意:キーボードは自分で組み立てる必要があります」とちゃんと書いてあるのですが、そのあたり当然のごとく読み飛ばしていたので、一瞬ギョッとしました。キーキャップとキースイッチがそれぞれ別の箱に入っていました。

スイッチを拡大すると「AJAZZ」と書かれています。

ホットスワップ対応なのでパチパチと嵌め込んでいくだけです。
地味に人手が必要な工程なので、購入者にやってもらう代わりに、安くするという戦略は良いかもと思ったりしました。

Amazonの商品写真を見ながらキーキャップを嵌めていきますが、良く見るとAmazonの画像だと「.>」のボタンが2つあります。

組み終わり、ThinkPadに繋いで、しばらく調子良く使っていたのですが、ふと右スペースが効いていないのに気づきました。

検索してみると、MobileHackerz さんのMIROさんも購入されて、VIA (https://usevia.app/) でいじる方法など公開されていたので、真似してVIAでキーマップを見てみたのだけど、SPACEに割り当てられてはいるみたい。
sizu.me
キースイッチが3つ余分に入っていたので交換したり、入力できている他のスイッチと入れ換えてみたりしたけど入力できないので、基盤の原因のようです。
Amazonのレビューに、「ホットスワップの端子の半田付けが取れていたので半田付けした」というのがあったので、バラしてみました。
キースイッチと右上のボリュームのつまみを全部外して分解します。ネジは無く、上4つ、下4つの爪で止まっているだけの構造ですが、爪が結構固いので、爪の位置にプラ板を挿し込んで爪が外れた状態をキープしながら、外していくと開きました。

黒いスポンジがあって、その下に白いシリコンのガスケットがあります。

基盤の裏、RGBバックライトが色々なパターンで光るのに困惑しているので、正直LED無しで、もっと安くできないかと思ったりしました。

右スペースのホットスワップの端子は、肉眼で分かるくらい足が浮いていました。

半田付けして組み直します。組み直すとき、黒いスポンジは経年劣化しそうだったので抜きました。
半田付けの必要はありましたが、キーキャップとキースイッチの部品代だけを考えても、この価格は破格でした。